サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. はるまで、くるる。 春の日のような、甘くて果ての見えない、悪夢と終末のハーレム

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はるまで、くるる。 春の日のような、甘くて果ての見えない、悪夢と終末のハーレム
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/18
  • 出版社: 桜雲社
  • サイズ:19cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-908290-29-9
  • 国内送料無料

紙の本

はるまで、くるる。 春の日のような、甘くて果ての見えない、悪夢と終末のハーレム

著者 渡辺 僚一 (著)

目覚めると、そこは寮舎。俺のほかには4人の女の子たちがいて、全員、記憶喪失。「3ケ月後、迎えにくる」というメモを見つけた俺たちは、自給自足の生活を始めることに…。萌えゲー...

もっと見る

はるまで、くるる。 春の日のような、甘くて果ての見えない、悪夢と終末のハーレム

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目覚めると、そこは寮舎。俺のほかには4人の女の子たちがいて、全員、記憶喪失。「3ケ月後、迎えにくる」というメモを見つけた俺たちは、自給自足の生活を始めることに…。萌えゲーの枠を超えた伝説の同名萌えゲーを小説化。【「TRC MARC」の商品解説】

萌えゲーの枠を超えた伝説の萌えゲー、完全小説化!
永遠に終わり続ける世界で、自給自足のハーレム生活を――

「この顔も、この声も、この涙も、俺は忘れる。
だけど、約束だけは覚えていられるはずだ。祈りだから。
記憶を失っても祈り続けることは、きっとできるから」

目覚めると、そこは温泉宿を思わせる寮舎。俺のほかには4人の見知らぬ女の子。全員、記憶喪失。
周囲には青い山々と美しい海……そして、空の果てまでのびる用途不明の建築物。
「3ヶ月後、迎えにくる」という謎のメモを見つけた俺たちは、誰もいないこの場所で、自給自足の生活を始めることに――。
『萌えゲーアワード』シナリオ賞受賞、驚愕の世界観で描かれる「はるくる」の衝撃と感動を、ぜひ!

イラスト:師走ほりお 笹井さじ【商品解説】

著者紹介

渡辺 僚一

略歴
渡辺僚一(わたなべ・りょういち)
ゲームシナリオライター、小説家。ゲーム「はるまで、くるる。」に続くシリーズに「なつくもゆるる」、
2016年12月に発売された最新タイトル「あきゆめくくる」(すべて、すみっこソフト)がある。
その他「蒼の彼方のフォーリズム」など多数のシナリオも手がける。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/06/05 00:23

投稿元:ブクログ

まるで自分のために書かれたかのようなストーリー、小気味のよい言い回しとキャラクターの描き方。
あ、自分のために書かれたと思ってたら途中から変わっちゃうんですけど、それ含めて気持ちよかった。

こういう展開の話にめっぽう弱いので、読めてよかった。ゲームのリメイクが出るみたいなのでやりたいですね。

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む