サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 第三書館の通販
  6. 命を救えなかった 釜石・鵜住居防災センターの悲劇の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

命を救えなかった 釜石・鵜住居防災センターの悲劇
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/08
  • 出版社: 第三書館
  • サイズ:19cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8074-1601-1

紙の本

命を救えなかった 釜石・鵜住居防災センターの悲劇

著者 渋井 哲也 (著)

東日本大震災による大津波で200人以上が亡くなったと言われている、岩手県釜石市の鵜住居地区防災センター。鵜住居にまつわる人らを通して、避難、震災遺構、まちづくりなど、防災...

もっと見る

命を救えなかった 釜石・鵜住居防災センターの悲劇

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災による大津波で200人以上が亡くなったと言われている、岩手県釜石市の鵜住居地区防災センター。鵜住居にまつわる人らを通して、避難、震災遺構、まちづくりなど、防災センターをめぐる問題を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

この3・11で7回忌を迎える。
あの日、岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)の防災センターに津波から逃れて逃げ込んだ老若男女、計248人にとって、そこは思いもよらない「防災」の場となってしまったのだった。
ここでの犠牲者数は200余人。そのなかに自らの妻も子供もいたひとりの男性に寄り添って、いま改めて3・11がもたらしたものの大きさを数々の写真と振り返る。【商品解説】

目次

  • はじめに―――――1
  • 妻子が亡くなった「防災センター」で見せた表情 1
  • 「防災センター」にこだわる理由 6
  • 第一章 被災――――― 15
  • 「止まるな、上がれ!」片桐さんは市街地で被災 15
  • 釜石保育園の避難行動 23
  • 「両石の街がない。道路もない」 26
  • 恋の峠を越えて鵜住居へ 32
  • 幼稚園と保育園の情報が入り乱れた 36

著者紹介

渋井 哲也

略歴
〈渋井哲也〉1969年栃木県生まれ。フリーライター。ノンフィクション作家。著書に「絆って言うな!」「解決!学校クレーム」「若者たちはなぜ自殺するのか」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

検証、保存のないまま進む復興に一石

2017/04/17 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はまのなまけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大川小学校や南三陸町防災庁舎、大槌町役場。東日本大震災では、いくつかの建物が、その場所で起こった悲劇とともに語り継がれている。
この本は、200人を超える避難者が犠牲になった釜石市の鵜住居防災センターを取り上げている。同じ地域には釜石の奇跡で有名になった中学校もある。しかし、鵜住居防災センターはそれほど知られていない。
防災センターで犠牲になったひとりの保育士は、小さな命を宿し、翌週より産休に入るところだった。残された遺族を軸に、悲劇はなぜ避けられなかったのかが探られる。検証を進めるなかでは釜石の奇跡も、言われているほど単純ではないし、偶然のめぐり合わせが生死を分けたケースも描かれる。
復興が急がれるなかで、きちんとした検証や震災遺構の保存といった部分がともすれば生者からの視点だけで進められる違和感を覚えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/07 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む