サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バラ色の未来

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/15
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:20cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-91145-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

バラ色の未来

著者 真山仁 (著)

首相官邸にプラスチックのコインを投げつけていたホームレスは、総理のIR指南役と呼ばれた元名物町長だった。誘致失敗の裏に何があったのか、新聞社の結城洋子は徹底的に追及しよう...

もっと見る

バラ色の未来

1,728(税込)

バラ色の未来

1,296 (税込)

バラ色の未来

ポイント :12pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

首相官邸にプラスチックのコインを投げつけていたホームレスは、総理のIR指南役と呼ばれた元名物町長だった。誘致失敗の裏に何があったのか、新聞社の結城洋子は徹底的に追及しようとするが…。『小説宝石』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

真山仁

略歴
〈真山仁〉1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。新聞記者、フリーライターを経て、「ハゲタカ」でデビュー。ほかの著書に「売国」「雨に泣いてる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読み応え充分!

2017/03/20 15:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきんどあつこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初の火事のシーンからの物語の始まり、一気に引き込まれました。またIRについての当事者の立ち位置によるやりとり、久々の社会派の物語でした。読み応え充分!です。
個人的には別テーマで続編があってもいいなあ〜と期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろいですよ

2017/03/04 08:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りお - この投稿者のレビュー一覧を見る

真山 仁、久しぶりの社会派小説。登場人物達は、みなさんキャラが立ってますねー。かなり盛っているキャラ設定なのに、何故か実在しているかのように感じて引き込まれてしまいました。楽しめました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/06 11:25

投稿元:ブクログ

全ての登場人物が、100パーセント良い人も悪い人もいないのが、好感が持てるところ。
最近、自分自身が、マスコミ不信になっているので、その辺がなんとも。

2017/03/31 11:22

投稿元:ブクログ

日本初のIRを地方に作り「バラ色の未来」として経済活性化対策とする日本を描く。
カジノ依存症、利権がらみ、権力とマスコミなど日本の
問題点を炙り出す。
青森の片田舎にIRが出来ると街はバブルとなる。しかし、
総理のお膝元に決定される。総理夫人のギャンブルの借金、実家家業の借金など外資の運営会社に肩代わりさせる。
そして、運営も赤字となっている。

2017/04/15 21:23

投稿元:ブクログ

カジノを含む統合型リゾートの誘致の周辺に蠢く政治家や企業,利権の恩恵を受ける輩に新聞社の特別報道班が挑む。登場人物が入り組みストーリーが回りくどすぎて素直に楽しめない。

2017/03/05 22:33

投稿元:ブクログ

真山仁数年ぶりに復活。キャラクター、ストーリー、取材力はそのままに、そして、ここ数年の欠点だったバランス感覚を欠いた政治的主張の匂いが抑えられ、純粋に上質な娯楽としての小説となっており嬉しい。カジノがどうなるかわからないが、ちゃんと小説として面白いことで、あるいは、現実を動かすかもしれない。

2017/02/14 10:13

投稿元:ブクログ

果たして、カネは人を幸せにするのか? 社会派ミステリーの新たな傑作!

首相官邸にプラスチックのコインを投げつけていた男は、総理のIR指南役とまで呼ばれていた元名物町長だった。彼を破滅に追いやった誘致失敗の裏に何があったのか!? 東西新聞社の結城洋子は、特別取材班を組んで徹底的に追及しようとするが――。