サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夫・車谷長吉
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/12
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390647-8
  • 国内送料無料

紙の本

夫・車谷長吉

著者 高橋順子 (著)

この世のみちづれとなって−。11通の絵手紙をもらったのが最初だった。直木賞受賞、強迫神経症、お遍路、不意の死別。異色の私小説作家・車谷長吉を支えぬいた、妻であり詩人・高橋...

もっと見る

夫・車谷長吉

1,728(税込)

夫・車谷長吉

1,300 (税込)

夫・車谷長吉

ポイント :12pt / 紙の本より428おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この世のみちづれとなって−。11通の絵手紙をもらったのが最初だった。直木賞受賞、強迫神経症、お遍路、不意の死別。異色の私小説作家・車谷長吉を支えぬいた、妻であり詩人・高橋順子による回想。【「TRC MARC」の商品解説】

この世のみちづれとなって――

十一通の絵手紙をもらったのが最初だった。
直木賞受賞、強迫神経症、お遍路、不意の死別。
異色の私小説作家を支えぬいた詩人の回想。


【本文より】

長吉は二階の書斎で原稿を書き上げると、それを両手にもって階段を降りてきた。
「順子さん、原稿読んでください」とうれしそうな声をだして私の書斎をのぞく。
私は何をしていても手をやすめて、立ち上がる。食卓に新聞紙を敷き、
その上にワープロのインキの匂いのする原稿を載せて、読ませてもらう。
(中略)
それは私たちのいちばん大切な時間になった。原稿が汚れないように
新聞紙を敷くことも、二十年来変わらなかった。相手が読んでいる間中、
かしこまって側にいるのだった。緊張して、うれしく、怖いような
生の時間だった。いまは至福の時間だったといえる。 (本文より)【商品解説】

著者紹介

高橋順子

略歴
〈高橋順子〉1944年千葉県生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。青土社などの出版社に勤務。書肆とい主宰を務めた。「時の雨」で読売文学賞、「海へ」で藤村記念歴程賞と三好達治賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

毒虫に魅入られた女

2017/07/19 10:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くらまま - この投稿者のレビュー一覧を見る

車谷の作品をいくつか読んで、この人はどういう人なのかと興味があった。そして、ぶっ飛んだ回答(本人はいたって真面目だったらしいが)の新聞の人生相談に時々出てくる「ヨメはん」の存在。私小説作家という性質上、敵を作るのは致し方ない所があるとしても、つくづく世渡りの下手な人だったのだと思う。後半、どんどん生きる気力を失っていく車谷は、著者が詩人であることも大きいと思うが、客観的で冷静な描写の散文が逆にせつない。どうして早く書くのをやめてしまったのか、どうして毒虫たることをやめてしまったのか。もっと読みたかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに文学に命を賭けたような生涯であった

2017/10/04 13:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは車谷長吉の奥さんである高橋順子氏が書いた夫の評伝である。文学の鬼のような車谷長吉の凄まじい生涯が描かれている。しかし、車谷長吉の小説やエッセイなどを読んで想像していたよりも凄い生涯であった。まさに文学に命を賭けたような生涯であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/30 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/16 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/11 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/18 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 08:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む