サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー 日本橋ビジネスクリニック~あなたのよみぐすり、ご提案します~ ポイント5倍キャンペーン(~4/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 旅行・地図の通販
  4. 二宮書店の通販
  5. 地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる測量の原点と地理教科書ゆかりの地の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる測量の原点と地理教科書ゆかりの地
地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる測量の原点と地理教科書ゆかりの地 地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる測量の原点と地理教科書ゆかりの地 地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる測量の原点と地理教科書ゆかりの地
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/01
  • 出版社: 二宮書店
  • サイズ:26cm/102p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8176-0422-4

紙の本

地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる測量の原点と地理教科書ゆかりの地

著者 松山 洋 (編著)

日本の標高・経緯度の基準はどこにある? 「地図測量の聖地」や、高校の地理教科書、地図帳に出てくる場所をたどり、地図とカラー写真で紹介する。『地図ジャーナル』『地理月報』掲...

もっと見る

地図学の聖地を訪ねて 地形図片手にたどる測量の原点と地理教科書ゆかりの地

税込 2,052 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の標高・経緯度の基準はどこにある? 「地図測量の聖地」や、高校の地理教科書、地図帳に出てくる場所をたどり、地図とカラー写真で紹介する。『地図ジャーナル』『地理月報』掲載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は,日本地図調製業協会が発行している『地図ジャーナル』(日本地図調製業協会)No.158(2008年)~No.172(2013年)に掲載されたエッセイ「地図学の聖地」,および二宮書店の『地理月報』No.538(2014年)に掲載された話を大幅に加筆・修正したものに,新たな書き下ろし6編を追加してまとめたものです。編者(松山)は本務校(首都大学東京 都市環境学部)で2年に1度,オムニバスの学部の授業「地図学」を担当しています。この授業は「地図とは何か」から話が始まり,「デジタル地図」に至るまで,多種多様な地図の話がなされます。編者の担当は「地球楕円体と地図投影法」,「GIS」,「GPS」,「リモートセンシング」といった内容なのですが,授業の後半30分ぐらいは「授業で紹介している場所(=地図学の聖地)に,実際に行ってみたらこうだった」というスライドを見せています。真面目な話を90分続けたのでは,教員も学生も疲れてしまいますし,自分で言うのもなんですが,これらのスライドは学生たちにも大変好評です。

本書の前半(第1部)では,これらのスライドの内容を文章化したものに加え,編者の研究室(地理情報学研究室)にいた当時の大学院生たちにも原稿を書いてもらい,「地図測量の聖地」といわれる場所を幅広く取り上げました。さらに,本書の後半(第2部)では,高校の地理の教科書や地図帳に出てくる地図を分析し,教科書や地図帳で取り上げられる頻度の高い,代表的な地形や村落形態などがみられる場所を「地理教科書の聖地」と名づけました。そうした場所の近くに住む何人かの知人にも取材に行っていただき,「現場はこうなっている」という原稿を書いていただきました(=聖地巡礼?)。

それゆえ本書は,地図や地図学が好きな人,高校の地理の先生や高校生にも興味を持って読んでいただけると思います。上述したように授業の小ネタとしても使えますし,自分の持っている地図学の知識を確認するのにも使えると思います。また,「高校の地理の教科書や地図帳に出てくる地図の現場がこうなっている」という副読本的な使い方もできると思います。このような書籍はこれまでにないので,希少価値があると考えています。

本書を読んで,読者の皆さんが「地図学の聖地」に興味を持っていただけたなら,ぜひ本書を携えて現地を訪れてみていただければ幸いです。それが,著者たちにとっての一番の喜びであります。

2017年3月,編者 松山 洋【商品解説】

目次

  • 【第1部:地図測量の聖地編】
  • 第1章  水平編〜位置を決める原点
  • 第2章  垂直編〜高さを決める原点
  • 第3章  番外編〜河川ごとに設定された基準面
  • 第4章  落ち穂拾い編〜東京湾の境界を訪ねて
  • 第5章  リベンジ編〜東関東の「聖地」めぐり+α
  • 第6章 『日本水準原点』施設公開編
  • 第7章  南アルプス編〜山頂付近の三角点・標高点 32
  • 第8章  平面直角座標系編

著者紹介

松山 洋

略歴
〈松山洋〉1965年東京都生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。博士(理学)。首都大学東京都市環境科学研究科教授。専門は水文気象学、地理情報科学。著書に「自然地理学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/08/06 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。