サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 村上春樹翻訳〈ほとんど〉全仕事

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

村上春樹翻訳〈ほとんど〉全仕事
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/18
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:21cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-004967-5
  • 国内送料無料

紙の本

村上春樹翻訳〈ほとんど〉全仕事

著者 村上 春樹 (著)

旺盛な意欲はどこからくるのか。翻訳が創作にもたらした影響は−。翻訳家・村上春樹が、70余点の訳書を自ら紹介。36年の道のりを一望する。柴田元幸との対談も収録。【「TRC ...

もっと見る

村上春樹翻訳〈ほとんど〉全仕事

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

旺盛な意欲はどこからくるのか。翻訳が創作にもたらした影響は−。翻訳家・村上春樹が、70余点の訳書を自ら紹介。36年の道のりを一望する。柴田元幸との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

その原動力はどこからくるのか ――

翻訳者・村上春樹が、
70余点の訳書と、36年にわたる道程を振り返る。

訳書、原書の写真多数。
柴田元幸氏との対談もたっぷり収録。【本の内容】

収録作品一覧

翻訳作品クロニクル一九八一−二〇一七 15−86
翻訳について語るときに僕たちの語ること 前編 村上春樹 述 87−139
サヴォイでストンプ オーティス・ファーガソン 著 141−150

著者紹介

村上 春樹

略歴
〈村上春樹〉1949年生まれ。小説家。アメリカ文学の優れた読み手として、カポーティ、フィッツジェラルド、カーヴァーなどの作品を手ずから翻訳し、精力的に紹介してきた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

村上春樹のいる風景

2017/05/26 07:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もし村上春樹がいなかったら、私たちはレイモンド・カーヴァーというアメリカの作家の作品を読むことはなかったかもしれない。
 あるいはスコット・フィッツジェラルドという作家の再発見もなかったかもしれないし、サリンジャーもチャンドラーも新しい翻訳でめぐりあうこともなかったのではないか。
 村上春樹が翻訳をしたから彼らを読んだというのは言い過ぎだろうか。

 村上春樹が『風の歌を聴け』で小説家デビューしたのが1979年。随分長い職歴になったものだ。
 しかも副業ともいえる翻訳本も70冊くらいあるというのだから、普通の会社なら上司から嫌味のひとつくらい言われそうだ。
 まあ本業もしっかりしているから嫌味もでないのだろうけど。
 その副業のほうの仕事ぶりを「ほとんど」全部まとめたのがこの本だ。
 最初のカーヴァー本は1983年の『ぼくが電話をかけている場所』で、このタイトルそのものが村上春樹らしい。

 この本では村上春樹の翻訳した本が「ほとんど」紹介されているのに合わせて、同期(会社でいえばちょっと若いのにメチャ優秀な奴)の柴田元幸との対談がいい。
 案外この対談のなかに小説家村上春樹を知るヒントが隠されたりする。
 例えば、「翻訳作業が僕の教室みたいなもの」だったり、「角を曲がると新しい光景が出てきて、それをそのまま描写する」みたいであったり。

 きっと村上春樹にとって翻訳という副業があったからこそ小説家という本業が成功したのだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ツボに入りすぎて

2017/04/22 10:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Plaa - この投稿者のレビュー一覧を見る

騎士団長殺しよりも先に読んでしまった!

村上春樹さんが、どんな思いでその本を訳したいと思ったか、いちいちなるほど〜〜と思わせてくれて、あっという間に読了。
また、原作で読んでみよう!と思わせられる本が増えてしまった…

ただ、村上さんは若い頃に、そんなにたくさんの洋書をどうやって手に入れてたんだろう…と、いつも不思議&うらやましく思っていたが、
それに対する答えは見つからず。

有名本屋の洋書コーナーに行っても、
映画になった話題作や、既に日本語に翻訳されたもの等の原作が多いように感じるので。
村上さんはどうやって、日本で無名だったレイモンド カーバーなる人の原作を手に入れ、読んでいたのかしら。

つい数年前に、スイスの本屋で店主に「レイモンド カーバーを置いているか?」と聞いたら、「誰 それ?」と…^ ^;

