サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~7/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ミステリー変幻自在 ~キーワードで読むミステリー入門編~ 7/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 日本の小説・文学の通販
  5. 臨川書店の通販
  6. 日記で読む日本史 13 日記に魅入られた人々の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/02
  • 出版社: 臨川書店
  • サイズ:20cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-653-04353-9
  • 国内送料無料

紙の本

日記で読む日本史 13 日記に魅入られた人々

著者 倉本 一宏 (監修),松薗 斉 (著)

日記のもつ多面的な魅力を解き明かし、数多の日記が綴ってきた日本文化の深層に迫る。13は、「中右記」「台記」などを丹念に読み解き、時代の波に順応しながらたくましく生きた貴族...

もっと見る

日記で読む日本史 13 日記に魅入られた人々

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日記のもつ多面的な魅力を解き明かし、数多の日記が綴ってきた日本文化の深層に迫る。13は、「中右記」「台記」などを丹念に読み解き、時代の波に順応しながらたくましく生きた貴族・公家たちの姿をわかりやすく説明する。【「TRC MARC」の商品解説】

院政期から戦国時代まで――いつの時代も一生懸命生きていた人々がいて、面白い人物がたくさん蠢いていた! 栄華が過去のものになりつつある時にも、決してあきらめず前向きに、押し寄せる時代の波に順応しながらたくましく生きていた個性豊かな貴族・公家たちの姿を、中世日記研究の第一人者がわかりやすく説き明かす。


【目次】

はじめに(お断わり)

第一章 人生を仕上げた男―藤原宗忠『中右記』―
一 日記の終わり/二 出家したら日記を止めますか?/三 王朝貴族もブランドに弱い?/四 老人日記
〈コラム1〉儀式への眼差し

第二章 日記の中のジキルとハイド―藤原頼長『台記』―
一 悪左府頼長/二 陽の面/三 陰の面/四 日記に書いてよいこと、悪いこと
〈コラム2〉日記の価値

第三章 父と姉と娘と息子―藤原定家『明月記』―
一 さまざまな顔をもつ定家/二 父俊成の死/三 元気な姉様たちのこと/四 娘と息子

第四章 経光くんの恋―藤原経光『民経記』―
一 貴族は何を日記に書くのか/二 初めての日記/三 初恋日記
〈コラム3〉日記を焼く、焼かれる

第五章 やさしい宮様(中世の夫婦善哉日記)―貞成親王『看聞日記』―
一 南御方登場/二 子だくさんの貧乏宮家/三 宮家の細うで繁盛記/四 怖かったこと/五 悲しかったこと
〈コラム4〉存在しない日の日記

第六章 戦国の「渡る世間…」―三条西実隆『実隆公記』―
一 三条西実隆って誰?/二 妻と嫁のはざまに/三 忘れられないひと/四 夢を追って
〈コラム5〉売りに出された日記

第七章 言継さんの診察カルテ―山科言継『言継卿記』―
一 戦国の落とし子/二 町のお医者さん/三 内裏女房のホームドクター/四 有名人たちとの出会い

第八章 天皇様を支えます!!―戦国の禁裏女房たち『御湯殿上日記』―
一 後花園天皇の回想と思いつき/二 大す、ほれて/三 困窮する内裏/四 姉と妹、二人で内侍

参考文献/あとがき【商品解説】

目次

  • はじめに(お断わり)
  • 第一章 人生を仕上げた男―藤原宗忠『中右記』―
  • 一 日記の終わり/二 出家したら日記を止めますか?/三 王朝貴族もブランドに弱い?/四 老人日記
  • 〈コラム1〉儀式への眼差し
  • 第二章 日記の中のジキルとハイド―藤原頼長『台記』―
  • 一 悪左府頼長/二 陽の面/三 陰の面/四 日記に書いてよいこと、悪いこと
  • 〈コラム2〉日記の価値

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日々のどたばた

2021/04/29 00:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅんべぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中世の貴族たちの日々が生き生きと、想像たくましく書かれている作品で、普通に読みやすい。
貴族の日記をいざ読もうとしてもほとんどが退屈な記事なので挫折するのだが、この本を読むとまた読んでみようという気になる!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。