サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. スマホを落としただけなのに

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スマホを落としただけなのに(宝島社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/06
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島社文庫
  • サイズ:16cm/403p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-7066-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 このミス大賞)

著者 志駕 晃 (著)

麻美の彼氏の富田が落としたスマホを拾った男は、ハッカーだった。画像フォルダを見た男は麻美を気に入り、SNSを駆使した狡猾な罠で麻美に迫る。一方、神奈川の山中では身元不明の...

もっと見る

スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 このミス大賞)

702(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

麻美の彼氏の富田が落としたスマホを拾った男は、ハッカーだった。画像フォルダを見た男は麻美を気に入り、SNSを駆使した狡猾な罠で麻美に迫る。一方、神奈川の山中では身元不明の女性の死体が次々と発見され…。【「TRC MARC」の商品解説】

第15回『このミステリーがすごい! 』大賞・隠し玉作品は、二転三転する恐怖のサイバーサスペンスです!

麻美の彼氏の富田がスマホを落としたことが、すべての始まりだった。
拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。
麻美を気に入った男は、麻美の人間関係を監視し始める。
セキュリティを丸裸にされた富田のスマホが、身近なSNSを介して麻美を陥れる狂気へと変わっていく。
いっぽう、神奈川の山中では身元不明の女性の死体が次々と発見され……。
【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

日常の些細なところにも恐怖が潜んでる…

2017/05/05 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルのとおり、ただ「スマホを落としただけ」だったのに…そこから、どんどん深刻な事態に巻き込まれていく女性の話。

なりすまし系、ハッカー系の小説もいくつか読みましたが、これはそれらの総集編といったところでしょうか。
本当に様々な手で、主人公の女性の秘密を暴き、孤立化させていきます。
最後の最後まで犯人の名前が出てこないところも、またコワイ…
そのために、新たに出てきた登場人物が犯人ではないのか、いやいや、もっと前から知っていた人なのかも…と、すべてが疑わしく思えたり…
恋人や友人からのメールでさえも「なりすまし」じゃないか、主人公はそんなにそのメールを信じていいのかと、読者もハラハラさせられます。

取材量もハンパじゃなく、サイバー犯罪の最新事情などもわかり、携帯を持つことが恐ろしくなりました(今はそんなことまで出来るようになってたんですね…)

最後のドンデン返しはちょっとビックリ…っ。
主人公に救いがないように見せますが、後味はそんなに悪くありません。(死体は出てきますが、スプラッタ要素もないので、そういう描写がニガテな人も大丈夫です)
携帯に依存している人、「自分は犯罪に引っかからない」と思う人は、きっと考え方がガラッと変わるかも…

ここから先、どうなるの?…と、読む手が止まらなくなる、日常に潜むスリルいっぱいの小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スマホを落とした悲劇(私はスマホを持ちません)

2017/09/16 21:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル通り、「スマホを落としただけなのに」次から次へと事件が起きて、ヒロインを窮地に陥れる。しかし、中途である程度犯人は割れますね。ヒロインがスマホで裸を撮らせていたのはどうかと思ったが、それも最後のどんでん返しで納得、してはセクハラになるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/07 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/12 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/12 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/11 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/18 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/10 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/21 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/24 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/07 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/01 18:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/23 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/12 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/27 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む