サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

誰がアパレルを殺すのか

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 49件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/26
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-3691-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

誰がアパレルを殺すのか

著者 杉原 淳一 (著),染原 睦美 (著)

大きな転換期を迎えたアパレル業界。この産業を衰退に追いやった“犯人”は誰か。サプライチェーンをくまなく取材し、不振の真因や、業界の裏と未来を明らかにする。【「TRC MA...

もっと見る

誰がアパレルを殺すのか

1,620(税込)

誰がアパレルを殺すのか

1,620 (税込)

誰がアパレルを殺すのか

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 20.9MB 無制限
Android EPUB 20.9MB 無制限
Win EPUB 20.9MB 無制限
Mac EPUB 20.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大きな転換期を迎えたアパレル業界。この産業を衰退に追いやった“犯人”は誰か。サプライチェーンをくまなく取材し、不振の真因や、業界の裏と未来を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

アパレル業界がかつてない不振にあえいでいる。オンワードホールディングス、ワールド、TSIホールディングス、三陽商会という業界を代表する大手アパレル4社の売上高は激減。店舗の閉鎖やブランドの撤退も相次いでいる。またアパレル業界と歩みをともにしてきた百貨店業界も、地方や郊外を中心に店舗閉鎖が続き、「洋服が売れない」事態は深刻さを増している。なぜ突如、業界は不振に見舞われたのか。経済誌「日経ビジネス」の記者が、アパレル産業を構成するサプライチェーンのすべてをくまなく取材した。
ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、「もう、"散弾銃商法"は通用しない」と業界不振に警鐘を鳴らす。大手百貨店首脳は「我々はゆでガエルだった」と自戒。業界を代表する企業の経営者から、アパレル各社の不良在庫を買い取る在庫処分業者や売り場に立つ販売員まで、幅広い関係者への取材を通して、不振の原因を探った。
また本書では、業界の将来を担うであろう新興企業の取り組みについても取材した。ITなどを武器に、業界の「外」から勢力図を変えようとするオンラインSPA(製造小売業)や、業界の「中」から既存のルールを変えようと挑戦するセレクトショップなど、国内外の新興プレーヤーの取り組みを紹介する。この1冊を読めば、アパレル産業の「今」と「未来」が鮮明に見えるはずだ。

【登場する企業】
オンワードホールディングス/ワールド/TSIホールディングス/三陽商会/ファーストリテイリング/ストライプインターナショナル/GAP/H&M/三越伊勢丹ホールディングス/大丸松坂屋百貨店/高島屋/そごう・西武/スタートトゥデイ/メルカリ/エアークローゼット/ナノ・ユニバース/トウキョウベース/ジャパンブルー/ミナペルホネン/パタゴニア/エバーレーン/エムエムラフルール/グレイツ/アマゾン・ドット・コム/レントザランウェイ など
【商品解説】

「アパレル不況」に苦しむ日本の衣料品業界。不振の元凶と、快進撃を続けるアパレル新興勢について、日経ビジネス記者が徹底取材。【本の内容】

目次

  • はじめに
  • <b>第1章 崩れ去る〝内輪の論理〟</b>
  • PART 1 アパレルの墓場に見た業界の病巣
  • PART 2 中国依存で失ったモノ作りの力

著者紹介

杉原 淳一

略歴
〈杉原淳一〉1981年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。『日経ビジネス』記者。
〈染原睦美〉1981年生まれ。中央大学文学部卒業。『日経ビジネス』記者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー49件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

アパレル産業の今と未来が見えてくる書です!

2018/01/09 15:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、アパレル産業の現状を分析し、同分野の低迷の理由を解き明かしながら、今後の勧めべき道を模索した画期的な書です。今や、「洋服は売れない」と言われるように、アパレル業界は不況にあえいでいます。また、衣類を扱う百貨店業界も未曾有の低迷に嘆いています。なぜ、今、それほどアパレル産業が危機に陥っているのか。実例を挙げながら、丁寧に解説してくれます。加えて、そのような状況の中で登場してきているITなどを使ったアパレルの新興企業の取り組みなどを検討しながら、未来の同業界の進むべき道を模索した書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

問題点が理解できました

2017/08/18 00:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりんぐりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

アパレル業界の知識はまったくありませんでしたが、鮮やかなピンクの表紙に惹かれて購入。門外漢の私にもわかりやすく書いてありました。
川上から川下まで、あまりに分業化しすぎて全体を見て指揮する人が居なかったのが最大の敗因でしょうか。場当たり的なやり方でも、時代がよかったからイケイケドンドンでやってこれた。
その強烈な成功体験にとらわれて、新しい方策を打ち出すことができない首脳陣。
安けりゃ売れるだろうと、生産拠点を中国に移動させた結果、国内の作り手が居なくなってしまった。
これからどこに向かって行くのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『誰がアパレルを殺すのか』

2017/06/26 19:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大手4社の売上高合計が2年つづけて1割減、純益は半減
2年間に撤退を決めた店舗数が1600以上あって
希望退職は3社で1200人超など
不振にあえぐ国内のアパレル業界と影響を受ける百貨店業界

苦境におちいった原因と“犯人”を
川上から川下までたんねんに取材してあぶりだす

また、業界の外から参入して成功する新興勢力や
業界の中から既存のルールを壊そうとする新興企業もとりあげ
復活再生の可能性も示す

「絶望するにはまだ早いが、流れを変えるなら今しかない」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/06 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/29 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/09 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/16 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/14 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/19 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/06 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/07 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/21 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/17 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/21 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/02 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

繊維・アパレル産業 ランキング

繊維・アパレル産業のランキングをご紹介します一覧を見る