サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 逆説の日本史 20 幕末年代史編 3 西郷隆盛と薩英戦争の謎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

逆説の日本史 20 幕末年代史編 3 西郷隆盛と薩英戦争の謎(小学館文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/06
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/444p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-406414-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

逆説の日本史 20 幕末年代史編 3 西郷隆盛と薩英戦争の謎 (小学館文庫)

著者 井沢元彦 (著)

幕府は生麦事件の責任を認めて賠償金を支払ったが、薩摩藩は賠償金どころか犯人引き渡し要求にも応じていなかった。幕府を窮地に陥れた生麦事件と薩英戦争、そして西郷隆盛の謎に迫る...

もっと見る

逆説の日本史 20 幕末年代史編 3 西郷隆盛と薩英戦争の謎 (小学館文庫)

788(税込)

逆説の日本史20 幕末年代史編3/西郷隆盛と薩英戦争の謎

788 (税込)

逆説の日本史20 幕末年代史編3/西郷隆盛と薩英戦争の謎

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幕府は生麦事件の責任を認めて賠償金を支払ったが、薩摩藩は賠償金どころか犯人引き渡し要求にも応じていなかった。幕府を窮地に陥れた生麦事件と薩英戦争、そして西郷隆盛の謎に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

覚醒した薩摩、目覚めなかった長州

世にに言う「八月十八日の政変」で京を追われた長州は失地回復を狙って出兵を行なうも、会津・薩摩連合軍の前に敗走する。この「禁門(蛤御門)の変」以降、長州と薩摩は犬猿の仲となるが、その後、坂本龍馬の仲介で「薩長同盟」が成立。やがて両藩は明治維新を成し遂げるために協力して大きな力を発揮した――。
以上はよく知られた歴史的事実であるが、じつは禁門の変以前の薩長の関係は大変良好であった。策士・久坂玄瑞の働きにより、すでに「薩長同盟」は実質的に成立していた、と言っても過言では無い状態だったのである。
では、友好だった両藩が、「八月十八日の政変」「禁門の変」へと突き進み互いに憎しみあい敵対するようになったのはなぜなのか?
そこには、兄・島津斉彬に対するコンプレックスを抱えた“バカ殿”久光を国父に戴き、生麦事件や薩英戦争を引き起こしながらも「攘夷」の無謀さに目覚めた薩摩と、“そうせい侯”毛利敬親が藩内の「小攘夷」派を抑えきれず、ついには「朝敵」の汚名を着ることにまでなってしまった長州との決定的な違いがあった。【商品解説】

目次

  • 第一章 一八六二年編 幕府を窮地に陥れた生麦事件と島津久光
  • 幕末年代史編、前巻までの時代の流れ/国父・島津久光に「地ゴロ」と言い放った西郷隆盛の思惑/倒幕派藩士を説得に向かった西郷に対して久光が「爆発」したワケ/“同志”による殺し合いになった維新史最大の惨劇「寺田屋事件」/第一次薩長同盟を潰し明治維新を遅らせた「バカ殿」/「幕府はもはや頼りにならない」ことを天下に示した文久の改革/高杉晋作を“大攘夷”に転向させた上海視察での「幻滅と軽侮」/日本人の中国観を形成した「まともな水も飲めないキタナイ国」/長井雅楽を失脚させ長州藩論を尊皇攘夷に大転換させた「黒幕」は誰?/生麦事件で攘夷浪人たちから英雄視された島津久光の「実像」/京都守護職就任の切り札となった藩祖の遺命「家訓十五箇条」/開国派一橋慶喜を「攘夷断行」に変心させた最大の理由とは?
  • 第二章 一八六三年編 “攘夷は不可能”を悟らせた薩英戦争と下関戦争
  • 坂本龍馬の「船中八策」に影響を与えた横井小楠という大人物/公使館焼き討ちは「隠れ開国派」高杉晋作による“ガス抜き”だった!?/公使館焼き討ち実行犯が数か月後に留学した“謎” /高杉のアドバイスを“無いこと”にした伊藤博文、井上馨の「ホラ話」/「正論を述べれば殺される」長州藩を見限った高杉晋作の暇乞い/高杉に突然の“東行”を決意させた長州藩の「空気」とは?/「完全なる攘夷」と「討幕」を生み出した徳川家康の「大失敗」と「小失敗」/幕府の陰謀を逆手に取った「策略の天才」清河八郎/生まじめな容保を覚醒させた「足利三代将軍木像梟首事件」の衝撃/「愛国を考えない勤皇」久坂玄瑞が仕組んだ攘夷実行のシナリオ/大まじめに「オモチャ」で列強を撃退しようとした“関門海峡の攘夷”/攘夷の無謀を悟った公家、姉小路公知を暗殺した真犯人を推理する/勝と龍馬の出会いが「日本史上の幸運」を生み出した!/旗本が武士以外からの歩兵創設に反対しなかった「驚きの理由」/“引退”していた高杉に奇兵隊創設の全権を与えた「そうせい侯」/大善戦でも薩摩藩に「攘夷不可能」を悟らせた薩英戦争の意義/「帝国陸軍不敗神話」「原発安全神話」をもたらした「長州的観念論」/下関戦争の敗因を小倉藩のせいにした長州藩の「おかしな論理」とは?/忠臣トリオに「長州の横暴を許さぬ」と意を強くさせた「朝陽丸事件」/長州の油断を衝いて会津・薩摩が仕組んだ「八月十八日の政変」/長州藩を二分した「俗論党」と「正義党」の死闘
  • 第三章 一八六四年編 沖永良部島流罪の西郷赦免で歴史は動いた!
  • 沖永良部島流罪で衰弱死寸前の西郷を救った現地役人の機転/虚無の中から西郷を立ち直らせ活路を開いた「敬天愛人」思想/「将軍家を支える雄藩連合」確立を目指した島津久光の思惑/明治維新に「貢献」した、日本史上最大の「マイナスの英雄」とは?/「殺したいほど憎い」西郷の赦免を久光が認めた理由/二・二六事件を引き起こした朱子学+神道=「天皇教」の正体/高杉晋作は、なぜ藩に無断で京に向かったのか?/「御所焼き討ち」「天皇動座」計画を阻止した池田屋事件の真相/「薩摩は中立を守る」と判断した久坂玄瑞の見通しの甘さ/「長州の乱」ではなく、「禁門の変」と呼ばれるのはなぜか?/伊藤博文、井上馨を緊急帰国させた「ロンドンタイムズ」の記事/戦争回避の必死の説得を阻んだ「逆さびょうたん」の藩風/幕府の「長州憎し」が頂点に達した「賠償金三百万ドル交渉」/対長州強硬派の西郷隆盛を変心させた勝海舟の「国家観」/「命がいくつあっても足りない」高杉晋作の長州脱出計画/俗論党復権で風前の灯となった長州「討幕の炎」

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

複雑な幕末史を交通整理

2017/04/28 13:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕末の歴史は分かり難いと思う。特に長州藩の動きが複雑である。本書は、その辺の事情を分かりやすく解説する。あつかっているのは、1862〜1864年の僅か3年間に過ぎないのだが、いずれの年も中味が濃い。特に印象深ったのは、幕末の志士に対する著者の基準である。早い段階から日本を自覚し、開国を主張してブレなかった勝海舟への高い評価は納得できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自己矛盾

2017/05/01 20:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴょん - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズには最初から「自己矛盾」がある。
文献至上主義の学者を批判したすぐ後に、著者も文献を引用して論説している。
本書でもその状況は変わっていない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/22 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小学館文庫 ランキング

小学館文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む