サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. 出版の境界に生きる 私の歩んだ戦後と出版の七〇年史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

出版の境界に生きる 私の歩んだ戦後と出版の七〇年史
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/21
  • 出版社: 太田出版
  • サイズ:20cm/256p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7783-1569-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

出版の境界に生きる 私の歩んだ戦後と出版の七〇年史 (出版人・知的所有権叢書)

著者 宮田昇 (著)

編集者、児童文学作家、翻訳権エージェント、著作権コンサルタントとして歩んだ著者による、個人史としての出版史。日本ユニ著作権センター会誌『JUCC通信』掲載をもとに書籍化。...

もっと見る

出版の境界に生きる 私の歩んだ戦後と出版の七〇年史 (出版人・知的所有権叢書)

2,808(税込)

出版の境界に生きる 私の歩んだ戦後と出版の七〇年史

2,808 (税込)

出版の境界に生きる 私の歩んだ戦後と出版の七〇年史

ポイント :26pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

編集者、児童文学作家、翻訳権エージェント、著作権コンサルタントとして歩んだ著者による、個人史としての出版史。日本ユニ著作権センター会誌『JUCC通信』掲載をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

“本を生み出す”という目的のために、様々な障壁をもろともせず、現在へとつながる道を切り拓いた人々がいた──。
編集者、児童文学作家、翻訳権エージェント、そして著作権コンサルタントとして歩んだ著者による、個人史としての出版史。多くの出版界の出来事に直接間接に関わってきた著者だからこそ書けた「そのとき何が起きたのか?」。
出版大変革の今だからこそ見つめ直すべき、戦後出版の姿。
受け継がれるべき出版人の遺伝子。
ここには、転機を迎えた出版界へのヒントが数多くある。

【目次】
Ⅰ 私の歩んだ戦後と出版の七〇年史
翻訳編集者前夜──昭和二〇年代前半
終戦直後の出版界/翻訳出版社へ舵を切った早川書房/「近代文学」同人との出会い/親身になってくれた三人/徒弟修業を積んだ南雲堂
早川書房編集者時代──昭和二〇年代後半
無からの出発/評論の発表の場を作る試み/[ポケット・ミステリ]の誕生/翻訳出版の正常化のために
チャールズ・E・タトル商会版権部時代──昭和三〇年代
立ちはだかる牙城/人と企画をつなぐ/フォルスターの撤退/日本側の編集者の視点に寄り添い、尊重する/アメリカは著作権先進国ではない/継続して出版すること/出版労協の中執として/矢野著作権事務所の経営危機
日本ユニ・エージェンシー時代──昭和四〇年代後半~六〇年代
コ・パブ(共同印刷)の成功/エージェント業の理想と現実/アドバンスの高騰/生みの苦しみ、忘れられない言葉/ミニプロ・ミニセールが出版の原点/幻の「神戸ブックフェア」/翻訳超輸出大国だった日本
日本ユニ著作権センターの創立と、出版の未来──平成三年~
著作権の知識を広めるための相談所/新たな知識が、新たな企画を生む
Ⅱ 翻訳エージェントという仕事
Ⅲ 遠いアメリカの出版界
Ⅳ 回想 豊田きいち──出版者の権利
Ⅴ 公立図書館のさらなる普及・充実のために【講演】
解説 北村行夫(虎ノ門総合法律事務所所長)
【本の内容】

著者紹介

宮田昇

略歴
〈宮田昇〉1928年生まれ。編集者、翻訳権エージェント、著作権コンサルタント、児童文学作家。「翻訳権の戦後史」で第21回日本出版学会賞、第23回著作権功労賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

出版・編集 ランキング

出版・編集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む