サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宇喜多の捨て嫁(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/399p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790826-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)新刊

著者 木下昌輝 (著)

【オール讀物新人賞(第92回)】【歴史時代作家クラブ賞新人賞(第4回)】【舟橋聖一文学賞(第9回)】【高校生直木賞】【咲くやこの花賞】娘の嫁ぎ先を攻め滅ぼすことも厭わず、...

もっと見る

宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)

799(税込)

宇喜多の捨て嫁

789 (税込)

宇喜多の捨て嫁

ポイント :7pt / 紙の本より10おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【オール讀物新人賞(第92回)】【歴史時代作家クラブ賞新人賞(第4回)】【舟橋聖一文学賞(第9回)】【高校生直木賞】【咲くやこの花賞】娘の嫁ぎ先を攻め滅ぼすことも厭わず、権謀術数を駆使して戦国時代を駆け抜けた戦国大名・宇喜多直家。裏切りと策謀にまみれた男の真実の姿とは一体…。ピカレスク歴史小説。高校生直木賞ルポも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

戦国時代の備前の国で宇喜多直家は権謀術策を縦横無尽に駆使し、成り上がっていった。腐臭漂う、傑作ピカレスク歴史小説見参!【本の内容】

収録作品一覧

宇喜多の捨て嫁 11−82
無想の抜刀術 83−122
貝あわせ 123−212

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こんな見方ができたのか

2017/04/25 22:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:想井兼人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

備前の戦国武将、宇喜多直家。
 毒殺、暗殺、裏切りなどなど、下剋上の世といわれる戦国時代においても、彼にまとわりつく負のイメージはすさまじい。
 本書は、そんな従来の直家間を払拭する試みといえようか。
 そして、歴史というものの裏を読むことの面白さも教えてくれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/22 14:47

投稿元:ブクログ

とてもおもしろかったので、題名でグッと来た方はぜひ読んでほしい。
六つの短編、六つの視点から時系列入り乱れて語られる、血と膿みにまみれた宇喜多直家の生涯。タイトルにならう暗さと、反した温かさを同時に得られる読後感です。

読んでいる時は「五逆の鼓」は説明しすぎな気がして、途中で心配になった…けど、ちょっと時間を置いて考えてみれば、江見河原の身の上では母との繋がりという点で、一連の出来事を見てそれを言語化して納得する過程が彼の中では欠かせない事だったんだなと、梅の香りに至るまでには必要な説明だったんだと今は思う。

2017/04/07 16:58

投稿元:ブクログ

【五冠達成! 驚異の新人、衝撃のデビュー作】戦国時代の備前の国で宇喜多直家は権謀術策を縦横無尽に駆使し、成り上がっていった。腐臭漂う、傑作ピカレスク歴史小説見参!