サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リバース(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 211件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293586-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リバース (講談社文庫)

著者 湊かなえ (著)

平凡なサラリーマン、深瀬和久の趣味はコーヒーを飲むこと。その縁で、美穂子という彼女もでき、人生に彩りが添えられると思った。だが、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が送...

もっと見る

リバース (講談社文庫)

691(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平凡なサラリーマン、深瀬和久の趣味はコーヒーを飲むこと。その縁で、美穂子という彼女もでき、人生に彩りが添えられると思った。だが、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が送りつけられ…。【「TRC MARC」の商品解説】

深瀬和久は平凡なサラリーマン。唯一の趣味は、美味しいコーヒーを淹れる事だ。そんな深瀬が自宅以外でリラックスできる場所といえば、自宅近所にあるクローバーコーヒーだった。ある日、深瀬はそこで、越智美穂子という女性と出会う。その後何度か店で会ううちに、付き合うようになる。淡々とした日々が急に華やぎはじめ、未来のことも考え始めた矢先、美穂子にある告発文が届く。そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた――。何のことかと詰め寄る美穂子。深瀬には、人には隠していたある”闇”があった。それをついに明かさねばならない時が来てしまったのかと、懊悩する。


『夜行観覧車』、『Nのために』のスタッフが結集し、『リバース』も2017年4月、ドラマ化!


主人公の深瀬和久には藤原竜也さん。
恋人役には戸田恵梨香さん。
深瀬の親友、広沢由樹には小池徹平さん。
深瀬の大学時代のゼミ仲間には市原隼人さん、玉森裕太さん、三浦貴大さん。
そしてドラマだけの登場人物、村井の妹には門脇麦さん。


今をときめく役者陣がおくる、ヒューマンミステリーです。


小説とドラマ。
それぞれ、違った味わいをもった作品となっています!
ぜひ、双方を存分にご堪能下さい。【商品解説】

著者紹介

湊かなえ

略歴
1973年広島県生まれ。2007年第29回小説推理新人賞を「聖職者」で受賞。'08年受賞作が収録された『告白』を刊行。同作で週刊文春’08年ミステリーベスト10の第1位、’09年に第6回本屋大賞を受賞する。'12年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞短篇部門を受賞。’16年には『ユートピア』で第29回山本周五郎賞を受賞。その他の著書に『少女』『贖罪』『Nのために』『夜行観覧車』『白ゆき姫殺人事件』『母性』『望郷』『高校入試』『豆の上で眠る』『山女日記』『物語のおわり』『絶唱』『ポイズンドーター・ホーリーマザー』などがある。最新作は『山猫珈琲』(上・下巻)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー211件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

最後まで、

2017/03/19 00:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナウシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の最後まで、そんな事になっていたなんて、思いもしなかった。やられました。完敗です。今回は、イヤミスではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スクールカースト

2017/03/23 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の深瀬は、大学に入るまで心を許せる友人はいませんでした。そして、大学でやっと巡り会えた親友の広沢を不幸な事故で亡くします。その事故の真因に終章でたどり着くという展開でした。
 ハッピーエンドと思いきや、「えっ」というラストが待っていました。ここで本の表題の意味も氷解します。したがって、読んでいる途中で、ラストや解説をチラ見したい誘惑や衝動には絶対に負けないでください。
 4月からドラマも始まるとのこと。配役(特に広沢)が、若干小説の印象とは違いますが、楽しみです。

 なお解説では、物語後の真犯人の心情や葛藤を想像していますが、大きなお世話です。仮に真犯人の善意の行動が原因で広沢の死を招いていたとしても、明らかに不可抗力ですから、真犯人はそのことを気に病む必要はないでしょう。つまり、本人の気持ちの持ち方の問題という程度のことです。
 むしろ怒りの感情に任せ、関係者に嫌がらせをし、更には、その中の一人を電車のホームから突き落とした人物は罪の意識が希薄なことが信じられませんし、この罪の落とし前をどうつけるかの方が重要だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の展開に驚きました。

2017/04/01 10:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:anyblack - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ化されると知り、読みました。

途中までの展開は何となく読めてましたが、最後は予想していなかったので驚きました。
イヤミスと呼ばれる小説を読んだのは初めてだったので、モヤモヤ感が残っていますが、久々に読んで良かったなと思える本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の急展開に唖然

2017/04/09 05:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミキミキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

4月からの新ドラマの原作ということで、ワクワクしながら読みました。最後のアッという急展開で、背筋が寒くなりました。第一級のサスペンスだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若者の自分の立ち位置探し

2017/04/09 11:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いくみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物たちの人物像がよく描かれていた。
自分の学生時代と重ね合わせて、自分は誰の位置にいたのかと考えた。
若い頃は、自意識過剰になりがちだが、自分は本来こんな場所にいる人間ではないんだという主人公の姿が、痛々しくもあり、若さの輝きを感じられてまぶしくもあった。
物語は、最後の一行でそうだったのかという形で終わる。
この物語は、登場人物たちの孤独感や、優しさ、勝手さ、人間関係の中での立ち位置など、誰もが誰かに共感でき、誰かに同情したり、怒ったり、感情移入しながら読める話だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読みました。

