サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ITロードマップ 情報通信技術は5年後こう変わる! 2017年版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ITロードマップ 情報通信技術は5年後こう変わる! 2017年版

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/10
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-58110-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ITロードマップ 情報通信技術は5年後こう変わる! 2017年版

著者 野村総合研究所デジタルビジネス開発部 (著)

人工知能、チャットボット、仮想現実・拡張現実、デジタルマネーマネジメント、マルウェア対策…。ビジネス・経済・社会のしくみを変える、5年後の情報通信技術トレンドを徹底予測す...

もっと見る

ITロードマップ 情報通信技術は5年後こう変わる! 2017年版

2,700(税込)

ITロードマップ 2017年版

2,700 (税込)

ITロードマップ 2017年版

ポイント :25pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人工知能、チャットボット、仮想現実・拡張現実、デジタルマネーマネジメント、マルウェア対策…。ビジネス・経済・社会のしくみを変える、5年後の情報通信技術トレンドを徹底予測する。【「TRC MARC」の商品解説】

人工知能(AI)、チャットボット、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)、マルウェア対策、DevSecOps・・・・・

ビジネス・社会・経済のしくみを変える IT(情報技術)の近未来がこれ1冊でわかる!

2016年は、人工知能(AI)やロボット、IoT(Internet of Things)、FinTechといった技術が注目を集めた。
また、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)への関心も高まった。

一方、こうしたデジタル化の進展の陰では、サイバー攻撃の脅威も年々、高まっている。

本書は、ITビジネスを活用する企業の経営者や企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、
2017年以降のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。

■第1章 「ITロードマップとは」
ITロードマップの概要を紹介するとともに、前年版の簡単なサマリーを記している。
また、「2030年のIT」として、2030年に向けての技術動向および企業に対する影響についても解説している。

■第2章 「5年後の重要技術」
5年先までの間にビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられるITとして「人工知能(AI)」「チャットボット」「VR(仮想現実・AR(拡張現実)」「APIエコノミー」等の技術トレンドについて紹介している。
また、技術トピックスとして「機械学習プラットフォーム」「IoT」をコラムで取り上げている。

■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
技術の観点からの切り口ではなく、特定業界と関係が深いテーマを扱っている。
具体的には、金融業界と関係の深い「FinTech」「デジタルマネーマネジメント」、ロジスティクス業界と関係の深い「デジタル・ロジスティクス」、広告・マーケティング業界と関係の深い「プログラマティック・マーケティング」の各動向について、解説している。
また、FinTechと関連の深い「InsuranceTech」についてもコラムで取り上げている。

■第4章 「重要になるセキュリティ技術」
重要性が高まっているセキュリティ技術の中から、「マルウェア対策」に加え、「DevSecOps」を取り上げた。
DevSecOpsは、開発と運用の密な連携によって、開発期間を短縮し、リリース頻度を高める開発スタイル「DevOps」のスピードを生かしつつも、セキュリティを確保する新たなシステム開発・運用スタイルである。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第1章 ITロードマップとは
  •  『ITロードマップ』とは
  •  『ITロードマップ2016年版』の要約
  •  2030年のIT
  • 第2章 5年後の重要技術
  •  人工知能(AI)
  •  チャットボット

著者紹介

野村総合研究所デジタルビジネス開発部

略歴
野村総合研究所 デジタルビジネス開発部(ノムラソウゴウケンキュウショ デジタルビジネスカイハツブ)
進展著しい情報技術の動向を把握、分析、予測するITアナリスト集団。
情報技術の変化を敏感に捉え、顧客企業やNRIグループが適切なIT投資や研究開発を行うための戦略立案機能のほか、顧客によるデジタルビジネスの推進を加速するオープンイノベーション機能を持つ。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/08/22 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/23 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

IT産業 ランキング

IT産業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む