サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言(草思社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/04
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/427p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2266-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言 (草思社文庫)

著者 ハミルトン・フィッシュ (著),渡辺惣樹 (訳)

大統領は何がなんでも戦争をしたかった−。大戦前夜の米政権の内幕を知る政治家が自ら書き残した、現代史の相貌を根底から覆す証言。米国議会と国民を欺いて戦争を世界に拡大させたル...

もっと見る

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言 (草思社文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大統領は何がなんでも戦争をしたかった−。大戦前夜の米政権の内幕を知る政治家が自ら書き残した、現代史の相貌を根底から覆す証言。米国議会と国民を欺いて戦争を世界に拡大させたルーズベルトの責任を追及する。【「TRC MARC」の商品解説】

元共和党重鎮が、戦争反対世論をねじふせ、対日最後通牒を隠してアメリカを大戦に導いたとしてルーズベルトの責任を厳しく追及。太平洋戦史を一変させる重大証言。【商品解説】

著者紹介

ハミルトン・フィッシュ

略歴
1888-1991年。ニューヨークのオランダ系WASP(通称ニッカーボッカー)の名門に生まれる。祖父はグラント大統領政権で国務長官をつとめ、父は下院議員に選出された政治家一家。ハーバード大学卒業後、1914年、ニューヨーク州議会議員となる。第1次大戦では黒人部隊を指揮して戦う。帰還後の20年、下院議員に選出(~45年)。共和党の重鎮として、また伝統的な非干渉主義の立場から第2次大戦への参戦に反対するも、対日最後通牒(ハル・ノート)の存在を隠して対日参戦を訴えたルーズベルトに同調する議会演説を行なう。後にこれを深く後悔、戦後は一貫してルーズベルトの、ニューディール政策に代表される議会を軽視した国内政治手法とスターリンに宥和的な外交を批判し、大統領の開戦責任を追及した。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

第2次世界大戦・太平洋関連 ランキング

第2次世界大戦・太平洋関連のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む