サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言(草思社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/04
  • 出版社: 草思社
  • レーベル: 草思社文庫
  • サイズ:16cm/427p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2266-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言 (草思社文庫)

著者 ハミルトン・フィッシュ (著),渡辺惣樹 (訳)

大統領は何がなんでも戦争をしたかった−。大戦前夜の米政権の内幕を知る政治家が自ら書き残した、現代史の相貌を根底から覆す証言。米国議会と国民を欺いて戦争を世界に拡大させたル...

もっと見る

ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言 (草思社文庫)

1,080(税込)

ルーズベルトの開戦責任

1,080 (税込)

ルーズベルトの開戦責任

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大統領は何がなんでも戦争をしたかった−。大戦前夜の米政権の内幕を知る政治家が自ら書き残した、現代史の相貌を根底から覆す証言。米国議会と国民を欺いて戦争を世界に拡大させたルーズベルトの責任を追及する。【「TRC MARC」の商品解説】

元共和党重鎮が、戦争反対世論をねじふせ、対日最後通牒を隠してアメリカを大戦に導いたとしてルーズベルトの責任を厳しく追及。太平洋戦史を一変させる重大証言。【商品解説】

著者紹介

ハミルトン・フィッシュ

略歴
1888-1991年。ニューヨークのオランダ系WASP(通称ニッカーボッカー)の名門に生まれる。祖父はグラント大統領政権で国務長官をつとめ、父は下院議員に選出された政治家一家。ハーバード大学卒業後、1914年、ニューヨーク州議会議員となる。第1次大戦では黒人部隊を指揮して戦う。帰還後の20年、下院議員に選出(~45年)。共和党の重鎮として、また伝統的な非干渉主義の立場から第2次大戦への参戦に反対するも、対日最後通牒(ハル・ノート)の存在を隠して対日参戦を訴えたルーズベルトに同調する議会演説を行なう。後にこれを深く後悔、戦後は一貫してルーズベルトの、ニューディール政策に代表される議会を軽視した国内政治手法とスターリンに宥和的な外交を批判し、大統領の開戦責任を追及した。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ルーズベルト大統領の実態がわかる。

2017/09/24 10:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワインアドバイザー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルーズベルト大統領はアメリカでは立派な大統領として尊敬を集めているし、日本でも、ニューディール政策で大恐慌から立ち直らせたと歴史の教科書で学んだが、ハミルトン・フィッシュによれば、ニューディール政策は失敗だったという。ルーズベルトが真珠湾の奇襲を知っていたのに故意に知らせなかったとの言説が以前からあったが、本書を読み、「帝国の参謀:マーシャル」にも、日本軍が近々奇襲を行う可能性が高いが、場所までは特定できなかったとの認識が示されていたことと整合性が取れることがわかった。歴史上有名な、スティムソン陸軍長官やマーシャル元帥が全く通常語られている人物像とは全く異なる人物だったので大変驚いた。このような書物が1976年に米国で出版されたのに、歴史認識が変わらなかったのはなぜだろうか。戦勝国が書いた歴史が、正史として後世に伝わらないと、自分たちの拠りどころがなくなってしまうから、受け入れなかったのだろうか。最近は、米国の若者には、原爆投下を是としない考え方も増えているようなので、正しい歴史認識ができるように、日本人も鋭意努力しないといけないと、本書から強く感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する