サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

論語 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2017/03/16
  • 出版社: 明徳出版社
  • サイズ:298ページ
  • ISBN:978-4-89619-201-8
  • 国内送料無料

紙の本

論語 上

著者 宇野 哲人 (解説),宇野 精一 (編),鈴木 由次郎 (編)

往年の漢学界の第一人者・宇野哲人が、湯島聖堂構内斯文会で行った論語の全講義録。多くの人を魅了して止まない、平易卓抜な話を満載。上巻には、解説および子罕篇までを収録。【「T...

もっと見る

論語 上

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

往年の漢学界の第一人者・宇野哲人が、湯島聖堂構内斯文会で行った論語の全講義録。多くの人を魅了して止まない、平易卓抜な話を満載。上巻には、解説および子罕篇までを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/03/16 08:29

投稿元:ブクログ

宇野哲人"論語"を読む。

最後の儒者にして清国への留学経験を持つ東大漢学教授の宇野先生による論語解説。昭和42年の刊行。

高校漢文では論語=儒教=統治者の心構え、とまことに簡単な解説が付されますが、のちに老荘の学が儒教への批判として興ったとおり、老荘的隠者につながる思想も秘めております。

この観点でつまみ食いした場合の大筋は、学問をするものが衣食や住まいに心を煩わせてはならぬというもので、孔子とその高弟たちの口を借りて随所で語られます。

◯君子は食、飽かんことを求むる無く、居、安を求むる無く、事に敏にして言を慎み、有道に就いて正す。学を好むと謂ふべきのみ。(学而第一)

◯賢なるかな回や。一箪の食、一瓢の飲、陋巷に在り。人、其の憂に堪へず。回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回や。(雍也第六)

(路地裏の奥の貧乏暮らし。他の人なら悲しくてたまらないだろうに、顔回は悠然として道を楽しんでいる。実に賢なるかな。)

◯〔宇野先生コメント〕昔の学者は、やはり自分の修業ということについてそういうふうに考えたわけでしょう。「悪衣悪食を恥ずる者は与に謀るに足らず」というようなことをいわれたもの、やはりこれと関係があるようです。

◯疏食を飯(くら)ひ、水を飲み、肱を曲げて之を枕とす。楽しみも亦(また)其の中に在り。不義にして富み且つ貴きは、我に於て浮雲の如し。(述而第七)

中国思想 ランキング

中国思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む