あ、柴田元幸さんとの対談もおもしろかった。
わたしは、どちらも好きなので、
お二人の翻訳の仕方や翻訳に対する考え方の違いがたくさん知れる感じが、たまらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/04 09:09

投稿元:ブクログ

タイトルどおり村上春樹さんが今までに翻訳した約70冊の本の紹介と翻訳時のエピソード。おすすめ本という意味では、それを翻訳してしまうほどおすすめと言われると説得力ありますね。文体などは全く違うそうで、違う文体の中に入って仕掛けを見るのが楽しいとか。後半は翻訳家柴田元幸との対談。「翻訳夜話」の延長のようで、詳しい世界ではないのだが、舞台裏が面白い。

2017/05/04 21:41

投稿元:ブクログ

翻訳におけるこれまでのランドマークという感じで、翻訳家としての村上春樹の魅力いっぱい。カーヴァーやフィッツジェラルドを日本に紹介した功績はとてつもなく大きい。

2017/03/22 15:47

投稿元:ブクログ

旺盛な意欲の源は、翻訳が創作にもたらした影響は――思い入れをこめて訳書1点1点を自ら紹介。翻訳家・村上春樹が36年の道のりを振り返る。柴田元幸氏との対談も収録。

2017/05/21 14:58

投稿元:ブクログ

現存する職業作家のうち、自らの創作活動と平行して最も多くの翻訳活動を行っているのが村上春樹であるのは間違いがない。僕自身にとっても、レイモンド・カーヴァーやレイモンド・チャンドラー、ティム・オブライエン、ジョン・アーヴィングなどとの出会いは、彼の翻訳がなければなかった可能性があるし、スコット・フィッツジェラルドやJ.D.サリンジャー、トルーマン・カポーティなどの新訳によって、改めて作品の持つ素晴らしさに触れるなど、彼の翻訳作品を読むのは大きな楽しみであった。

本書では、彼の翻訳作品の全仕事のクロニクルや、そのサポート役を長年務めたアメリカ文学者/翻訳家の柴田元幸との対談等を通じて、彼の翻訳活動の全体像を掴むことができる。改めて読んでいない作品もたくさんあることに気づき、1冊ずつ読んでいく楽しみが今後も得られることを嬉しく思う。

2017/03/21 17:05

投稿元:ブクログ

それこそ ”ほとんど” 読んでいた。
彼が訳して紹介してくれなかったら、ティム・オブライエンにもグレイス・ペイリーにも出会うことはなかったのだろうし、「心臓を貫かれて」でぐっさり貫かれることもなかっただろう。

一冊を通して、翻訳者としての良心と誠意を感じる。自分が気に入った物だけを訳せるのは彼の特権?であり羨ましい限りだが、楽しんで訳しているからこそ、彼が気に入った何物かが読者にも届くのだろう。
次にどんな作品が届くのか、いつも楽しみだ。村上訳「心は孤独な狩人」もいつかぜひ読んでみたい。

2017/04/27 09:47

投稿元:ブクログ

語学もできないくせにいつかじっくり翻訳…ぢゃなくても、読みたい本を言語で読みたい。と思うけど、好きな人は時間があるないの問題ぢゃなく、読んで、楽しんで訳すんだな、と。翻訳本はどうも苦手だったけど、訳者に村上春樹の名前を見るとつい手にとってしまう、翻訳本も訳者で選べる楽しみ。とりあえず「バースデイ・ストーリーズ」を図書館予約。

2017/06/21 20:57

投稿元:ブクログ

小説家・村上春樹は大の苦手で、「The ムラカミ」な著作のタイトルを見ただけでぞっとしたりもする(笑)
だけどR・カーヴァーをはじめ、翻訳作品は素直に読んでいた。
この本はタイトル通り村上春樹が今までに手掛けてきた翻訳作品をひとつずつ本人のコメント付きで振り返り、
後半には翻訳家の柴田元幸との対談←これがボリュームも中身もあって読み応えあった~
翻訳のプロセスなども書かれていて興味深いし、「誤訳」についての持論、作家たちとのエピソードとか、色々と盛りだくさん。
村上の小説はちょっと。。。っていう人(私)でも、翻訳家に興味があったり海外文学が好きだったりするなら読んで損はないです!

