サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 横光利一とその時代 モダニズム・メディア・戦争

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

横光利一とその時代 モダニズム・メディア・戦争
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2017/04/08
  • 出版社: 和泉書院
  • サイズ:330ページ
  • ISBN:978-4-7576-0830-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

横光利一とその時代 モダニズム・メディア・戦争 (近代文学研究叢刊)新刊

著者 黒田 大河 (著)

『機械』『蠅』などの作品で知られ、川端康成とともに新感覚派を代表する作家・横光利一。本書は横光の作品研究を中心に、昭和文学史におけるモダニズムの可能性と限界を明らかにする...

もっと見る

横光利一とその時代 モダニズム・メディア・戦争 (近代文学研究叢刊)

5,184(税込)

ポイント :48pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『機械』『蠅』などの作品で知られ、川端康成とともに新感覚派を代表する作家・横光利一。本書は横光の作品研究を中心に、昭和文学史におけるモダニズムの可能性と限界を明らかにする。第Ⅰ部ではモダニズム文学を映画的認識と捉え、横光の文体、同時代作品と思潮との関わりを論じる。第Ⅱ部では『上海』『旅愁』に見られる異文化体験の意味を考察。欧州体験とアジア体験の関わりを解き明かす。第Ⅲ部では戦時メディアの可能性と功罪を論じ、横光作品がそれらを意識した上で戦中・戦後を描き得たことを明らかにした。歿後70年を迎え、横光利一の文学世界を再評価。【商品解説】

目次

  • 序論 横光利一――モダニズム文学の可能性
  • 第Ⅰ部 横光利一とモダニズムの時代
  • 第一章 モダニズムの光源――映画的認識と形式主義文学
  • 第二章 「ナポレオンと田虫」――歴史である「かのやうに」
  • 第三章 「純粋小説論」と主知主義とをめぐって
  • 第四章 「故郷」としての「関西文化圏」――「三つの記憶」から
  • 第Ⅱ部 異文化体験をめぐって
  • 第五章 『上海』試論――身体と言語をめぐって
  • 第六章 アジアへの旅愁――横光利一の〈外地〉体験
  • 第七章 作品としての『歐洲紀行』――『旅愁』への助走

著者紹介

黒田 大河

略歴
1964年大阪府出身。日本近代文学研究者(文学修士)。
同志社大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程後期課程単位取得退学。
横光利一文学会運営委員、昭和文学会幹事、日本近代文学会会員。
共著に『横光利一と関西文化圏』(2008年、松籟社)、『村上春樹と小説の現在』(2011年、和泉書院)などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)