サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. コードネーム・ヴェリティ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コードネーム・ヴェリティ(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/18
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/475p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-25204-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)

著者 エリザベス・ウェイン (著),吉澤 康子 (訳)

【アメリカ探偵作家クラブ(MWA)エドガー賞ヤングアダルト小説部門賞】第二次世界大戦中、スパイとしてナチの捕虜になった女性が、親衛隊大尉に強制され手記を書いた。それには親...

もっと見る

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)

1,296(税込)

コードネーム・ヴェリティ

1,200 (税込)

コードネーム・ヴェリティ

ポイント :11pt / 紙の本より96おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【アメリカ探偵作家クラブ(MWA)エドガー賞ヤングアダルト小説部門賞】第二次世界大戦中、スパイとしてナチの捕虜になった女性が、親衛隊大尉に強制され手記を書いた。それには親友の女性飛行士の戦場の日々が、小説のように綴られていた。彼女はなぜ手記を物語風に書いたのか? 傑作ミステリ。【「TRC MARC」の商品解説】

第二次世界大戦中、イギリス特殊作戦執行部員の女性がスパイとしてナチスの捕虜になった。彼女は親衛隊大尉に、尋問をやめる代わりに、イギリスに関する情報を手記にするよう強制される。その手記には、親友である女性飛行士マディの戦場での日々が、まるで小説のように綴られていた。彼女はなぜ手記を物語風に書いたのか? さまざまな謎が最後まで読者を翻弄する傑作ミステリ。訳者あとがき=吉澤康子【商品解説】

第二次世界大戦中、イギリス特殊作戦執行部員の女性がスパイとしてナチの捕虜になった。彼女は尋問のさなか親衛隊大尉と取引し、インクと紙、時間を手に入れて手記を書き始める。それには親友である飛行士マディの戦場の日々が、まるで小説のように綴られていた。彼女はなぜ手記を物語風に書いたのか? 書かれているのは真実か? 撃墜された飛行機を操縦していたマディは無事なのか? さまざまな謎が最後の最後まで読者を翻弄する!【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

変にミステリーを期待させる帯をつけないで!

2017/05/14 07:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨンデリーヌ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーをにおわせてるけど、ふつうに文学作品だと思って読んだ方が、なんぼか馴染めたか?
いや、それでも、ガーリーな(実際に登場人物は乙女といっていい年ごろではあるけれど)だらだらとした語り口調、これが単にアタシの好みではなかったわけです。

せっかくの、第二部での種明かし?も、そこに至るまでに読み疲れてしまったのでした…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真実とは?抵抗とは?

2017/10/18 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pinpoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二次大戦当時のイギリスで上流階級出身のクイーニーとユダヤ人でメカニック大好きの庶民であるマディは知り合う。クイーニーは優秀な無線技術士として、マディは民間パイロットとして航空基地でのことだった。この出会いのシーンは前半でのひとつの大きな見せ場といえるほどの手に汗握る状況だ。この二人がこれ以外の状況で知り合うなどありえないとまで思わせるほどワクワクする。
やがて戦争はふたりの友情をとんでもない任務へと駆り立てる。マディはもともとこのような任務につくはずではなかったのに。不測の事態となり、二人は別れ別れにナチス占領下のフランスの田舎に降り立つことになる。前半で語られるのはここでミスをしてナチスに逮捕されたクイーニーの告白文なのだが、前後関係が不明な部分も多くあり、読者はもどかしい思いに捉われてしまう。
やがてなんとか無事に着陸したマディの側からの覚書がその不明点を解き明かしてくれる。とにかくどうしても読み返したくなる構成が見事だと思う。
そして二人の友情(狭い飛行機内での心のふれあいや死の前に残す言葉など)は、涙なくしては読めないものだ。ひとの心を引き裂きもするし、結びつけることもするのが戦争なのだと強く思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/09 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/17 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/16 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/13 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/23 07:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/21 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/07 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/13 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る