サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 希望について 三木清『人生論ノート』を読む 続

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

希望について 三木清『人生論ノート』を読む 続
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/13
  • 出版社: 白澤社
  • サイズ:19cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7684-7965-0
  • 国内送料無料

紙の本

希望について 三木清『人生論ノート』を読む 続

著者 岸見 一郎 (著)

ギリシア哲学とアドラー心理学の専門家が昭和の名著を読み解いた「三木清「人生論ノート」を読む」の続編。懐疑、習慣、瞑想と感傷、利己主義、健康、秩序といったテーマについて、希...

もっと見る

希望について 三木清『人生論ノート』を読む 続

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ギリシア哲学とアドラー心理学の専門家が昭和の名著を読み解いた「三木清「人生論ノート」を読む」の続編。懐疑、習慣、瞑想と感傷、利己主義、健康、秩序といったテーマについて、希望をキーワードに味わう。【「TRC MARC」の商品解説】

日中戦争が拡大を続ける1938年6月から日米戦争が始まる直前の1941年11月まで『文学界』誌に連載された三木清『人生論ノート』は、戦後、再刊されるやベストセラーとなり、今日に至るまで息長く読み継がれてきた。本書は、この昭和の名著を、ギリシア哲学とアドラー心理学を専門とする著者が読み解いた『三木清『人生論ノート』を読む』の待望の続編。懐疑、習慣、瞑想と感傷、利己主義、健康、秩序、仮説、旅、偽善、娯楽といったテーマについて、希望をキーワードに深く味わう。
今年2017年は、三木清生誕120周年にあたり、4月放映のNHK・Eテレ「100分de名著」で『人生論ノート』が、本書著者・岸見一郎氏の解説で取り上げられる。【商品解説】

目次

  • 序──希望の人、三木清 1 知性の自由──「懐疑について」を読む 2 自由と束縛──「習慣について」を読む 3 精神の休日──「瞑想について」「感傷について」を読む 4 不安と噂──「噂について」を読む 5 幸福と利己主義──「利己主義について」を読む 6 健康は各自のもの──「健康について」を読む 7 心の秩序と深い智慧──「秩序について」を読む 8 思想と仮説──「仮説について」を読む 9 旅と自由──「旅について」を読む 10 偽善と虚栄──「偽善について」を読む 11 生活を楽しむ──「娯楽について」を読む 12 人生は希望──「希望について」を読む

著者紹介

岸見 一郎

略歴
〈岸見一郎〉1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。京都聖カタリナ高校看護専攻科(心理学)非常勤講師。著書に「嫌われる勇気」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人生論ノートの面白さ

2017/04/20 16:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きちよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年(2017年)は三木清120周年だそうで、NHK・Eテレ「100分de名著」で三木清『人生論ノート』が取り上げられていました。その番組での解説者・岸見一郎氏が書かれている本です。
人生論というと分かりやすいような気がしますが、『人生論ノート』は抽象的な表現が多く、段落ごとに一つの話がつながっていくというより、どんどん展開していくので、実際のところ、いま人生に悩んでいる人に、「希望を持つにはどうしたらいいか」というような、直ぐに役に立つということはないかもしれません。その代わり、書かれた真意を探っていく楽しみがあります。
岸見氏がEテレで話しておられましたが、この人生論の難しさは、戦時下の言論統制下で書き続けた三木の工夫の賜物でもあったということです。
この本では、岸見氏が気になる断章を取り上げて、抽象的な話を具体的な例などを交えて解説をしているので、分かりやすくなっています。また当時のほかの三木の著作から関連する文章も参照することができるようになっているのも面白いです。
読む人の有り様によって、その時々で、人それぞれに書かれた事柄の解釈が異なってくる、それも人生論ノートの面白さだと思うのですが、岸見氏の解釈もその一つとして読むとまた面白いのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本思想 ランキング

日本思想のランキングをご紹介します一覧を見る