サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 昆虫の行動の仕組み 小さな脳による制御とロボットへの応用

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昆虫の行動の仕組み 小さな脳による制御とロボットへの応用
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/08
  • 出版社: 共立出版
  • サイズ:19cm/171p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-320-00913-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

昆虫の行動の仕組み 小さな脳による制御とロボットへの応用 (共立スマートセレクション)

著者 山脇 兆史 (著),巌佐 庸 (コーディネーター)

追いかける行動などの一見単純そうなものから、捕獲行動などの複雑そうなものまで、昆虫のさまざまな行動における制御のアルゴリズムを紹介。昆虫の行動の仕組みをロボットに応用した...

もっと見る

昆虫の行動の仕組み 小さな脳による制御とロボットへの応用 (共立スマートセレクション)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

追いかける行動などの一見単純そうなものから、捕獲行動などの複雑そうなものまで、昆虫のさまざまな行動における制御のアルゴリズムを紹介。昆虫の行動の仕組みをロボットに応用した例にも触れる。【「TRC MARC」の商品解説】

 昆虫は小さい体に小さい脳しかもっていないが,障害物を避けて飛んだり,素早く動く餌を捕まえたり,捕食者の襲撃をかわしたりする。昆虫の脳は,複雑な計算処理を行うのではなく,シンプルだが巧妙な仕組みでそれらの課題をこなすと考えられている。本書は,「昆虫そのもの」ではなく「動物の行動の仕組み」に興味を惹かれて研究に取り組む著者が,ハエ,ミツバチ,カマキリなどを例に昆虫の驚異的な行動の仕組みをわかりやすく説明する。さらに,それらの行動を制御する運動系の神経機構,昆虫の行動の仕組みをロボットに応用した例について取り上げる。

 行動の「仕組み」とは,別の言葉で言い直せば「アルゴリズム」である。動物の行動は神経系が制御しているが,神経系の構造や機能を理解していなくても,行動の手順である「アルゴリズム」は理解可能である。そこで本書では,行動の「アルゴリズム」を中心にまとめ,平易な解説としている。

 著者が歩んできた道についても触れられている。観察や実験好きで科学者に憧れていた子ども時代,思いつきで始めたカマキリの研究から次第に昆虫の行動の面白さに惹かれていく様子,他の研究者との出会いやイギリス留学のエピソードなどを織り交ぜながら,基礎研究の面白さを生き生きと伝える。考える楽しさが存分に味わえる1冊。【商品解説】

目次

  • 1 はじめに
  • 1.1 昆虫の素早い動きの秘密 ~微小脳~
  • 1.2 昆虫の研究を始めた理由
  • 1.3 アルゴリズムという考え方
  • 1.4 この本の狙い
  • 2 姿勢を保つ ~補償運動~
  • 2.1 運動の種類 ~維持するか変化させるか~
  • 2.2 自分の動きを知る手がかりになるオプティックフロー
  • 2.3 視線を一定に保つ視運動反応

著者紹介

山脇 兆史

略歴
〈山脇兆史〉京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。九州大学大学院理学研究院生物科学部門助教。博士(理学)。専門は動物行動学、神経生理学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

昆虫 ランキング

昆虫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む