サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 僕はもう憑かれたよ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕はもう憑かれたよ(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/04
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-6802-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕はもう憑かれたよ (宝島社文庫 このミス大賞)

著者 七尾与史 (著)

半年前に恋人を亡くした八木沼真知。眠っている間に、別の人格に乗っ取られていることに気付く美門玲二。交わるはずのない2人の運命を結びつけるのは、とある転落死事故。真知はやが...

もっと見る

僕はもう憑かれたよ (宝島社文庫 このミス大賞)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

半年前に恋人を亡くした八木沼真知。眠っている間に、別の人格に乗っ取られていることに気付く美門玲二。交わるはずのない2人の運命を結びつけるのは、とある転落死事故。真知はやがて1冊の本が鍵を握っていることを摑み…。〔2015年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

『死亡フラグが立ちました! 』で鮮烈デビュー、ドラマ化もされた「ドS刑事」シリーズなど次々にヒット作を生み出す著者が、初めて挑んだミステリー×サスペンス×ラブ×ファンタジー、待望の文庫化! 一人寂しく迎えた25歳の誕生日も終わろうとしている23時半。八木沼真知の部屋を、見知らぬ男が訪ねてきた。顔も名前も覚えはないが、男はなぜか真知の昔からのあだ名や好物を知っていて……。一方、サラリーマンの美門玲二は、自分の記憶がないあいだに、周囲で不可解なことが起きていることに気づきつつあった。交わるはずのないふたつの人生をつなぐものとは何か――。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/16 22:29

投稿元:ブクログ

まさに憑かれて疲れてる。その意味でタイトルに偽りなしです。
ミステリーとしてもなかなか読み応えはあります。色々な観点があるので、犯人捜しも面白い。しかし、この作品の登場人物たちは、階段からの突き落としを考えすぎです。
他の作品とのリンクはあまりありませんが、ミルクほうじ茶スカッシュはちゃんと登場します。

2017/04/11 01:36

投稿元:ブクログ

なぜだかわからないが、やたらと疲れて行く可哀想な男の話。
十分に睡眠も取っているはずなのに。。。
夢遊病?、それとも…。

2017/03/12 19:11

投稿元:ブクログ

思わず笑ってしまうダジャレタイトル、カバーイラストは大好きなカスヤナガトさん。これでは読まずにはいられない。タイトルからは想像できない色んな要素が詰まった緻密で面白いミステリでした。おススメ!!
あらすじ(背表紙より)
ある夜、八木沼真知の部屋を見知らぬ男が訪ねてきた。初対面にもかかわらず、彼はなぜか真知の昔からのあだ名や好物を知っていた。一方、周囲で不可解なことが起きているのに気付く美門玲二。どうやら眠っている間に、別人格が勝手に行動しているようなのだ。本来交わるはずのない二人の運命を結び付けるのは、半年前のとある転落事故―。真知は恋人を失ったその事故について調べ始める。

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む