サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. ありがとう、わが師春団治 福団治覚え書き

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ありがとう、わが師春団治 福団治覚え書き
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/28
  • 出版社: たる出版
  • サイズ:20cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-905277-20-0
  • 国内送料無料

紙の本

ありがとう、わが師春団治 福団治覚え書き

著者 桂 福団治 (著)

「上方落語の四天王」の最後の一人だった三代目桂春団治。三代目の筆頭弟子である四代目桂福団治が、知られざる生前の師匠の姿を紹介し、いまなお薄れることのない師匠への思いを綴る...

もっと見る

ありがとう、わが師春団治 福団治覚え書き

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「上方落語の四天王」の最後の一人だった三代目桂春団治。三代目の筆頭弟子である四代目桂福団治が、知られざる生前の師匠の姿を紹介し、いまなお薄れることのない師匠への思いを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

でっかい春団治が中心にそびえ、春輔が、福団治が存分に暴れ回る。躍動し続ける上方落語の一門がある。「上方落語の四天王」の最後の一人だった三代目桂春団治。踊りの才を存分にちりばめ、極意の大阪弁を駆使した高座は繊細、優美。限定した十八番は、磨きに磨き抜かれ、多くの人々を心地よい噺の世界へ誘う。
たおやかなイメージのついて回った三代目のプライベートは、実は「超」のつく「こだわり」に満ちていた。その姿が初めて明かされる。大看板を背負って芸道を貫いた、味わい深い生き様が、上方落語の魅力をさらに醸成する。
超きっちりの三代目には、多くの破門、破門騒動があった。
「騒動」でおさまった一人が二代目桂春輔。破天荒な異才ぶりを掘り起こし、今日の多彩な上方噺家が生まれ出てくる時代の潮流があぶり出される。
二人目は、三代目の筆頭弟子である四代目桂福団治。東京での「武者修行」のあと、師匠のもとに復帰。手話落語を考案する一方、人情噺を極めていく。
知られざるエピソードを満載。上方落語がいっそう楽しくなる【商品解説】

目次

  • 第1章 ありがとう、わが師春団治   
  •           ――福団治覚え書き
  • 第2章 3代目 桂春団治(かつら はるだんじ)
  • 第3章 三代目歩み
  • 第4章 エピソード
  • 第5章 踊るように、噛んで、つっかえ、そして極意の大阪弁
  • 第6章 2代目 桂春輔(かつら はるすけ)
  • 第7章 破門じゃ! 春輔の巻
  • 第8章 4代目桂 福団治(かつら ふくだんじ)
  • 第9章 破門じゃ!  福団治の巻

著者紹介

桂 福団治

略歴
四代目桂福団治。1940年、三重県四日市市生まれ。上方落語の三代目桂春団治(1930年3月25日―2016年1月9日)の筆頭弟子。徒弟関係の極みのような住み込みの内弟子時代を含めて60年近く師事した。若いころ、ペケペン落語をつくって一躍人気者となり、その後、人情噺に傾倒。上方落語の実力派として確固たる地位を築いている。近年は、豊臣秀吉のお伽衆・曽呂利新左衛門にちなんだ「曽呂利寄席」を開場するなど活動の場を広げている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

落語・寄席 ランキング

落語・寄席のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む