サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 遊牧の経済学 モンゴル国遊牧地域に見るもうひとつの「農村部門」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

遊牧の経済学 モンゴル国遊牧地域に見るもうひとつの「農村部門」
遊牧の経済学 モンゴル国遊牧地域に見るもうひとつの「農村部門」 遊牧の経済学 モンゴル国遊牧地域に見るもうひとつの「農村部門」
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2017/03/02
  • 出版社: 晃洋書房
  • サイズ:22cm/184p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7710-2862-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

遊牧の経済学 モンゴル国遊牧地域に見るもうひとつの「農村部門」

著者 湊 邦生 (著)

農耕と並ぶ生産経済でありながら、その理論的枠組みが皆無に等しかった遊牧について、モンゴル国でのフィールド・スタディの成果を中心にその生産経済メカニズムを分析。遊牧地域のた...

もっと見る

遊牧の経済学 モンゴル国遊牧地域に見るもうひとつの「農村部門」

5,616(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

農耕と並ぶ生産経済でありながら、その理論的枠組みが皆無に等しかった遊牧について、モンゴル国でのフィールド・スタディの成果を中心にその生産経済メカニズムを分析。遊牧地域のための新たな経済開発の枠組みを提供する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 序章 遊牧経済論の課題と手法
    • はじめに
    • 0.1 遊牧経済論の背景と課題
    • 0.2 「遊牧」をめぐる基本的概念の整理
    • 0.3 遊牧経済分析の手法と意義
    • 0.4 研究対象としてのモンゴル国遊牧地域
    • 0.5 モンゴル遊牧地域という空間:ソム(郡)を中心に
    • 0.6 本書の構成
  • 第1章 モンゴル経済の概観
    • はじめに

著者紹介

湊 邦生

略歴
〈湊邦生〉1975年兵庫県生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科博士後期課程修了。博士(学術)。高知大学教育研究部総合科学系地域協働教育部門准教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

モンゴル遊牧民の経済システムを考察した良書です

2017/09/08 09:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、モンゴルの遊牧民の経済システムについて研究した書です。もともと食料と水を求めて草原を彷徨い歩く遊牧民の社会に、経済システムが存在するのかという大きな疑問は誰もが思うことですが、本書は、そこを丁寧に掘り下げ、その中にある経済システムを解き明かしていきます。とても画期的な研究書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ありそうでなかった研究内容

2017/09/29 11:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月面考古学 - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭でも述べられているように、モンゴルの遊牧に関して経済学の立場から行った研究成果は、1冊の書籍としては文字通り本邦初だろう。
フィールドワークに基づいた緻密かつ的確な論考を展開しており、既存の開発経済学や農業経済学の穴を埋めてくれています。
ページ数の割に価額が高いですが、本自体の装丁が立派なので、損をしたような気分にはならないはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む