サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鳥の会議(河出文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/20
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/200p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-41522-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鳥の会議 (河出文庫)

著者 山下澄人 (著)

ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。中学の教師や先輩からの挑発には暴力で反抗する。そんなある晩、神永が、ヤクザ者の親父を殺してしまった…。にがさと痛みのなかで鮮烈に輝く...

もっと見る

鳥の会議 (河出文庫)

691(税込)

鳥の会議

691 (税込)

鳥の会議

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。中学の教師や先輩からの挑発には暴力で反抗する。そんなある晩、神永が、ヤクザ者の親父を殺してしまった…。にがさと痛みのなかで鮮烈に輝く少年たちの群像。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

鳥の会議 7−133
鳥のらくご 135−192

著者紹介

山下澄人

略歴
1966年生まれ。神戸市出身。富良野塾二期生。劇団FICTIONを主宰。作・演出・出演を兼ねる。著作に『緑のさる』、『ギッちょん』がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2017/04/09 17:09

投稿元:ブクログ

正直よくわからなかった。
シーンが急に切り替わり、そこに脈略が見えない。
だから、話の流れが見えない。
苦手だ、この人の小説。

2017/05/17 13:58

投稿元:ブクログ

これは私的傑作です
これほど鮮明な少年たちを書けるのかと思うほど
彼らの声、息、歩き方までリアルに脳裏に浮かぶ

篠田、神永、長田、三上の4人を主軸に篠田の一人称で語られる物語
群像劇ではあるのだが、そこが山下さんの妙で篠田の目線で神永の痛みを共有するような予知夢?を見たり
篠田の目は千里眼のように他の人の「今」を語ったりする

夢か現かとはこのことです

神永は家庭環境が劣悪で、篠田家も貧しいとても
その住居環境の周りには暴力や日常茶飯事でそこに悲しみや優しさがある

彼らの心の中に精錬さ深い繋がり思いやりが見える
絶対に裏切らないし見捨てない
混沌雑多な街だからこそ彼らの絆は深いのかもしれない

それがないと自分たちが壊れていくかのように寄り添い合う

そこには哀れみや同情など安い感傷は介在しない
ただ現実を受け入れ粛々とすごす子供なりの乗り越え方
そこには友が全ての小さな世界で

青年期にしか持ち合わせない清冽さに彼らの痛みや慈しみに胸がうずきました
大人ではない不自由さと自由さ
そういう曖昧な時期の空気感が見事な描写で書かれてました
ラストまで人の悲しみに優しく柔らかく包むように寄り添う
素敵な作品でした

私が大好きなエドワード・ヤン監督の作品と似た印象だなと思いました

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る