サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本経済入門(講談社現代新書)
日本経済入門(講談社現代新書) 日本経済入門(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288416-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本経済入門 (講談社現代新書)

著者 野口悠紀雄 (著)

日本経済の現状について解説する入門書。賃金をはじめとする日本経済のさまざまな経済指標が、減少、低下傾向を示している問題を、どのように解決すべきかを論じる。【「TRC MA...

もっと見る

日本経済入門 (講談社現代新書)

864(税込)

日本経済入門

810 (税込)

日本経済入門

ポイント :7pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本経済の現状について解説する入門書。賃金をはじめとする日本経済のさまざまな経済指標が、減少、低下傾向を示している問題を、どのように解決すべきかを論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

本書はリアルな日本経済の入門書である。単に日本経済の現状がどうなっているかを説明するだけではなく、現状の認識の上に立って、どこにどのような問題があるかを明らかにし、問題の処方箋を呈示している。
日本経済は様々の困難な問題を抱えている。とりわけ問題なのは、1990年代の中ごろをピークとして、さまざまな経済指標が減少傾向を示している点だ。背景には、人口構造が高齢化しつつあるという問題があるが、それだからこそ、経済の生産性を向上させる必要に迫られている。
しかし、日本では、この3年間、金融緩和政策に大きな関心が集まり、日本経済の抱える問題が金融緩和によって解決されるような錯覚に陥ってきた。しかしながら、結局のところ、未曾有の量的緩和政策は、株価を一時的に上昇させただけで、実態経済は依然として低迷している。日本経済の抱える問題は、金融緩和だけで解決できるものでないのだ。
日本はこの3年間という貴重な時間を無為に過ごし、無駄にした。しかし今からでも遅くはない。日本経済の発展のためになすべきことはたくさんある。それを明らかにするのが本書の目的だ。【商品解説】

日本経済は構造的問題を抱えている。量的緩和が問題を解決するような錯覚があるが、幻想にすぎない。日本再生のためには何をすべきか【本の内容】

目次

  • 第1章 経済活動をどんな指標でとらえるか
  • 第2章 製造業の縮小は不可避
  • 第3章 製造業就業者は全体の6分の1まで減少
  • 第4章 ピケティの仮説では日本の格差問題は説明できない
  • 第5章 物価の下落は望ましい
  • 第6章 異次元金融緩和政策は失敗に終わった
  • 第7章 深刻な労働力不足が日本経済を直撃する
  • 第8章 膨張を続ける医療・介護費
  • 第9章 公的年金が人口高齢化で維持不可能になる
  • 第10章 日銀異次元金融緩和は事実上の財政ファイナンス

著者紹介

野口悠紀雄

略歴
〈野口悠紀雄〉1940年東京生まれ。エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。早稲田大学大学院ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。「情報の経済理論」で日経・経済図書文化賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

説得力ある説明

2017/10/21 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本経済を多角度的に分析して、「一般的に言われている説」と「現実的な問題」
の違いを明確にして説明している。

「高齢化社会」の問題も、「労働人口の年齢構成」が問題であること、「社会保障費の増加」が問題であることなど、その問題の本質を的確に説明している。

そもそもの日本経済の問題に言及し、デフレの問題を分解して、その実態をわかりやすくしたり、金融ではなく技術革新こそ日本の産業に必要であることなど、統計数値
などを用いて論理的に説明する。

本書のスタンスも異次元金融緩和は失敗という見方。だが、他の評論家のように
「アホノミクス」風の感情的な批判ではなく、理にかなった意見であり、読んで
勉強になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

転換期

2017/10/13 18:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶望詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、日本経済について書かれてある。
我々が常識だと思っているものが、事実とは異なることに驚くと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すぐれた日本経済の現状分析本

2017/07/17 20:00

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takeshita - この投稿者のレビュー一覧を見る

アベノミクスの評価の本は数々あるが、この本は殆どの論点で正鵠を得ており、日本経済の現状分析としては最良の部類に入る一冊である。日本の産業構造自体が世界経済の情報化の流れに遅れていること、高齢化の人口構造が医療費の増大と社会保険料の増に繋がり、所得増と物価上昇に繋がらないこと等々。教科書理論しか唱えられない経済学者は本書をよんで自分の頭で考えるべきだし、政治家は自らの無能とさぼりが日本全体を没落の道に導いていることを猛省すべきだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/21 03:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/06 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/08 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/30 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/27 07:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む