2017/04/09 18:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

予想を裏切るような展開で一気に読みました。

最初は正直「つまらないなぁ・・」なんて思いながら読み続けたら、途中から思いもよらない展開に夢中になりました。

最後になんか「誰にでも起こりうることで切ないというか、仕方ない・・」という思いでした。
できれば休日に時間を作り一気に読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

犯人かなと思っていましたが。

2017/04/18 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オハナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビでも見ています。微妙に違うのは仕方が無いですよね。キャストがイメージと少し違う人もいますが、それなりに面白いと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リバースして読みたい様な…

2017/04/24 19:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯にある『最後の1行』…やられた~!!
いつも、ついつい最後を見ちゃ(読んじゃ)うんだけど、これは我慢して、先読みをしなかった。結果…大成功!!
いろいろな意見があると思うけど、またまた『湊ワールド』引き込まれます。今回は「」内の台詞以外も語りかける文体で、ぐいぐい読めちゃいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分の周りにいる誰か

2017/04/29 17:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:clover07 - この投稿者のレビュー一覧を見る

放送中のドラマと連動して読み進めています。登場人物それぞれの性格、関係性は
自分の周りにいる誰かのようであり自分自身のようでもあり、ひきこまれ、考えさせられるテーマです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そうきたか~

2017/04/30 12:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「誰かが何かを隠しているんだろう」
「犯人のヒントは何だろう」
なんて思いを抱きつつ読み進めて行った。

そんなことも忘れて、ハッピーエンド と思いきや、
最後の最後でドンデン返し・・・

彼はこれからどうするのだろう?
ドラマも同じ終わり方をするのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです!!

2017/05/02 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを見ながら、読みたくなり、やっと読みました!!最後の最後が予想もしなかった結末で、さすが湊かなえさん!!としか言えない最後でした。予想以上のイヤミスでした最後の1行があってストーリーが出来たのはすごいなと思いました。
ドラマと季節や時期は違うそ、登場人物も少し違うので、ドラマの結末も気になります。楽しみに毎週見ようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ツケは必ず戻ってくる

2017/05/06 08:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gomdon - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生において後回しにしてきたこと。
見て見ぬふりをして、奥底にしまい込んでいたもの。
誰もが何か一つ、そんな人生のツケを抱えているものである。

子供であれば勉強を後回しにしたことが、進路を決める時に大きな代償として訪れる。
謝ることができずにいたことが、行動範囲を変えることがある。
真実を告げることができなかったツケはいつ訪れるのか、ふとした時に思い出し、恐怖に襲われる。
ツケは、忘れた頃にしっかりと督促をしてくるのだ。

この湊かなえの「リバース」は、まさに人生のツケについて考えさせられる本である。
年配者は自分の人生を振り返りながら、どう転がっていくのかという展開に心がキシキシと音を立てるだろう。
若い人は自分とは関係のない話と思いながら、心のどこかに隠してきた小さなツケについて考えるかもしれない。

自分ではさえない人生だと思っていた主人公。
そんな彼の人生の中で起きた大きな事件とツケ。
奥底にしまいながら、ひっそりと生きる彼に生きる喜びを知ることになった時に、ツケは支払いを迫ってくる。
幸せを手放さないためにはツケと向き合うしかない。
彼が支払う代償は何なのか、いつ来るのか。
過去の友人関係が絶妙に絡み、不信感を生み、信頼を得る難しさを知る。

ツケは利息もついて返ってくるという恐ろしさを実感する本だ。
最後の数行に、読者への投げかけを感じる。
読み手の数だけ答えはあるだろう。
その答えが、自分の生き方を掲示しているのかもしれないと考えてみてはどうだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リバース

2017/05/11 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KKキング - この投稿者のレビュー一覧を見る

TBS金曜10時のドラマの原作文庫版。これを先に読むとネタバレになってしまうので、ドラマを見た後に、原作との違いを楽しむやり方もありでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラストまで一気に

2017/05/15 22:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃさりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVドラマの公開前に急いで読みました。湊さんの作品はいつもぐいぐい引き込まれてしまい、結末を知りたくて知りたくてどうしようもない状態になります。リバースのラストも、えっ!そういうことぉ!!となりました。続編が出てほしいななんて思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

TVドラマとは違うテイスト

2017/05/20 13:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVドラマの放映開始とともに読んだ。
大きな話の流れは同じでも、TVドラマには、原作にない人物やエピソードが盛り込まれ、それぞれ違うものとして楽しめる。
※TVドラマは、現時点(2017年5月20日時点)で、まだ途中だが……。

本は、ミステリーの要素もありながら、主軸は「友人格差」の物語。
人気者の友人(広沢)に地味な僕(深瀬)。
僕は、彼の親友として相応しかったのか?
彼の本当の姿を、僕は知っていたのか?
それを確かめるために、高校時代の友人に会いに行く。

そして最後に判明するどんでん返し。

今回も湊かなえさんに、まんまとやられました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する