サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 演奏史譚1954/55 クラシック音楽の黄金の日日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

演奏史譚1954/55 クラシック音楽の黄金の日日
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/15
  • 出版社: アルファベータブックス
  • サイズ:19cm/422p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86598-029-5
  • 国内送料無料

紙の本

演奏史譚1954/55 クラシック音楽の黄金の日日

著者 山崎 浩太郎 (著)

ステレオ・レコード黄金時代前夜の1954年〜55年。冷戦下の欧米や共産圏を旅した音楽評論家の吉田秀和、山根銀二は何をみて、きいたのか。音楽界が最も熱かった激動の2年間を描...

もっと見る

演奏史譚1954/55 クラシック音楽の黄金の日日

3,456(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ステレオ・レコード黄金時代前夜の1954年〜55年。冷戦下の欧米や共産圏を旅した音楽評論家の吉田秀和、山根銀二は何をみて、きいたのか。音楽界が最も熱かった激動の2年間を描く。ディスク・ガイドも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

フルトヴェングラー死去、トスカニーニ引退… 19世紀生まれの巨匠たちは去り、カラヤン、バーンスタイン、マリア・カラスらが頂点に立った冷戦の最中。東西両陣営の威信をかけて音楽家たちは西へ、東へと旅をする。ステレオにより「レコード」黄金時代が到来しグールドという新世代のスターが誕生。――――その時、吉田秀和、山根銀二は何をみて、きいたのか。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第一部 一九五四年
  • 第一話 ニューヨークの吉田秀和
  • 第二話 トスカニーニの《仮面舞踏会》
  • 第三話 カラス、カラヤン、そして
  • 第四話 RCAのステレオ録音開始
  • 第五話 メキシコに死す ~クレメンス・クラウス~
  • 第六話 去りゆくマエストロ ~トスカニーニ最後の演奏会~

著者紹介

山崎 浩太郎

略歴
1963年東京生まれ。早稲田大学法学部卒。歴史物語として説く「演奏史譚」を専門とする。日本経済新聞の演奏会評、専門誌『レコード芸術』『音楽の友』『モーストリークラシック』等に寄稿。著書に『クラシック・ヒストリカル108』『名指揮者列伝』(以上アルファベータ)、『クライバーが讃え、ショルティが恐れた男』(キングインターナショナル)、共著書に『栄光のオペラ歌手を聴く!』( 音楽之友社)、訳書にジョン・カルショー『ニーベルングの指環』『レコードはまっすぐに』(以上学習研究社)がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

音楽読みもの ランキング

音楽読みもののランキングをご紹介します一覧を見る