サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

an・anの噓
an・anの噓 an・anの噓
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/22
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:19cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2915-9
  • 国内送料無料

紙の本

an・anの噓

著者 酒井 順子 (著)

『an・an』にダマされて、女は大人になる。エッセイスト酒井順子が、『an・an』創刊から2000号までの道のりを、愛をもって、ときに辛口に丁寧にたどる。江原啓之との対談...

もっと見る

an・anの噓

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『an・an』にダマされて、女は大人になる。エッセイスト酒井順子が、『an・an』創刊から2000号までの道のりを、愛をもって、ときに辛口に丁寧にたどる。江原啓之との対談も収録。『an・an』連載を加筆・修正。【「TRC MARC」の商品解説】

日本の女性誌の歴史のすべてが、ここにある!?

創刊から2000号までの45年。

アンアンが教えてくれた、
女の生き方、そのホンネや裏側に迫ります!

1970年に創刊し、2016年4月に2000号を迎えたアンアン。
その長く濃い歩みは、まさに、日本女性の生き方の変遷や、
女性誌の歴史そのものだと言えるのではないでしょうか。

幅広い年代の読者にとって、
それぞれが、それぞれの思い出をもって、
自分の青春時代と重ね合せることのできる、
稀有な存在。

時にはアンアンが提案した流行にワクワクし、
夢中になって、マネをしたり……。
もしかしたら時には踊らされ、
ダマされた(!)こともあるのかもしれません。

アンノン族から、ニュートラからスタイリストブーム、
ヌード、セックス、ダイエット、モテ、そしてスピリチュアルまで――。
雑誌の創刊から2000号までの道のりを、
エッセイスト酒井順子さんが、
愛をもって、ときに辛口で、丁寧にたどった約1年半の人気連載が、
一冊になって登場です!

巻末スペシャル対談では、
アンアンの象徴的な存在である、
スピリチュアリストの江原啓之さんが登場!
アンアン読者の悩みや欲望の変遷に迫ります。
【商品解説】

目次

  • アンアンのはじまり
  • 「裸になる」はお洒落?
  • 異性ウケより自分ウケ
  • アンノン族の旅立ち
  • アンアン流ひとり旅
  • 山頭火から結婚の旅へ
  • きれいめはアイビーから
  • リセとニュートラ
  • ニュートラに賛成? 反対?
  • ニュートラというモテファッション

著者紹介

酒井 順子

略歴
〈酒井順子〉1966年東京生まれ。エッセイスト。「負け犬の遠吠え」で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞受賞。他の著書に「中年だって生きている」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/09/06 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む