サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. か「」く「」し「」ご「」と「

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

か「」く「」し「」ご「」と「
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-350831-1
  • 国内送料無料

紙の本

か「」く「」し「」ご「」と「

著者 住野よる (著)

みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ−。クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い...

もっと見る

か「」く「」し「」ご「」と「

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ−。クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想いを描く。『小説新潮』掲載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。別になんの役にも立たないけれど、そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ――。クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。ベストセラー『君の膵臓をたべたい』の著者が贈る、眩しくて時に切ない、共感度 1の青春小説!【商品解説】

著者紹介

住野よる

略歴
〈住野よる〉高校時代より執筆活動を開始。「君の膵臓をたべたい」でデビュー。ほかの著書に「また、同じ夢を見ていた」「よるのばけもの」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

最高

2017/04/30 00:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こーき - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わった時の爽快感がすごく気持ちイイです!
最後は学生らしいすれ違いや回り道があり「青春」って感じがしました!
とても読みやすく楽しいお話なので是非読んでみてください!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい

2017/03/31 01:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(自称)おばあちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一言では言い表せない、素晴らしい作品です。
住野よるさんの作品は全て読ませて頂いていますが、どれも、個性溢れる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まあまあというところ。

2017/05/20 15:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

住野よるの『君の膵臓を食べたい』を読み、とても感動したため購入したが、この作品は最後の結末がよく分からずモヤモヤとした気持ちが残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書く仕事

2017/05/20 22:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

5人の高校生を描いた短編集だが、似た作品と言えば、すばる新人賞を獲った青羽悠君に軍配が上がる。矢印やトランプ、数字などを用いたサブタイトルに果たして、意味はあるのだろうか。そちらに気を取られることもあり、ひどく読みづらい文章になってしまっている。小細工は避けた方がいい。結局は筆力不足にしても、「書く仕事」を舐めてはいけない。疲れた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/09 23:38

投稿元:ブクログ

みんなは知らない、ちょっとだけ特別なちから。
そのせいで君のことが気になって仕方ないんだ・・・

きっと誰もが持っている自分だけのかくしごと。
5人のクラスメイトが繰り広げる特別でありふれた物語。

2017/04/28 13:53

投稿元:ブクログ

京、 ミッキー/ パラ1 ヅカ♠ エル↓ 高校の同級生5人がそれぞれに抱える特殊能力を隠しつつ、踏まえながら仲間と関わる青春ストーリー。
なまじ分かってしまう能力のせいで勝手に思い込んで、悩んだり、落ち込んだり、心配したり、逃げたり、おせっかいを焼いたり、勘違いしながらもそれぞれのストーリーはそれぞれの世界観に収まっている。
5人のそれぞれの視点、キャラ、思考、行動が、だんだんと舞台裏を見せられていくよう。それぞれが各仕事を引き受けて、それぞれの世界を交わらせながら支えあっていて、そこにいいヤツしかいないのが気持ちいい。
きっと特殊能力なんか持ち合わせていない自分たちも、それぞれの感受性で勝手な現実認識をしながら、世界を構成しているんだよね。もちろん全部わかりあう必要もなく、でも、素直に確かめてみていいことも沢山あるんだろうね。
17-62

2017/06/08 10:02

投稿元:ブクログ

それぞれ個性の異なるクラスメート5人組。やり方は違っても、他の4人の気持ちを思いやりたいという願いは一緒。先走っちゃったり考えすぎたり読み間違えたり、青春は空回りしながらも懸命に進むのだ。

2017/04/23 16:31

投稿元:ブクログ

高校生の恋愛物
他人の気持ちが様々な形になって
見えてしまう男女5人の物語。
さえない男の子と元気な女の子の組み合わせは
「君の膵臓を食べてたい」を彷彿させる。
かくしごとは「隠し事」であり「各仕事」でもある。

2017/05/22 08:04

投稿元:ブクログ

高校生の仲良し五人組。
それぞれ、人の表情に句読点やらマークやらゲージやら矢印やらを見ることのできる特殊技能を持つ超かわいい普通の高校生。というと変な紹介だけど、みんな若いときは一緒ですね、とはるか遠い目になってしまう。
何かすごいオチがあるのだと楽しみに最後まで読んでみたけれどこれと言ってびっくりはなかった。
エルちゃんが成長したなって気がする。

2017/04/24 23:15

投稿元:ブクログ

みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。
別になんの役にも立たないけれど・・・そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ――。
クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。

いやー、青春だなっ!www

そして、住野よるさんが男性だと気付くw

2017/04/24 10:26

投稿元:ブクログ

住野さんの作品は、途中意味がわからなくなることがあるんだけど(私の読解力の問題か?)、最後まで読むとジワジワとくる。
今回も、最後の宮里ちゃんから京くんへの手紙で、あ~やられたと思いました。
いつも、思春期の人間関係の困難さをテーマにしているよね。
私も、人間関係に不器用だったし、自己評価も低かったから、今でも共感できてしまうんだろうな。

2017/05/27 23:48

投稿元:ブクログ

登場人物5人は、相手の気持ちが↑とか♣︎とかで見える能力をそれぞれに持っている。その設定はいまいちだったけど、中学生の時を思い出してとても懐かしくなった。あの頃の自分を認めてあげたくなる。中高生が読んだらもっと共感できるんだろうな。装丁もかわいい!QRコードを読み取るとショートストーリーが読めるのも楽しい。

2017/05/12 00:23

投稿元:ブクログ

連作短編集5編
それぞれの章で語り手たる主人公を変えながら,2年生から受験までの多感な高校時代を描いている.みんな何かしら能力を持っており,それが人間関係に役立っているのか役立っていないのか,それがささやかな能力ながら楽しい.

2017/04/27 19:28

投稿元:ブクログ

「君の膵臓をたべたい」
「また、同じ夢を見ていた」
…が良かったので、
こちらも手に取ってみました。

それぞれが少し特別な能力を持った高校生5人の物語。
章ごとに視点が変わる構成。

青春時代特有の悩みとかはリアルで良かったです。
けど結局何なのかちょっと分かりにくくて、たぶんもう一回読むと理解出来るんだろうなぁと思いました。

背表紙のQRコードから特設サイトに飛べて、この物語にまつわるミニクイズに正解するとその後のショートストーリーが読めます♪

2017/05/21 13:24

投稿元:ブクログ

なぜタイトルがこうなっているんだろう、
と不思議でならなかったが、いざ読んでみると、
なるほど、こういう仕掛けだったのかと合点がいった。

それぞれの登場人物ごとに心情を描写していっているが、
これはまさに芥川龍之介の「藪の中」方式で、
湊かなえの『告白』以来、こういった表現手法が支持されているように思う。

それにしても、ラストは驚きだった。想定外だった。