サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アウトサイドで生きている
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/25
  • 出版社: タバブックス
  • サイズ:19cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-907053-18-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アウトサイドで生きている

著者 櫛野 展正 (著)

話題の自撮りおばあちゃん、武装ラブライバー、昆虫の死骸で観音像をつくった男、仮面だらけの謎の館、草を刈り続ける路上生活者…。18人の表現者たちの豊かな生きざまを追う。『美...

もっと見る

アウトサイドで生きている

1,944(税込)

アウトサイドで生きている

1,620 (税込)

アウトサイドで生きている

ポイント :15pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

話題の自撮りおばあちゃん、武装ラブライバー、昆虫の死骸で観音像をつくった男、仮面だらけの謎の館、草を刈り続ける路上生活者…。18人の表現者たちの豊かな生きざまを追う。『美術手帖』他掲載に書き下ろしを加え書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

日本唯一のアウトサイダー・キュレーターが伴走する 街の表現者たち。驚異のアートと人生の記録 !!
話題の自撮りおばあちゃん、武装ラブライバー、昆虫の死骸で観音像をつくった男、仮面だらけの謎の館、雑草を刈りアートにする路上生活者、食べたものを記録し続ける男......18 人の表現者たちの豊かな生きざまを追う!【商品解説】

目次

  • はじめに
  • クイーン・オブ・セルフィー 西本喜美子
  • 妄想キングダム 遠藤文裕
  • 隠密ツーリスト 熊澤直子(忍者ぶきみ丸)
  • 怪獣ガラパゴス天国 八木志基
  • 昆虫メモリアル 稲村米治
  • ラーテルになりたい  ラーテルさん(あなぐまハチロー)
  • ドローイングディズ  辻修平
  • 路上の果て  爆弾さん
  • お水のカラクリ道  城田貞夫

著者紹介

櫛野 展正

略歴
〈櫛野展正〉1976年生まれ。アウトサイダー・キュレーター。「鞆の津ミュージアム」でキュレーターを担当。アウトサイダー・アート専門ギャラリー「クシノテラス」オープンのため独立。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ぜひ読んで欲しい。特に、自称インサイダー、自称アウトサイダーの皆さま。

2017/05/01 13:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:B&C_masa - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読みながら、分岐点はあったんだと思い出す。西本喜美子さんの写真を見ながら、自分の水疱瘡のブツブツ顔を写真に撮ればアートになるんじゃないかと思って、結局撮らなかったこと。小林伸一さんの壁画を見て、鬱々としていた学生時代に自分探しをしながら、完全に独自なイラストが描けないかとグネグネしたペイズリー柄のような派手なイラストを描いたのに、人になんか見せられたもんじゃないとそのまま奥にしまったこと。
 結局評価されたかっただけで、創作意欲なんか大してなかったんだと思う。僕がひと時の妄想や思いつきで続けられなかったことを、誰のためでもない創作への意志として持続しているアーティスト達が羨ましい

 読みながら羨ましく思う反面、変わり者だからとレッテル貼って安堵したい自分も感じる。村上隆「芸術家起業論」のような、メインの西洋美術史の文脈を前提として売れる戦略立てるやり方を、大人なやり方よと腹に落とそうとする自分もいたりする。
 この本を1944円出して買っている時点で、本書で紹介されるアーティスト達にとって僕は外の人、本書で花房さんが解説しているが図式で言えば、中間領域であるクシノテラスのさらに外から眺めているんじゃないか。読み進めていくほどに、アウトサイダー・アーティスト達と僕との境界を意識してしまう。

 だから「おわりに」の締めの一節が優しく思えた。
「要するに、狂人だから制作しているわけではない。正気を守って置くために作り続けているのだ。言い換えれば、誰もがアウトサイダー・アーティストになる可能性を秘めている。そう、みんなアウトサイドで生きているのだ。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/30 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/01 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

サブカルチャー ランキング

サブカルチャーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む