サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

音楽と美術のあいだ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/24
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:21cm/438p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-1568-2
  • 国内送料無料

紙の本

音楽と美術のあいだ

著者 大友 良英 (著)

音楽って? 美術って? そのあいだって? 音楽と美術のあいだをめぐる、音楽家・大友良英の思索と、6人のアーティストとの対話を収録する。カラー図版も豊富に掲載。【「TRC ...

もっと見る

音楽と美術のあいだ

3,240(税込)

ポイント :30pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

音楽って? 美術って? そのあいだって? 音楽と美術のあいだをめぐる、音楽家・大友良英の思索と、6人のアーティストとの対話を収録する。カラー図版も豊富に掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

音楽と美術のあいだ 25−177
毛利悠子×大友良英 毛利悠子 述 181−218
刀根康尚×大友良英 刀根康尚 述 219−256

著者紹介

大友 良英

略歴
〈大友良英〉1959年神奈川県生まれ。音楽家。実験的な音楽からジャズやポップスの領域までその作風は多種多様。「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞ほか受賞多数。著書に「MUSICS」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/06/04 22:00

投稿元:ブクログ

2014年の坂本龍一に続き、今年の札幌国際芸術祭(SIAF)の芸術監督を務める大友良英が、この10年ほど関わりだした美術の世界について、鈴木昭男や刀根康尚のようなサウンド・アートの第一世代から、大友さん自身が強く影響を受け、美術の世界に入るきっかけを与えてくれた若手アーティストたちとの対談集等をまとめた一冊。

僕自身は、2008年に山口情報芸術センター(YCAM)で行われた「ENSEMBLES」展や、2014年にNTTインターコミュニケーションセンターで行われた「音楽と美術のあいだ」展を見る機会があったが、それまで純粋音楽家とも呼べるほどストイックに録音・ライブ活動を中心に活動してきていた大友さんが、美術の世界に興味を持つようになったのかは、よくわかっていなかった。それにしても、展示自体が素晴らしいことに変わりはなく、YCAMの広大な敷地をフルに使って様々な作品を見せてくれた「ENSEMBLES」展は、もう10年が経とうとしているが、未だに記憶に鮮明に残っている。

本書では、大友さん自身のインタビューや、6人との対談を通じて、そのあたりの背景が非常にわかったし、何よりもインスタレーションという形で”今・ここ”でしか体験できない作品群を早く体験したみたいという思いが強い。

幸い、対談している若手アーティストの作品も含めて、8月6日から開催される札幌国際芸術祭の開幕が楽しみで仕方ない。今年の夏は避暑がてら、ゆっくり札幌で過ごしたい。

最後に。2014年の札幌国際芸術祭については、住民を巻き込むようなボトムアップ型の視点が足りないから失敗した、というような物知り型の言説が流布しているようだが、「あまちゃん」やプロジェクトFUKUSHIMAでの活動などで明らかなように、「祭り」を作りそれを楽しむことを重視している大友さんであれば、そうした心配は杞憂に終わるのではないか、という点も期待しているところである。

音楽読みもの ランキング

音楽読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む