サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 日本霊異記の罪業と救済の形象

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本霊異記の罪業と救済の形象

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2017/03/09
  • 出版社: 笠間書院
  • サイズ:22cm/259,8p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-305-70835-9
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

日本霊異記の罪業と救済の形象

著者 大塚 千紗子 (著)

人はどのように苦しみ、救いを得ているのか−。薬師寺の僧・景戒が記した日本最古の仏教説話集「日本霊異記」の罪業と救済の構造、そしてその説話的形象について考察。「日本霊異記」...

もっと見る

日本霊異記の罪業と救済の形象

6,264(税込)

ポイント :58pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人はどのように苦しみ、救いを得ているのか−。薬師寺の僧・景戒が記した日本最古の仏教説話集「日本霊異記」の罪業と救済の構造、そしてその説話的形象について考察。「日本霊異記」の文学的意義を論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

人はどのように苦しみ救いを得ているのか

恋や愛という他者への欲望から生まれる罪業と葛藤、
そして聖人の救済が描かれる『霊異記』。
奈良末期から平安朝前期において、漢訳仏典の語や教理の深淵に
人間の心の様相を求め、存在の在り方を探った仏教説話集である。
これまでは仏教学、思想史学、歴史学、国語学方面からのアプローチが
ほとんどであったが、「文学」の対象に据えたとき、
物語の持つあらたな構造が浮かび上がる。
作品論的読解により、中国説話集の未熟な模倣作とされた評価を覆す。【商品解説】

目次

  • 序章 『日本霊異記』における罪業観と救済の構造
    • 一 本書の目的と方法
    • 二 『霊異記』における罪業観と救済の構造
    • 三 本書各論の概要
  • 第一部 罪業の形象
  • 第一章 狐妻説話における主題
    • はじめに
    • 一 『霊異記』に見る狐妻説話とその主題
    • 二 狐の変化と「【ウルワ】しき女」への眼差し
    • 三 異類婚における愛欲

著者紹介

大塚 千紗子

略歴
〈大塚千紗子〉1986年東京都生まれ。國學院大學大学院文学研究科文学専攻博士課程後期修了。同大學兼任講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む