サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自治体経営リスクと政策再生

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/14
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-21231-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

自治体経営リスクと政策再生

著者 宮脇 淳 (編著),佐々木 央 (著),東 宣行 (著),若生 幸也 (著)

見過ごされてきた債務やリスクが自治体経営に迫る−。社会変化に伴う自治体経営のリスクを再考し、組織改革、政策・施策・事務事業の再生を実現する考え方と手法を実践的な視点で解説...

もっと見る

自治体経営リスクと政策再生

3,240(税込)

自治体経営リスクと政策再生

3,240 (税込)

自治体経営リスクと政策再生

ポイント :30pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

見過ごされてきた債務やリスクが自治体経営に迫る−。社会変化に伴う自治体経営のリスクを再考し、組織改革、政策・施策・事務事業の再生を実現する考え方と手法を実践的な視点で解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

地方自治体は少子高齢化、グローバル化、IT化への対応を迫られる一方で、
右肩上がりの時代には見過ごされてきた債務やリスクが顕在化しつつある。
本書はそうした環境にある自治体が組織を改革し、
政策・施策・事務事業の再生を実現するための道筋を提示する。
計画策定・行政評価などのPDCAサイクルの確立、
計画の実効性を高めるマネジメント、組織間の連携効果を高める情報の管理・活用、
公営事業の経営などを実践的な視点で解説。
【商品解説】

社会変化に伴う自治体経営のリスクを再考し、組織改革、政策・施策・事務事業の再生を実現する考え方と手法を実践的な視点で解説。【本の内容】

目次

  • はじめに
  • 第1章 自治体経営の進化とリスク
  • 1. 自治体経営の構造的変化
  • 2. 自治体経営の耐久力と公共政策の展開
  • 3. 活力構造の変化と自治体経営の変遷
  • 4. 自治体経営の進化を生み出す力
  • 5. 構造的対立への対応力
  • 第2章 自治体経営・1980年代以降の理論と実践

著者紹介

宮脇 淳

略歴
〈宮脇淳〉1956年東京都生まれ。日本大学法学部卒業。北海道大学法学研究科・公共政策大学院教授。著書に「財政投融資の改革」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/05/31 00:37

投稿元:ブクログ

人口減少・少子高齢化・グローバル化・情報化などの社会経済環境の変化により、自治体経営は大きな変化を迫られています。自治体を取り巻く経営環境が悪化するとともに、財政難や職員数の減少に伴い、自治体経営の現場は疲弊の度合いを強め、これまで形成された自治体経営の手法は限界に陥っています。右肩上がり時代には見過ごされてきた債務やリスクが「自治体経営リスク」として顕在化しつつあります。

バブル経済崩壊以降、地方自治体でも様々な行政改革が行われてきましたが、メリハリの乏しい削減に焦点を当てた行政改革は縮小均衡を生み出し、地域経済の状況は反転しないまま現在を迎えており、人口減少を克服する地方創生の必要性が叫ばれています。

本書はこうした環境にある地方自治体が組織を改革し、政策・施策・事務事業の進化を実現するための自治体経営進化の視点や取組方法を凝縮して提示します。計画策定・行政評価などのPDCAサイクルの確立、計画の実効性を高めるマネジメント、組織間の連携効果を高める情報の管理・活用、公営事業の経営などを実践的な視点で解説しています。

そもそも経営とは、限られた資源を有効に活用することであり、自治体経営の目的は将来世代の住民の選択肢を奪うことなく、現在の住民のニーズを満たすこと、すなわち持続性を確保することです。そのためには、地方自治体の職員を中心に、徹底的に将来のあるべき自治体像を検討し、それに向けた課題を的確にとらえた政策立案を行うことが求められています。

本書では最新の自治体経営動向を踏まえ、計画策定から行政評価・見直しなどのPDCAサイクルの進化やマネジメントのあり方を富士通総研の佐々木央(第3章)が、組織間連携に必要なモニタリングや情報備蓄を踏まえた事務事業の進化を富士通総研の若生幸也(第5章)が整理しています。また公営企業経営の進化について公営企業のあり方を制度官庁の総務省の中で検討してきた東宣行氏(第4章)が整理しています。その全体を通底する自治体経営の進化とリスクや1980年代以降の歴史的な経緯も踏まえ学術的観点から宮脇淳先生(第1章・第2章)が整理しています。

佐々木が書いた内容は、自治体経営のPDCAサイクルを考えるためのノウハウの部分まで踏み込んでその視点や方法論を整理しています。私が書いた内容は、広域連携や官民連携を別個にとらえるのではなく、一連の流れの中で情報基盤も活用しながら検討する視点や方法論を示しています。東さんが書いた内容は公営企業経営の全体像を最新の動向も含め、留意すべき視点・方法論を余すことなく整理しています。宮脇先生が書いた内容は過去からの経緯も含め、自治体経営を考える上で基盤となる思考や視点を提供してくれます。これらが1冊にまとまった自治体経営の書籍は類書に例がないと自負しています。

地方自治体の職員はもちろんのこと、地方議員や官民連携に取り組む民間事業者、自治体経営を学ぶ学生・住民など自治体経営の進化に関心を寄せる読者にとって、ともに自治体経営を進化させる一助となることを期待しています。

ちなみに個人的には、第3章→第5章→第4章→第1章→第2章とい���読み方がオススメです。書籍を陳腐化させないためにも、統計などのデータや事例紹介は最低限にしつつ、自治体経営の本質部分を描き出す良い書籍になったと思います。

日本の地方自治・行政 ランキング

日本の地方自治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む