サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. だがしかし 7 (少年サンデーコミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

だがしかし 7 (少年サンデーコミックス)(少年サンデーコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

だがしかし 7 (少年サンデーコミックス)

著者 コトヤマ (著)

季節は冬!新展開でシカダにバイト加入!? 「キョロちゃんのデザインの秘密は!?」「たこ焼きにぴったりの駄菓子って__」「ハイエイトチョコで一発ギャグ!!」「住み込みバイ...

もっと見る

だがしかし 7 (少年サンデーコミックス)

463(税込)

だがしかし 7

432 (税込)

だがしかし 7

ポイント :4pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「だがしかし 7 (少年サンデーコミックス)」が含まれるセット商品

だがしかし(少年サンデーコミックス) 7巻セット(少年サンデーコミックス)

だがしかし(少年サンデーコミックス) 7巻セット

商品説明

季節は冬!新展開でシカダにバイト加入!?

「キョロちゃんのデザインの秘密は!?」

「たこ焼きにぴったりの駄菓子って__」

「ハイエイトチョコで一発ギャグ!!」

「住み込みバイトが…シカダ駄菓子に!?」

新展開&新キャラ登場で波瀾の第7巻です!!
【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ほたるファンには忍耐の一巻

2017/05/29 13:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZATO - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほたるさんの登場シーンはラスト2ページのみ(回想除く)。というわけで、ほたるさんファン及びいつものノリが好きな人には欲求不満かも。
ただ、今後の展開にも大きく関わりそうな内容、二人の新キャラ登場、で読み損ねてはならない巻だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

はじめ

2017/04/04 14:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カボチャ王子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほたるが消えてからの第7巻。意気消沈するココノツだったが、徐々に元気を取り戻し、サヤの応援もあって新しくできたコンビニへ敵情視察に訪れたり、そのコンビニをクビになった年上お姉さんをバイトに雇ったりする、経営が危ぶまれる第7巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほたるさん不在

2017/04/10 21:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほたるさん不在でやっぱり寂しいな。
最後にちらっと出たけど。
新キャラも出たよ。考えると今までキャラ少なかったな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/27 01:27

投稿元:ブクログ

ちょっと中だるみかと思いきや。ほたるさんがいない間に新キャラ増えた。面白い。
メガネスーツのお姉さんも好みだけど取り敢えずコンビニ店長の紅豊に愛しか感じない。

2017/03/19 00:24

投稿元:ブクログ

新キャラ、コトヤマさんの趣味を丸出しして作ったキャラという感じがして(知らないですけど)すごくいい。
終わり方がめちゃ気になって雑誌で今から最新話に追いつきたいけどいまからだと間飛ぶから待つしか無い

2017/03/26 15:20

投稿元:ブクログ

ほたるさんロスから3ヶ月。
だがしかし 第2期開幕といったところか、シカダ駄菓子の再建、はじめちゃんの登場による駄菓子屋への愛着、魅力の再確認、マンガ持ち込みによる挫折、とココノツに取って大きな経験を積むことになる回。
駄菓子の紹介も少なめなのは致し方なし。

ほたるさんロスの読者にむけ待っていたかのように最終ページ前の見開きで颯爽と登場。いいキリ。

2017/04/21 15:26

投稿元:ブクログ

 季節が冬に移行し、新キャラも登場して新展開が描かれる7巻である。
 ライバル店となるコンビニの店長と、そこで馴染めなかった優秀そうで抜けてる尾張ハジメの登場が焦点になっている。特に住み込みバイトを始めたハジメは、この新展開におけるキーパーソンとなってくるだろうことが窺われる描き方である。
 また、ほたるさん不在の一巻だったと言い換えてもいいだろう。本格的に漫画家としてのチャレンジを行う巻末の展開で、彼女が絡んでくる物語展開などは巧みである。

 連作掌編形式からの脱却であり、楽しく読ませていただいた一冊だった。星五つで評価している。
 なお、キャラ的にハジメのキャラが大変好みであるので、その点でも加点している点は付記しておきたい。(そうでなくとも星五つ程度と評価するとは思うが)

2017/04/16 16:53

投稿元:ブクログ

サヤちゃんが表情豊かで良かったです。
あと大人の女の人が加わって、新たなる視点で駄菓子が語られるようになりました。

あとほたるさんが帰ってきた時のカタルシスが。
正直もう2〜3冊帰ってこないのかと思ってました。

2017/03/26 11:25

投稿元:ブクログ

新キャラと聞いてどうなるのかと思いましたが案外馴染んでました。ハジメさんは素晴らしいと思う。ただどうしても物足りない。圧倒的に変人が足りていない。
とか思っていたらあっさりと帰ってきてしまいました。この後どうなるのか、続きが気になります。

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む