サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

錆びた太陽

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/21
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:20cm/458p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251465-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

錆びた太陽新刊

著者 恩田 陸 (著)

原発事故で汚染された地域を巡回するロボットたちの居住区に、謎の女・財護徳子がやってきた。ロボットたちは人間である徳子の指令に従うことにするのだが…。彼女の目的は一体何なの...

もっと見る

錆びた太陽

1,836(税込)

錆びた太陽

1,404 (税込)

錆びた太陽

ポイント :13pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

原発事故で汚染された地域を巡回するロボットたちの居住区に、謎の女・財護徳子がやってきた。ロボットたちは人間である徳子の指令に従うことにするのだが…。彼女の目的は一体何なのか? 『週刊朝日』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「最後の事故」で、人間が立ち入れなくなった地域をパトロールしているロボット「ウルトラ・エイト」。彼らの居住区に、ある日、人間が現れた。国税庁から来たという20代の女性・財護徳子。人間である彼女の命令に従わざるを得ないロボットたち……。恩田陸の想像力が炸裂する本格長編小説。【本の内容】

著者紹介

恩田 陸

略歴
〈恩田陸〉1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、「中庭の出来事」で山本周五郎賞、「蜜蜂と遠雷」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

ロボット、人間、ゾンビ!

2017/04/16 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

立入制限区域をパトロールするロボットたちの個性が楽しかった。某TVドラマを元にしてたり開発者のセンスが光る設定。
原発の影響で巨大化した凶暴な猫。九尾で青色。それはそれで可愛い。でも、凶暴。
唯一の人間、国税庁の女性が最初はウザかったけど、だんだん慣れてきます。
ロボットたちの方がよっぽどまともに見えてくるくらいウザイですけど、慣れます。大丈夫です。
原発事故の原因とか、妙に「起こりうるかも?」って感じさせる世界観でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の原発事故後の日本

2017/04/16 19:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

立入制限地域を管理している人工知能ロボット、耐性をもった生物など、未来に起きても可笑しくない設定です。
でも、ゾンビとかも出てきます。しかも、知能をもったゾンビも。
ロボットたちの所に突然現れた公務員の女性。彼女との交流でさらに経験値を積むロボットたちの姿もあり。途中からロボットであることを忘れてしまいます。
立入制限地域を産業化しようとする政府の思惑とかもあり。人間ってコワイ・・・って感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/18 09:30

投稿元:ブクログ

SFでミステリー、ホラーにシリアス。卓絶で秀抜な作品。

ロミオ的なサブカル昭和ネタぷんぷんでついてけるかと心配したけど、杞憂だった。そんくらいしなきゃ押しつぶされる重厚なテーマ。
エンターテイメントとして昇華できる、彼女はやはり天才。


「人間を信じ切るには、あまりにも彼らは前科が有りすぎる」

恐ろしい終末を回避できるのもやっぱり人間だからと信じたい。

2017/03/19 22:39

投稿元:ブクログ

最初はなんて本なんだと気分が悪くなったし、楽しみにしていた恩田さんの作品がこれかと、残念に思ったのだけど、読み進めていくとラストになぜか爽快感を味わうという不思議さ!
妙に生々しい現実味と、やっぱりあり得ない設定の中にサブカルな感じも覗き、笑いを誘うというかすこんと抜く感じがさすが。
嫌な空気のまま、物語が進まないところが憎い。
なんだかんだとコンスタントに恩田さんの新刊が読めて幸せだったーー。
当面刊行はないのだろうか。

2017/04/11 21:37

投稿元:ブクログ

近未来的SF小説。

ノリとしては「ロミオとロミオは永遠に」のような肩の力を抜いたような作品です。
「太陽にほえろ」「サンダーバード」「ワイルド7」などの1970年代的なネーミングを使いまくりつつも、原発事故による差別的な世界観と作者の反権力的な思想が描かれていると思います。
「マルピー」「青玉」「赤玉」「九尾の猫」など恩田ワールド的な設定も面白いです。
強いていうなら、ヒューマノイドのキャラ設定をしておきながら、ボスとデンカ以外は目立たなかったのは残念でした。

2017/04/01 07:26

投稿元:ブクログ

昭和30年代・40年代生まれの方にとっては懐かしいフレーズが随所に散りばめられていて、いちいち立ち止まらずに文章をテンポ良く読み進めることができた。パロディを知らない世代の人には面白さが半減するのでは?
状況設定・背景がこの時期難しいものなので少々世間の反応を気にはしましたが、文学にあまりタブーを設けるべきではないと私は思います。いずれにせよ、核ミサイルがいつ打ち込まれてもおかしくない状況に我々は置かれている訳でありますから。日本政府が国民に隠し事をしているといった文章も、何故かすんなり受け入れている自分が情けなくなってしまいました。
読んでいるページの10ページ先も同時に読んでいるような疾風感がある文章なので、あっという間に読了してしまいました。

2017/03/21 14:07

投稿元:ブクログ

原発事故で汚染された地域を巡回する
ロボットたちの居住区に、謎の女・財護徳子が
やってきた。ロボットたちは人間である徳子の
指令に従おうとするのだが…。
彼女の目的は一体何なのか?

2017/03/22 02:02

投稿元:ブクログ

恩田陸の最新作。直木賞受賞後に立て続けに新刊が出たが、発行日としては本書が一番新しい。
SFのようでもあり、ミステリのようでもあり、ジャンルがよく解らないところは何時もの恩田陸だった。主人公のエキセントリックなキャラクターはやりすぎ感が漂い始めるギリギリのところに留まっていて、その辺りも非常に上手い。

2017/03/30 17:23

投稿元:ブクログ

 たまたま重なったのだろうが、すごい新刊ラッシュである。東日本大震災から6年。福島第1原発周辺の一部地域で、避難指示解除が迫る中、恩田陸さんの新刊のテーマは…原発問題?

 テロリストによって原発を爆破され、各地に立入制限区域ができてしまった、作中の日本。ロボットが働いているその区域に、ある日、人間の女性が訪問してきた。国税庁所属だというが、人間に接したことがないロボットたちは、戸惑う。

 ロボットといっても、外見は人間そのもの。彼ら(?)と、人間・財護徳子との掛け合いは、やたらと軽妙で漫才のようだ。さぞかし重いテーマかと思いきや、すいすい読めてしまう。危険地帯を舞台にしながら、緊張感がない。

 とはいえ、現実の原発事故や、福島県民の苦悩を連想させる描写は、随所に見られるし、読みながら苦い気持ちにもなる。それを漫才というオブラートに包み、飲み下しているような作品だろうか。うーむ、真面目なような、ふざけているような…。

 そもそも、徳子の目的は何か。彼女の行動は、あまりにも無謀で命知らずである。人間を保護しなくてはならないロボットたちは、振り回されるが、あまり迷惑そうに感じていないように思えるのは、気のせいだろうか。何だか馬が合っているし。

 さて、財政が危機的状況の日本が、立入制限区域で極秘に進めていた計画とは。薄々予想できたし、正直驚かなかった。だって、現実にありそうな話なんだもの。やっぱり、軽妙なようで、全体的には苦い話だったのだ。

 現在進行のテーマでもあり、重くしようと思えば、いくらでも重くできたはずである。それでも、敢えてガチガチのディストピア小説にしなかったのは、恩田陸らしい。あまり構えずに手に取ってほしいが、訴えるべきところは訴えている。福島第1原発の廃炉作業は、自分が生きているうちに終わらないだろう。