サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ヒア・カムズ・ザ・サン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒア・カムズ・ザ・サン(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/20
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/364p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745567-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ヒア・カムズ・ザ・サン (集英社文庫 東京バンドワゴン)新刊

著者 小路幸也 (著)

明治時代から続く古本屋〈東亰バンドワゴン〉を営む堀田家に幽霊騒ぎが持ち上がる。我南人がつきとめた、騒動の意外な真相とは? さらに、貴重な古文書を巡って招かざる客が来訪。そ...

もっと見る

ヒア・カムズ・ザ・サン (集英社文庫 東京バンドワゴン)

648(税込)

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン

605 (税込)

ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン

ポイント :5pt / 紙の本より43おトク

価格は予価のため、お支払額が変更となる場合がございます。

予約購入する

  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治時代から続く古本屋〈東亰バンドワゴン〉を営む堀田家に幽霊騒ぎが持ち上がる。我南人がつきとめた、騒動の意外な真相とは? さらに、貴重な古文書を巡って招かざる客が来訪。それが思わぬトラブルへと発展して…。【「TRC MARC」の商品解説】

高校受験をひかえた研人。はたして無事に彼女の芽莉衣ちゃんと同じ高校へ進学できるのか? また、我南人の「ラブタイマー」の活動があらためて活発に。愛され続けて第10弾!(解説/根岸裕子)


【商品解説】

収録作品一覧

夏 猫も杓子も八百万 25−125
秋 本に引かれて同じ舟 127−207
冬 男の美学にはないちもんめ 209−292

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2017/05/09 15:04

投稿元:ブクログ

東京バンドワゴンシリーズも10作目ですよ。お馴染みの面々が繰り広げる安定の物語という感じが強くなりましたね。読んでいて居心地がよく、いつまでもこの世界に身を置いていたいという想いに包まれます。
しかし安定が故に物足りなくなるのも事実。特にどんどん登場人物が増えるので、それぞれの人物の年月に応じたできごとを追っていくだけで物語が終わってしまう印象も強いのです。でも研人の受験の顛末は、今までの積み重ねがあったからこその感慨深さはありましたけどね。それは花陽と研人のふたりがお気に入りだからというのもあるのかも。何だかふたりを小さい頃から見てきた、近所のおじさんの心持ちなのですよ。だから花陽がバシッと決めたシーンにも拍手喝采なのです。
また最近はホームドラマ要素が強くなり(いや、はじめからそうなのですが)ミステリ部分に物足りなさも感じているのです。今回久し振りに大きな謎が動くのか! と期待したのですが、その方面はちょいと肩透かし。
物足りない部分もあれど、やはり面白く続きを楽しみにしているのです。文庫で追っているのであと2冊は確実に楽しめると喜んでいます。

2017/05/08 15:07

投稿元:ブクログ

感想はブログでどうぞ
http://takotakora.at.webry.info/201705/article_1.html

2017/04/25 17:51

投稿元:ブクログ

なんだかひとつひとつの話がアッサリとサクッと終わってしまったような感じがしないでもないけど、やっぱりこのシリーズは大好きだ。
最後の勘一のサチに伝える姿勢が良かったなー。

2017/04/23 19:00

投稿元:ブクログ

堀田家シリーズ10作目。研人も高校受験の年となり、幼かった二人も成長。ペットたちにも変化が。時の移り変わりがあるから面白くて、次の1年を早く読みたくなります。高校生になった研人は、どうなっていくんでしょうね。

2017/05/17 06:40

投稿元:ブクログ

小路幸也のヒア・カムズ・ザ・サンを読みました。
古き良き時代のホームドラマ東京バンドワゴンシリーズの10作目でした。

もともとは日常の謎をテーマにしたシリーズでしたが、各巻で登場した人たちもエピソードに顔を出して近況が説明されるので、本当にホームドラマと言った風情の物語になってきました。
マンネリ化してきているところもありますが、登場人物たちのこれからが楽しみなので、続編が文庫化されたら読んでいくことになると思います。

2017/04/25 18:52

投稿元:ブクログ

いつもどおりのサチさんの語り(^^)♪そして事件!(゜゜;)さらに我南人の「LOVEだねぇ」(*´∇`*)があり、最後は事件解決\(^o^)/の安心パターン(^-^)今回も登場人物が増えたり(^^)減ったり(T-T)しているけれど、自分の親戚よりは把握している!(^^;)花陽ちゃんの啖呵に天晴れ!(^o^)v

2017/04/27 21:45

投稿元:ブクログ

毎年、この季節に発売される定期便。東京バンドワゴンシリーズの第10作。
登場人物は少しずつ増え、皆1歳ずつ歳を取り、小さかった子どもも成長するが、お話の運びやテイストは揺るぎなく変わらず。
この大家族とそれを取り巻く人々、下町の平凡な近所付き合いに見えながら、いわくある蔵や伝説のロッカーや有名女優や作家や絵描きやIT会社の社長など、実は大層な話にするネタに事欠かずで、今回もご多分に漏れずだが、その割に落とし方やお話の中身があまり面白くない。
歳を取って人情噺に付け込まれてしまうところもありはするが、全体的に名人芸とも言えるそのマンネリ感に多少辟易。この感じが続くとすれば、このシリーズ、もういいかという感じ。

2017/05/11 07:51

投稿元:ブクログ

もう10作目となった東京バンドワゴンシリーズ
以前の事件はすっかり忘れていることの方が多いけど
なんだか、堀田家の子供たちの成長を読んでいるみたい
まあ、安定して毎年読む本なのかな

2017/05/05 22:34

投稿元:ブクログ

シリーズ10作目。第1作が出てから十年以上経つシリーズ。
一冊の中で、毎作、四季が廻るので、その中で登場人物が着実に年齢を重ねて成長して行く、大家族。シリーズ一作目では、幼稚園小学生だった子が中高生になったりと、いきなりすっ飛んで十年後ではなく、一作毎に、家族が増え、そしてまた死に行く者もいる。

このシリーズは毎回ほっこりさせられる。
禍福は糾える縄の如しなんて言うけども、そういった人生というか、日常の、人が生きていく上で誰しもが経験する浮き沈みなんかの事柄が物語なんだけども、自然とすんなり入ってくる描写。

穿った見方をすると青臭いのかもしれなけども、とても前向きで温かな作品。

今回も良かったです。

2017/04/28 09:35

投稿元:ブクログ

今年もこの季節が来た。

今回は研人が高校受験。
ついこの間中学を卒業したと思ったのにな~。
かんなちゃんも、これから楽しみだし。
紺だけじゃなく、3人で話を締めることも出てくるのかな。

2017/05/14 23:10

投稿元:ブクログ

古書店を営む家族の話。10作目。

哀しい別れもあったけど 新しい出会いと嬉しい再会があった1年。
堀田家ほどの大家族にはなれなくても 温かさは近づけるようになりたいな。

2017/05/21 19:02

投稿元:ブクログ

201704/毎回楽しみなシリーズ。一話目とか強引な話運びもあるけど、この世界はこれでいい。四季の移ろいと、歳を重ねていく登場人物達。去っていくもの新たに来たもの、まだまだこの世界にお邪魔していきたい。