サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 恐怖の文学(仮) エドガー・アラン・ポーとテロリズム

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恐怖の文学(仮) エドガー・アラン・ポーとテロリズム
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2017/05/25
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:188×128mm/272ページ
  • ISBN:978-4-7791-7090-4
  • 国内送料無料

紙の本

恐怖の文学(仮) エドガー・アラン・ポーとテロリズム (フィギュール彩)新刊

著者 西山 智則 (著)

「9・11」以後のテロの時代に、ポーの「恐怖の文学」を読む 本書は、テロリズムを軸に、 エドガー・アラン・ポーの「恐怖のテクスト」を 先行/後続する映画や文学作...

もっと見る

恐怖の文学(仮) エドガー・アラン・ポーとテロリズム (フィギュール彩)

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「9・11」以後のテロの時代に、ポーの「恐怖の文学」を読む

本書は、テロリズムを軸に、
エドガー・アラン・ポーの「恐怖のテクスト」を
先行/後続する映画や文学作品という「縦糸」、
同時代の文化や事件などの「横糸」という
「インターテクスト性」から読み解こうとする
文化研究である。

商業作家ポーは本を売るために多彩な戦略を練りあげ
手段を選ばなかったが、文学研究者はもちろん
一般の読者にも著者の声が届くように、
ポーが煽情性を煽ったように不気味な図版を散りばめ、
専門性を避けて読みやすい一冊になっている。

そう、本書は、サブカルチャーとポーを
「ハイブリッド」に混ぜて論じてゆく。
サブカルチャーで「偽装」し、
サブカルチャーに「寄生」したポー論でもある。【商品解説】

目次

  • まえがき 恐怖の世紀にようこそ
  • 序論 われらの同時代人エドガー・アラン・ポー
  • ――恐怖と向きあうために
  • 1. 盗まれたポー――現在ポーはどこに(でも)いる!?
  • 2.一九世紀のボーイズ・ラブ
  • ――ポーの一族としての探偵たち

著者紹介

西山 智則

略歴
にしやま・とものり
埼玉学園大学人間学部教授。
関西学院大学大学院博士課程単位取得退学。
専門は、ポーを中心とするアメリカ小説、映画。
主著に
『恐怖の君臨——疫病・テロ・畸形のアメリカ映画』
(森話社、2013年)、
『パンデミック〈病〉の文化史』
(人間と歴史社、2014年、共著)、
『恐怖の表象——映画/文学における〈竜殺し〉の文化史』
(彩流社、2016年)など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)