2017/05/14 21:25

投稿元:ブクログ

★3.5。
作家が翻訳に勤しむ秘密が垣間見える。文章の習得、究極の熟読等々、年間2冊程度の翻訳本を世に送り出してきた実績から重みがあります。
それにしても他の作家はどうやって文章・文体を我が物にしているんだろうか?村上春樹を通して心に浮かんだ素朴な疑問であり、本作読了後の最大の関心事です。Bruceじゃないけど学校じゃぁ学べんでしょ?他の小説なのかな?

2017/05/02 11:01

投稿元:ブクログ

翻訳本には(スティーブン・キングは別)あまり興味がなかったけど、あまりに著者が夢中になって読んでこれを訳したいって(日本にも紹介したい)って思ったほどの小説なら
読んでみたくなった。
小説と翻訳が上手く連動して(別の筋肉を使ってそれぞれに相乗効果があるらしい)書けるってのがすごい。
翻訳は柴田元幸氏との対談でも触れてたけど楽しい作業らしい。
絶賛しているいくつかの春樹翻訳の本、読んでみよう。

2017/04/26 22:35

投稿元:ブクログ

初読。図書館。小説家・村上春樹の本はほぼすべて読んでいるが、翻訳家・村上春樹の仕事はずいぶん前に数冊しか読んでいない。どの作家にものめりこめなくて、「翻訳してる時間あったら新しい小説書いてくれよぉ」と思ったものだ。でも村上さんにとっての仕事としての翻訳の話はとても面白くて、今は「翻訳したいだけしていただいて、さらに新しい小説もお願いします」と思っています。

2017/05/17 00:25

投稿元:ブクログ

村上春樹の翻訳は数冊しか読んでないが、この本は読みたかった。
柴田元幸さんが、結構関わっておられることは知らなかった。

2017/04/26 17:43

投稿元:ブクログ

ほとんど読んでいる、と思ったら絵本など読んでいないものがあって、村上さん結構な数を訳しているのだなと改めて。
小説はほぼコンプリートなので、「グレイス・ペイリーとジム・フジーリとダーグ・ソールスターを読んだ者だけが村上×柴田トークイベントの落選メールに石を投げなさい」と言われたら進んで石を拾いにいくのだが。
「翻訳夜話」ももちろん読んでおり、翻訳トークとしてはすごく新しいネタがあるわけではないのだが面白く読んだ。村上さんには、小説も書いて欲しいが翻訳も期待している。なにしろ、「Novel 11, Book 18」のように、「空港でちょっと買ってみた本がすごく面白かったので翻訳した」などというやり方で本が出版されるのは村上さんだけだろう(ビッグネームだから許されると言う意味で)。

村上さんは翻訳は無私の状態で相手の作家の中に入っていくのだと言う。しかし彼の翻訳には彼ならではのタッチがある、と皆が思っているはずだ。村上さんの小説世界という巨大なものがあるからそう思うのかもしれない。そしてそれだからこそ村上訳はいいのだ。

2017/06/13 21:10

投稿元:ブクログ

こういう過去の仕事をまとめたアーカイブものの本は、「データベースとしてはいいけど、読み物としてはちょっとなぁ」と感じることが多いが、本作では小説とは違う翻訳の楽しみ方を教えてもらった。
「村上春樹ほどの人なら、最初から翻訳なども軽くこなしてたんだろう」などという思い込みは軽く吹き飛ばされる。
何度も間違え、たくさんの朱を入れられながら翻訳の腕を磨いてきた姿に背筋を正される思いがした。
それでも「血の滲むような努力」みたいな悲壮感は微塵もなく、翻訳は「自分へのごほうび」であり「午後からの楽しみ」であり「時間さえあればついやってしまうもの」という。
「これからは国際社会なんだから英語くらい…」などと100回説かれるより、遊ぶように学ぶ大人の格好良さは刺激になる。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む