サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか
コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るかコトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-601874-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか

著者 フィリップ・コトラー (著),鳥山 正博 (監訳・解説),大野 和基 (訳)

「近代マーケティングの父」コトラーが、日本人に向けて書いた本。デジタル革命時代のマーケティングアプローチ「マーケティング4.0」から、新しい富の行方、資本主義の未来、日本...

もっと見る

コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか

1,944(税込)

コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか

1,944 (税込)

コトラー マーケティングの未来と日本 時代に先回りする戦略をどう創るか

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「近代マーケティングの父」コトラーが、日本人に向けて書いた本。デジタル革命時代のマーケティングアプローチ「マーケティング4.0」から、新しい富の行方、資本主義の未来、日本の価値を最大化する戦略までを語り尽くす。【「TRC MARC」の商品解説】

「私は日本の大ファンだ。これは日本人の可能性を解き放つための本である」

・最新理論・マーケティング4.0とは?
・日本の価値をいかにビジネス化する?
・不透明な世界をどうやって勝ち抜く?

答えはここにある。コトラー最新作・日本独占発売。


〈本書について〉
「近代マーケティングの父」と呼ばれ、マーケティングの歴史そのものを生み出してきたノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院教授、フィリップ・コトラー。本書はそのコトラーが、日本人のために書き下ろしたものである。

そこで展開されるのは、「製品中心」のマーケティング1.0から「価値主導」のマーケティング3.0というマーケティング理論の変遷、2010年にマーケティング3.0が世に登場して以来の最新理論であるマーケティング4.0の本質だ。

さらに、ともに非営利組織の可能性をいち早く見抜いたピーター・ドラッカーとの交流から、新しい時代の富の源泉、行き詰まりが語られる資本主義の行方まで、本書はコトラーの立つ現在地のすべてを凝縮したものといえる。

そして、日本独占発売の書籍でもちろん述べられるのは、日本の他国にはない可能性と、真っ先に取り組むべき課題だ。はたして、かつての日本は何が圧倒的に凄かったのか、現代日本のどこが機能不全を起こし、それをどう克服すべきなのか。

そうした日本という国家への処方箋とともに、不透明な超長寿時代を日本人が生き抜く戦略までを、コトラーは議論する。つねに時代に先回りし、新しい価値を示してきた世界有数の知性が、マーケティングと日本の未来を余すところなく語った一書。


〈目次〉
はじめに なぜ日本向けの書籍をつくったか
第1章 経済学と経営学のあいだ――マーケティングの本質とは
第2章 マーケティング1.0から3.0へ――人間中心主義への挑戦
第3章 マーケティング4.0とは何か――デジタル革命時代のアプローチ
第4章 ドラッカーとコトラー――私たちは同じ景色を見ていた
第5章 新しい富はどこにある?――逆転する国家と都市のパワー
第6章 万人に役立つ資本主義を求めて――アメリカをモデルに思考する
第7章 日本だけがもつ価値を自覚せよ――再び「世界最強のマーケター」となれ
終章 不透明な時代の人生戦略――あなたはいま何をするべきか
おわりに 平和とマーケティング――広島で考えたこと
解説 桁違いなコトラーの「知」の容量 鳥山正博【商品解説】

目次

  • はじめに なぜ日本向けの書籍をつくったか
  • 第1章 経済学と経営学のあいだ――マーケティングの本質とは
  • 第2章 マーケティング1.0から3.0へ――人間中心主義への挑戦
  • 第3章 マーケティング4.0とは何か――デジタル革命時代のアプローチ
  • 第4章 ドラッカーとコトラー――私たちは同じ景色を見ていた
  • 第5章 新しい富はどこにある?――逆転する国家と都市のパワー
  • 第6章 万人に役立つ資本主義を求めて――アメリカをモデルに思考する
  • 第7章 日本だけがもつ価値を自覚せよ――再び「世界最強のマーケター」となれ
  • 終章 不透明な時代の人生戦略――あなたはいま何をするべきか
  • おわりに 平和とマーケティング――広島で考えたこと

著者紹介

フィリップ・コトラー

略歴
〈フィリップ・コトラー〉ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院S.C.ジョンソン&サン特別教授。マーケティングの世界的権威。多数の企業でマーケティング戦略やプランニングなどに携わる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

マーケティング全般について

2017/05/14 16:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

マーケティングとコトラーについて知りたく、読みました。現在までのマーケティングの変遷、今後の日本企業の方向性など、勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/23 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/01 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/21 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/12 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む