サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 講談社
  6. 探偵が早すぎる 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

探偵が早すぎる 上
探偵が早すぎる 上 探偵が早すぎる 上

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/18
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:15cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-294071-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

探偵が早すぎる 上 (講談社タイガ)

著者 井上真偽 (著)

莫大な遺産を相続した女子高生の一華。一族は遺産狙いで、彼女を殺害しようと試みる。唯一信頼している使用人の橋田が、彼女を救うために雇った探偵は、事件が起こる前に犯人(未遂)...

もっと見る

探偵が早すぎる 上 (講談社タイガ)

745(税込)

探偵が早すぎる (上)

745 (税込)

探偵が早すぎる (上)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

莫大な遺産を相続した女子高生の一華。一族は遺産狙いで、彼女を殺害しようと試みる。唯一信頼している使用人の橋田が、彼女を救うために雇った探偵は、事件が起こる前に犯人(未遂)を特定して…!?【「TRC MARC」の商品解説】

『その可能性はすでに考えた』の著者が仕掛ける究極の逆転劇!

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。
それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵! 完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?
史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!【商品解説】

犯行計画を立てただけなのに、どこからともなく名探偵がやってきた?殺人者は、完璧な犯罪計画を立てた……はずだった。【本の内容】

著者紹介

井上真偽

略歴
【井上真偽(いのうえ・まぎ)】
東京大学卒業。神奈川県出身。『恋と禁忌の述語論理』で第51回メフィスト賞を受賞。
第2作目の『その可能性はすでに考えた』が、恩田陸氏、麻耶雄嵩氏、辻真先氏、評論家諸氏などから大絶賛を受ける。同作は、2016年度第16回本格ミステリ大賞候補に選ばれている他、「2016本格ミステリ・ベスト10」「ミステリが読みたい! 2016年版」「このミステリーがすごい! 2016年版」「週刊文春ミステリーベスト10」「読者に勧める黄金の本格ミステリー」「キノベス! 2016」などにランクインし、ミステリ界から高い評価を獲得する。続編の『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』にて、再び各種のランキングを席巻し、「2017本格ミステリ・ベスト10」第1位となる。同書は2017年度第17回本格ミステリ大賞候補に。
また、同年「言の葉の子ら」が第70回日本推理作家協会賞短編部門の候補作に選ばれる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

「人を殺させない」探偵と「いつも蚊帳の外」な被害者

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

女子高生の十川一華は、父の莫大な遺産を相続したことで、一族から命を狙われ始める。そんな一華を守るため、使用人である橋田が雇ったのは、「事件を未然に防ぐ」探偵。アレルギーを使った殺人、毒蜘蛛を使った殺人、子供を使った殺人は、なぜ計画段階で暴かれてしまったのか!?

講談社ノベルス刊「その可能性はすでに考えた」で、多くの作家や評論家から絶賛された新進気鋭のミステリ作家・井上真偽の文庫初登場となる書下ろし作品。著者特有の「探偵」という存在へのアンチテーゼは今作でも健在で、同時にロジカルで軽妙な倒叙ミステリとしても楽しめます。

構成としては、計画を練って実行に移す犯人たちの視点を主に描写していく、典型的な倒叙ミステリ。しかし展開は一般的な倒叙ミステリとは大きく異なり、犯罪の計画段階・実行段階のほんの些細なミスから、未然に事件を防がれていきます。小さな穴を大きく広げていく論理展開が実に小気味よく、さらには「仕返し」まで行う勧善懲悪な展開には爽快感があります。

一華の命を狙う一族の面々や、その一族からの依頼で殺人計画を練る者、殺人を実行する者など、犯人側だけでも多彩な登場人物の加え、「トリック返し」の異名を持つ探偵や、謎多き使用人である橋田など、個性の強い人物たちの中で逆に光るのが、主人公である十川一華。倒叙作品である上に、そもそも事件が未然に防がれてしまい、一華本人は命を狙われていたことにも気づかず、だいたい蚊帳の外。しかも大金持ちであるにも関わらず、おつりの500円を募金するかくじ引きに使うかで悩むなど、作品中でほぼ唯一の良心的かつ真っ当な感性の持ち主であり(他の人物は良心的ではないか真っ当な感性ではない)、読者からの共感を得やすい人物として描かれています。

たまには変わったミステリを読みたい方や、倒叙ミステリが好きな方にはお勧めできる作品ですので、気になった方は是非ご一読ください。

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/12/19 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/09 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/07 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/25 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/18 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/22 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/30 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/24 06:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/31 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/19 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/26 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/06 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/13 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/06 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/14 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る