サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 集団就職 高度経済成長を支えた金の卵たち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

集団就職 高度経済成長を支えた金の卵たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/21
  • 出版社: 弦書房
  • サイズ:19cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86329-151-5
  • 国内送料無料

紙の本

集団就職 高度経済成長を支えた金の卵たち

著者 澤宮 優 (著)

彼ら彼女らの存在がなければ、戦後復興、経済成長はなかった−。昭和30年代〜昭和50年代前半の〈集団就職〉という社会現象の実態を、経験者たちへの聞き書きから明らかにし、働く...

もっと見る

集団就職 高度経済成長を支えた金の卵たち

2,160(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

彼ら彼女らの存在がなければ、戦後復興、経済成長はなかった−。昭和30年代〜昭和50年代前半の〈集団就職〉という社会現象の実態を、経験者たちへの聞き書きから明らかにし、働くことの本質を問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

彼ら彼女たちの存在がなければ、戦後復興はなかった――
昭和30年前後から昭和50年代前半にかけて、〈集団就職〉という社会現象が存在した。中学卒の少年少女たちがまさに出征兵士のごとく、東北から関東方面へ、九州・四国・沖縄から京阪神・中京方面へ、企業側の求人に応じて就職していった。彼ら彼女らの存在がなければ戦後復興も経済成長もなかった。本書では、〈集団就職〉の実態を、主に西日本域出身者たちへの聞き書きにより明らかにし、現代史の中で正当に評価しようと試みた。さらに、働くことの本質を集団就職体験者たちの言葉から問い直した力作。【商品解説】

目次

  • 序 章 見送る人たち
  •     出征兵士を見送る思いだった
  • 第1章 京・阪神で働く
  •     仕送りすることだけを考えていた
  • 第2章 中京で働く
  •     強盗に初任給を奪われる/手に職を持った誇り
  • 第3章 関東で働く

著者紹介

澤宮 優

略歴
〈澤宮優〉1964年熊本県生まれ。青山学院大学史学科、早稲田大学日本文学専修卒。ノンフィクション作家。「巨人軍最強の捕手」でミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。他の著書に「昭和の仕事」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生きるために、働くしか、なかった時代。

2017/07/20 14:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今から半世紀以上も前の日本では、中学卒の労働者は多かった。
 高校進学は当然のような風潮は、まだ、それほど年数は経過していない。それこそ、今から70年余前の戦争で荒廃した日本社会では、夜間の中学に通う人すらいた時代だった。何もかも、貧しかった。しかし、たくましく働く人がいた。
 本書は中学校を卒業し、工場で働いた人々の記録である。
 それも、九州、沖縄地域に特化した集団就職者の聞き取りである。集団就職というと、どうしても東北から東京に働きに出てきた中学卒業者を思い出す。「ああ、上野駅」という流行歌が、一般的な集団就職者のイメージとなり、近年では「夕陽丘の3丁目」シリーズで顕著となった。
 しかし、関西、中部を中心に、九州各地からの集団就職者が多いことに、あらためて実態を知る。
 現在、「働き方改革」など、都市住民を中心とした労働環境のありかたが問題視される。同時に、農村部を中心にした過疎化の問題、少子高齢社会。
 目前の問題を解決するには、かつての歴史をたどることによって解決の道が見えてくる。そういった点からも、問題解決の糸口があるのではと思えてならない。
 なぜなら、本書に登場する集団就職者の姿は、日本の高度経済成長の生き証人だからだ。
 金銭、物質の充足が達成できた社会は、次に「心」の問題、「精神」という人としての「生き方」に転換する。
 さすれば、どのように移行してゆけばよいのか、示唆しているのではないか。
 金銭、物質的には恵まれなかったが、充足していた。それに向けて、頑張ったと、それぞれの方が口にする。
 今、はたして、充足感をもって働いている人はいるだろうか。
 遊びと、労働とが混在した生き方がアジアだが、現代日本は知らず、知らずに先祖がえりをしている。それに逆行するから、無理が生じているのではと、読み進みながら考えることばかりだった。
 働くとは何か。生きるとは何か。個人個人が、振り返る時代を迎えた。
 本書は、そのひとつの事例として、日本社会に問題を投げかけている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビジネスの法律 ランキング

ビジネスの法律のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む