サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京都の闇を暴く(新潮新書)
東京都の闇を暴く(新潮新書) 東京都の闇を暴く(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/17
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-610710-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

東京都の闇を暴く (新潮新書)

著者 音喜多 駿 (著)

豊洲市場、都議会のドン、ブラックボックス…。都庁で今、何が起きているのか? 「利権や特権は本当にあるのか」「東京五輪はうまくいくのか」など率直な疑問に現役議員が赤裸々に答...

もっと見る

東京都の闇を暴く (新潮新書)

799(税込)

東京都の闇を暴く(新潮新書)

799 (税込)

東京都の闇を暴く(新潮新書)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

豊洲市場、都議会のドン、ブラックボックス…。都庁で今、何が起きているのか? 「利権や特権は本当にあるのか」「東京五輪はうまくいくのか」など率直な疑問に現役議員が赤裸々に答え、都政の「不都合な真実」に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

ここまで書くか!? メディア騒然! 豊洲市場、都議会のドン、巨大利権、ブラックボックス……都庁で今、何が起きているのか。現役議員が赤裸々に明かす、東京都政の「不都合な真実。【商品解説】

都庁と都議会の癒着、不透明なブラックボックス、巨額財政と巨大利権、無責任な歴代都知事、そしてドンなる影の権力者……。長年見過ごされてきた「東京都の闇」に今こそ光を当てなくてはいけない。「豊洲問題はなぜ起きたのか」「ドンはそんなに怖いのか」「利権や特権は本当にあるのか」「知事の権限とは」「東京五輪はうまくいくのか」など率直な疑問に現役議員が赤裸々に答え、都政の「不都合な真実」に迫る。【本の内容】

小池改革、都議会のドン、ブラックボックス、豊洲市場……都庁で何が起きているのか?現役議員が明かす東京都政の「不都合な真実」。【本の内容】

著者紹介

音喜多 駿

略歴
〈音喜多駿〉1983年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。2013年東京都議会議員に初当選。17年都民ファーストの会東京都議団幹事長就任。著書に「ギャル男でもわかる政治の話」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

期待していたのに・・・

2017/03/23 13:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒酢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の内容および音喜多氏の都議として資質に期待していたが、読後感はガッカリとしかいいようがない。

本の内容は、音喜多氏のブログの内容を基本にしつつ、表現をマイルドに修正したり、説明を補充したりとして、書籍として読みやすいものとなっています。

しかし、以下の点が、よくわからない。

「舛添問題とは何だったのか」という項があるが、答えがインチキくさい。本の結論をここに書いてしまうと、「民意です」とあるが、それって「闇を暴く」という割には表面的な話で終わりか!という印象しかありません。
なお、舛添氏と公明党の関係については一切記載はありません。

二元代表制では議会はオール野党でよい!「知事与党」なんていらない!という一方で、「小池新党」の必要性についての説明は、ゴニョゴニョゴニョ(p142)。

豊洲の「盛土」問題について、説明をした事務職の都職員も建物の下に盛土があると思い込んでいたのだから、都議が正しい事実を把握する等のことは「非常に難しいのもまた事実です」と言いつつ(p164~165)、当時の石原元知事の責任に言及するのも(p167)、なんか読み手のテンションが下がります。

建設公債について、その趣旨である、「世代間の公平性」について疑問を呈するのは良いのですが、都から転出する人は、建設時に税金払っても完成時に受益できないから「公平性の観点から著しく不平等です」(p173)という理屈には、なんか原理主義的な臭いを感じて正直ひきました。

また、「一方では借金をしながら、その一方で貯金をしておく。ブレーキを踏みながらアクセルを踏む。これは行動的にも理論的にも、財政のダブルスタンダードであり」(p175~176)とある点もビックリしました。住宅ローンを組みながら貯金もする家庭や、銀行に借金をしながら内部留保を増やす会社は、一般的だと思います(というよりもキャッシュフローの面からは非常に望ましい)。

財政規律を原理主義的に信奉しているようで、ここで非常にテンションが下がりました。
ここで私見を述べますが、都の税収なんて景気に左右されるものであり、都の税収に見合った予算しか組まないとなると、継続して安定した行政サービスを都民は受けられないことになります。特に不景気の時ほど、行政サービスを頼りにする都民の数は増える傾向にあるのに、行政サービスは質および量で低下を余儀なくされます。それって、本当に都民のためですか?
「都民ファーストの会」じゃないんですか?
財政規律って、行政サービスができない都(行政)や都議会の免罪符や、増税の都合のいい理由であり、本当に都民のためのものですか?
という疑問を強く感じました。

借金や貯金を、有るか無いかの定性的に見るのではなく、今の経済状況で、どのぐらいの借金をして、どのぐらいの貯金をしているのが、長期的に安定で有利なのかという定量的な物事の見方が必要です。
この定量的な物事の見方は、なにも都の財政に限ったことではなく、化学物質の安全性など、多くの分野でも必要なものです。
正直、著者は定量的な物事の見方ができないから、豊洲の地下水問題で・・・と思ってしまいました。

本の内容には非常に有意義な知識、情報が多く含まれていますが、読後感は、ガッカリです。残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/18 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/13 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/30 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/15 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/26 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む