サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

君の膵臓をたべたい(双葉文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 469件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/27
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-51994-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

著者 住野よる (著)

偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった−。〈名前のない僕〉と〈日常のない彼女〉が織りなす物語。2017年7月公開映画の...

もっと見る

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

720(税込)

君の膵臓をたべたい

720 (税込)

君の膵臓をたべたい

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.3MB 無制限
Android EPUB 5.3MB 無制限
Win EPUB 5.3MB 無制限
Mac EPUB 5.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった−。〈名前のない僕〉と〈日常のない彼女〉が織りなす物語。2017年7月公開映画の原作。【「TRC MARC」の商品解説】

掲載中の特集

感動する本をテーマに10作品以上をラインナップしています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー469件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

独特の死生観

2017/05/25 17:10

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

明るくて活発だが余命宣告されている少女と、真逆の性格をもつ内気な少年の、限られた時間の中での運命の交錯。
少女の人生観や生命観は、生きる時間が限られていることを自覚しているからこそ湧いてくるものであり、それは読んでいる私にとっては真新しいもののように感じますが、だからといって他人事ではないという不思議な感覚に陥ります。
2人の関係性は、単なる友人とも言い難い、かといって恋人までとは言えないものであり、お互いがどのように影響し合っていくのか、その変化もとても見どころです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ネガティブ男子に贈る最高の1冊

2017/06/14 11:41

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:新素材 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分が変わらなければはじまらない。そんなことは誰でも理解している。できないだけ。だってどうやればいいかわからないから。
この物語は自分を変える。変えられるようになるおまじないが隠れていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良い!!

2017/05/31 15:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さか - この投稿者のレビュー一覧を見る

時間をかけて読みたかったけど、気づいたらあっという間に読み終えていました。
桜良の明るさに元気を貰いました。
映画化もされるみたいで楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

泣きます

2017/05/14 17:53

7人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由里 - この投稿者のレビュー一覧を見る

会話が大半をしめ、作者さんの語彙力の利口さが伺えます、凄く賢い方なんでしょうね‥

疑問点二つ、主人公の名前を最後の最後まで明かさなかったこと、春樹くん‥せめて志賀くんと女の子はなぜ呼ばなかったの
か。?くんの表現が意味不明でした笑

後、タイトルの意味が一回ざっと読んだだけでは意味不でした。膵臓を食べれば、元気になる?んだったら春樹くんは別にいらないのじゃないのか。すみません(> <)もう一回読みます。

不明点以外は泣けます。女の子がなくなったあとの、春樹くんの心情、あああああと叫ぶところ、胸を打たれます。高校生でこんな深い恋愛憧れます。

普通の中身のない恋愛でなく
大人で愛しさを教えていただける本です

ほぼ小説は読まない
21の大学生の感想でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ボーイ ミーツ ガール

2017/05/14 12:40

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JUN - この投稿者のレビュー一覧を見る

対称的な2人。名前のない(状況によって変わる)主人公。病気で余命わずかな少女。
どうやって繋がるんだろうと思ってた。軽快な少女が振り回してるだけなんじゃないかって。

でも、ちゃんと仲良くなれた。

人と関わり合うことの大切さ。人生を懸命に生きるひたむきさ。
そういうのがギュッと詰まった作品だった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかった

2017/06/29 22:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:げん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日々の無意識な所作にも、自分の意志で選んだと考えるのは素敵。自分に当てはめて考えたときに、たった一日でもたくさんの選択をしていることに気が付いた。運命に生かされるのではなく、自分の意志で生きようとする姿に感動した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お薦めです。

2017/06/27 04:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サクラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

命とか、生きるとかを考えさせられました。
最後は、帯に書かれてたように涙しました。

ただ、彼女の友達が、男の子にあんな敵意を向けるのはやり過ぎな気がします。友達思いかも知れないけど、本人が不幸に見えないのに怒る理由が私には分からなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

僕になって読んでほしい

2017/06/05 19:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アップル - この投稿者のレビュー一覧を見る

似たような小説(映画ドラマ化されてました)があったのを思い出しました。
「僕」の気持ちになって読んでみると、深く入れる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

命の大切さ

2017/07/11 12:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らび - この投稿者のレビュー一覧を見る

とて読みやすい本です。続きが気になって一気に読んでしまいました。読み終わった後、予想外の展開に唖然。
生きていく中で何が起こるか分からない。
毎日精一杯生き、命を大切に過ごしたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動

2018/08/03 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAICHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても感動しました。映画は見ていませんが、本だけでも十分想いが伝わってきます。是非一度手に取って見てください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ベスト小説

2018/03/14 13:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろば - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで読んだ小説の中でも、何も違和感を抱かないベストの小説でした。
ステキな気持ちになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

対照が良かった

2017/12/19 08:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sui - この投稿者のレビュー一覧を見る

明るく友達も多い彼女が膵臓の病気を患い、
その病気をきっかけに、基本的に一人で過ごしているクラスメイトと接するようになる。
彼女の最期をきっかけに、クラスメイトは・・・。

と、色々な対照が見て取れる本作。
命の問題もあるものの、重すぎず、良いコントラストとして描かれていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

きっと、あなたも言いたくなる

2017/11/08 17:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

くすくすと笑えるような時もあり。
ふと、寂しく感じる時もある。
今が幸せなのだと言うことに気づけず、後になってから、その時がどんなに幸せな空間だったのかを、思い出す。
主人公と自分を照らし合わせて読んでいくと、本当に……涙が、ふっと出てくる。
マジか、と思う程、何気ないところで、ふっと泣ける。その一部分だけを後で読み返しても涙は出ないのに、初めから通して読むと、本当に泣けてくる。どうしてだろう?

この小説を読んだら、あなたはつい、一度だけでも、口に出してみたくなるに違いない。

「君の膵臓を食べたい」と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんとなくなのに読み進めてしまいたい本

2017/11/07 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人で生きていけると思っている人はたくさんいると思うけど、結局人は一人では生きていけない。誰かの支えがあって、誰かの思いがあって、誰かの心があって生きているんだとわかる本です。読み終わった感想は「なんとなく」だったけど、読み始めると止まらない不思議な感覚の本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原作と映画と

2017/10/22 22:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化された小説の場合、よく問われるのは、読んでから見るか、見てから読むか、ということ。どちらの場合も体験するが、逆の方がよかった場合もある。さて、本作。どちらもよいなぁ。映画化もうまかったなぁ。という感じ。どちらにも魅力たっぷり。映画では、宣伝同様の泣かされ方をしてしまった。そして、原作。映画とは違うタッチが良くて、こちらもたっぷり感動した。ラストもそれぞれの良さがあって、どちらも泣かされた。ありがとうございます。で、原作の「草舟」。ネット上でもいろいろ言われているが、これは、スッキリしなかった。残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

双葉文庫 ランキング

双葉文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む