サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アート
  4. 絵画・版画
  5. アートダイバー
  6. 絵画検討会2016 記録と考察、はじめの発言

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

絵画検討会2016 記録と考察、はじめの発言
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/04
  • 出版社: アートダイバー
  • サイズ:19cm/163p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-908122-06-4
  • 国内送料無料

紙の本

絵画検討会2016 記録と考察、はじめの発言

著者 高田 マル (編著),TYM344 (ほか共著)

2016年7月に、高田マルらによって開催された「絵画検討会2016」。その展示や検討の記録と、それらに対する考察や絵画論、会期開始後に発生した出来事や、参加作家内外からの...

もっと見る

絵画検討会2016 記録と考察、はじめの発言

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2016年7月に、高田マルらによって開催された「絵画検討会2016」。その展示や検討の記録と、それらに対する考察や絵画論、会期開始後に発生した出来事や、参加作家内外からの反応を集めた一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

今、絵画を描く意味とは何か?
総勢17名の作家・批評家による最新の絵画論!

2016年夏、東京都豊島区のTURNER GALLERYにて、呼びかけ人の高田マルによって企画されたグループ展「絵画検討会2016」が開催されました。
展覧会名にあるとおり、同展は「絵画」をテーマとし、5人の作家がそれぞれの「絵画」へのアプローチを提示。会期中にはギャラリー内や出品作家のアトリエなどでトークイベントなどが行われ、多くの議論を呼びました。そこには、絵画への根強いニーズ、そして近年再び注目を集めるモダニズムへの関心などが背景にあるのでしょう。会期終了後も、美術誌へのレビュー掲載やSNS上における反響などを呼び、結果として、多くの作家、批評家を巻き込みながら展開してきました。
本書は、「絵画検討会2016」の記録誌の位置づけから、作品図版を豊富に収録(全作品リスト含む)。加えて、作家の発言を収録することにも力を入れています。「絵画検討会2016」では、展覧会のドキュメントを残すという意図から、会期中のトークのみならず、企画段階でのミーティング記録のすべてが文字化され、記録されてきました。本書では、そうした厖大な情報の中から、作家の発言を編み直し、また作家による書き下ろしを加えることで、5人の作家がどのようなスタンスで「絵画」に取り組んでいるのかを伝えます。
また、寄稿者による論考やトークや対話も読みどころのひとつです。テーマは、「絵画検討会について」「展覧会評」「絵画論」と多様で、現在の絵画を考察する意味でも必読の論考が揃いました。
現代における絵画の意味をいま一度、考え直し、深めていく「はじめての発言」として、広く読んでもらいたい1冊です。【商品解説】

目次

  • INDEX
  • はじめに
  • 作品
  • TYM344|高田マル|林香苗武|ムカイヤマ達也|本山ゆかり
  • 3階展示風景|展示作品一覧
  • 寄稿
  • Ⅰ. 絵画検討会とは?
  • Taxxaka|なぜ、私たちは「絵画」を「検討」せざるを得ないのか

収録作品一覧

TYM344 TYM344 作 8−17
高田マル 高田マル 作 18−27
林香苗武 林香苗武 作 28−37

著者紹介

高田 マル

略歴
高田マル |Maru Takada
1987年生まれ。美術作家。日本女子大学文学部卒業。2012~2014年度、美学校にて複数の講座を受講。制作を通して「描き」とは何か考えている。絵を描いたり、消したりする。主な個展に「感情確認」(KOMAGOME 1-14 cas、2015年)、「船と人」(HIGURE 17-15 cas、2015年)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

絵画・版画 ランキング

絵画・版画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む