サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

法隆寺を支えた木 英文版
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2016.3
  • 出版社: 出版文化産業振興財団
  • サイズ:22cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-916055-59-0
  • 国内送料無料

紙の本

法隆寺を支えた木 英文版

著者 西岡 常一 (著),小原 二郎 (著),マイケル・ブレーズ (訳)

法隆寺を支えた木 英文版

税込 3,861 35pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

法隆寺を支えた木 英文版

2019/04/14 13:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:lakini - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろ、普段聞かない人たちの声で面白かったし、建築技法とか様式とかっていうより、なんとその材料である木そのものに(建築の観点から)深く着目して分析してみたりしている本で、個人的には視点がニューでした。

法隆寺の再建を受け持つ棟梁は世襲制的な感じなのか!と驚いたり。(でももう跡継ぎいないっぽぃけど)
とにかく、それら大きな神社仏閣の修復作業をしたくても、絶望的にそのサイズの木が存在しない(本来使うべき檜は、非常に成長が遅く。運百年の樹齢の木を使うので、次の改修のときにはもうないかも、とか…←でも、とにかく育てるしかないんじゃない??)とか。
昔から、よい木を求めて山を探しまくっていて、調べると、京都の周りからどんどん伐採地が遠ざかっていたり。(現代に至っては、台湾まで到達…。とにかく、大きく高品質な木がない) (運輸力の発達がそこに多大な貢献)
材木の建築上の品質が高い理由を生物学的視点から研究してみたり。(そしてその結果は、宮大工の方々が蓄積してきた知見と合致していたり。)
世界の中で木材その物の利用に愛を注ぐのは北欧と日本ぐらいのものだがそのアプローチは大きく異なるとか。(広葉樹にカラーリング・装飾を施すのが前提か、針葉樹で木肌その物を楽しむか)
硬い素材の刃物で切りすぎると、均一かもしれないが木の筋等の性質を無視したものになってしまうので実は表面が逆に汚くなるんだ、という大工さんの知見とか。(だから、わざわざ昔の鉄を材料にしてみたり)
仏像とか神社仏閣の建築材料が何の樹種だったかを調べる研究は超レアらしいんだったり。
なんとなく東アジアはみんな同じようなものなのかと思いきや、実はこんなに木材豊富なのは日本ぐらい、っていう話とか。
そんな諸々が書かれた本!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/02/26 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

建築 ランキング

建築のランキングをご紹介します建築 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。