サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 絵画・版画の通販
  5. 求龍堂の通販
  6. ミュシャ展 国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミュシャ展 国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/10
  • 出版社: 求龍堂
  • サイズ:30cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7630-1703-1

紙の本

ミュシャ展 国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業

著者 ミュシャ (画),国立新美術館 (ほか編集)

2017年に国立新美術館で開催の「ミュシャ展」カタログ。チェコ国外世界初公開となる、苦悩の大作〈スラヴ叙事詩〉と、華やかなアール・ヌーヴォー時代の作品を、最新の研究成果と...

もっと見る

ミュシャ展 国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業

税込 2,400 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2017年に国立新美術館で開催の「ミュシャ展」カタログ。チェコ国外世界初公開となる、苦悩の大作〈スラヴ叙事詩〉と、華やかなアール・ヌーヴォー時代の作品を、最新の研究成果とともに収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家ミュシャ(ムハ)。パリで活躍したミュシャが、故郷チェコに帰り傑作《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を時代ごとに作品で紹介。チェコ国交回復記念60周年を記念し国外不出の《スラヴ叙事詩》全20点を展示する国立新美術館『ミュシャ展』公式図録兼書籍【商品解説】

著者紹介

ミュシャ

略歴
〈ミュシャ〉1860〜1939年。オーストリア領モラヴィア(現チェコ共和国東部)生まれ。アール・ヌーヴォーを代表する芸術家のひとり。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間は変われないのか、など

2017/06/05 21:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dox - この投稿者のレビュー一覧を見る

六本木に見に行きました。圧倒されました。100年も前の作品にも関わらず、戦争の悲惨さやそれに伴う人々の悲しみ、絶望、やりきれなさ、怒りなどはロンドンのテロを見るにつけ、何も変わっていない、人間は進化なんかしていないという思いに囚われます。スラブ叙事詩の何点かには、あからさまに或いはさりげなくこちらに視線を向けている人物がおりました。「お前は、この世界を良くするするために、一体何をしてきたのだ」と言われている気がしました。この図録からもそんなミュシャの思いが感じられます。

また一方で、この図録にあらためて目を通してみて、生頼範義やメビウス、大友克洋など、ミュシャの影響は現代まで続いているのかもしれない、などとも思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

記念になる一冊

2017/12/09 23:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆーきゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミュシャ大好き!作品に近づける一冊です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミュシャ展図録をhontoで買いました

2017/04/10 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お茶飲みすぎ博士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新国立美術館のミュシャ展は激混みで、売店も長蛇の列で、図録が買えず、honto で買えたので、ほんとに良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地方の悲しみ

2017/05/14 07:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:想井兼人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大規模展覧会は東京中心と決まっている。
人口と消費を考えると、それは致し方ない。
しかし、やはり地方に住む者としては悲しみ、妬みを覚える。
特に国立の美術館・博物館の催しの場合、その気持ちは大きく膨らむ。
ただ、昨今、特別展の図録を市販するようになった。
以前からそうなのかもしれないが、個人的にはここ数年のような気がしている。
これだけでも楽しもう。
悲しさはある、虚しさもある。それでも楽しもう。
ミュシャも様々な図書が刊行されているが、いま東京では本物があるということを意識しつつ、図録を楽しもう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

できれば・・・

2017/06/11 07:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トクちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京でしている展覧会。
出来れば関西にも来てほしかった・・・。
でも、こうして手元で図録を見られるんだから、よしとするか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実物は観られないけど・・・

2017/04/11 15:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぷにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2年程前、プラハの大聖堂で見たステンドグラスが素晴らしかった。堺市のミュシャ美術館で見るホンモノもいつも素晴らしい。今年はスラブ叙事詩が東京にやってきた。行けないのでこの画集(図録)で我慢。構成、好きです。ミュシャ好きにお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/21 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/18 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/08 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/14 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/04 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/14 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。