サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 英作文のトレーニング 必修編 基礎から合格答案まで引き上げる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英作文のトレーニング 必修編 基礎から合格答案まで引き上げる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:高校生
  • 発売日:2017/03/09
  • 出版社: Z会
  • サイズ:21cm/230p
  • 利用対象:高校生
  • ISBN:978-4-86531-142-6
  • 国内送料無料
学参

紙の本

英作文のトレーニング 必修編 基礎から合格答案まで引き上げる

著者 Z会編集部 (編),長久保 礼一 (執筆協力),Christopher Rogers (英文校閲),Denise Fukuda (英文校閲)

"通信添削のZ会ならではの誤答分析通信教育の豊富な誤答例を生かし、生徒の答案例の添削というスタイルを採用。和文英訳する際の不可欠な発想のコツを50のルールに集約。計100...

もっと見る

英作文のトレーニング 必修編 基礎から合格答案まで引き上げる

1,296(税込)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

"通信添削のZ会ならではの誤答分析

通信教育の豊富な誤答例を生かし、生徒の答案例の添削というスタイルを採用。和文英訳する際の不可欠な発想のコツを50のルールに集約。計100題の例題で、英作文の重要ポイントを網羅。見開き完結で見やすく、短期完成が可能です。英作文の基礎力を身につけるのに最適な1冊。

対話形式のわかりやすい解説と英米両方の視点

解説は、生徒と日本人教師と英語のネイティブスピーカーによる対話形式なので、「なぜそうなるのか」納得しながら読み進められます。また、英米両方のネイティブスピーカーの視点を対話や解答例の中に生かしました。

別冊暗唱例文集と音声ダウンロード付き

各例題で解説した重要表現を含む暗唱例文100文を別冊にまとめました。また、全例題の日本語と英語の音声、全暗唱例文の日本語と英語の音声がダウンロード可能で、通学途中などのスキマ時間でも英作文の学習をすることができます。
『入門編 英作文のトレーニング』を改訂したものです。"
【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ほとんど改訂されていないような

2017/09/17 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名無し - この投稿者のレビュー一覧を見る

「入門編英作文のトレーニング」の改訂版ではあるが、「どこが改訂なの?」と首をかしげたくなる内容である。
題材も旧版の「入門編」と大部分が同じ、解答・解説も現代英語に合わせて書き直したとは言うが、大して変わってはいない。
唯一の売りは、昨今のIT化に対応したことぐらいだが、大して評価できるものでもない(苦手な生徒には悪くないかもしれないが)。
旧版を持っている人は、それを使い続けても大して支障ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大学受験 ランキング

大学受験のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む