サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ジャナ研の憂鬱な事件簿 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ジャナ研の憂鬱な事件簿 1(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2017/05/18
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/309p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451679-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ジャナ研の憂鬱な事件簿 1 (ガガガ文庫)

著者 酒井田 寛太郎 (著)

【小学館ライトノベル大賞優秀賞(第11回)】部員1名だけのジャーナリズム研究会(通称「ジャナ研」)に所属する工藤啓介は、学内で評判の美人でお嬢様の先輩・白鳥真冬と出会うこ...

もっと見る

ジャナ研の憂鬱な事件簿 1 (ガガガ文庫)

660(税込)

ジャナ研の憂鬱な事件簿

659 (税込)

ジャナ研の憂鬱な事件簿

ポイント :6pt / 紙の本より1おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小学館ライトノベル大賞優秀賞(第11回)】部員1名だけのジャーナリズム研究会(通称「ジャナ研」)に所属する工藤啓介は、学内で評判の美人でお嬢様の先輩・白鳥真冬と出会うことによって、次々と事件やトラブルに巻き込まれていくことに…。【「TRC MARC」の商品解説】

新鋭作家が織りなす日常系ミステリー!

海新高校2年生の工藤啓介は、他人との接触をできるだけ断つために、部員が啓介一人しかいないジャーナリズム研究会に属している。中学時代からの親友である大地と良太郎とだけと親交を保ち、余計なトラブルに巻き込まれないように平穏な学園生活を送ろうとしているのだ。ある日、学内でも評判の美人の先輩白鳥真冬と関わり合ってしまったことによって、少しずつ学内の事件やトラブルに巻き込まれていくことになっていく。
高校生活の中で起きるちょっとした事件を次々と解決していくことになっていく啓介。真冬もまた、その完璧さ故に学内でも疎外感を感じていたのだが、啓介たちと触れあうことで少しずつ本来の自分を取り戻していく……。

第11回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞のフレッシュな日常系ミステリーを、人気イラストレーターの白身魚が鮮やかなイラストで彩ります!
【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「わたし、気になります!」じゃなくて「もやもやします!」

2017/05/18 22:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

第11回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。
ジャーナリズム研究会に属する工藤が美人先輩と知り合うことから始まる学園日常系ミステリー。4つの物語で構成されている連作短編集。

主人公は過去の失敗から他人の事情に踏み込むことを避けがちだし、元モデルでお嬢様な真冬はえると違い、無邪気さに欠け、どことなく影がありキャラの方向性は大きく違うが、作品の雰囲気的には古典部シリーズに通ずるところがある。
だからといってキャラに魅力がないわけではなく、真冬がチャーシュー丼をエクセレントと表現するところ等は実にイイ。

興味本位で事件に関わっていくのではなく理由があり関わっていく展開も好感が持てる。
最近はオタク系主人公が幅を利かせているため、こういった主人公たちは却って新鮮に感じられ、青春の甘酸っぱさとほろ苦さを堪能できる。
ラノベとして見るとパンチが足りない面はあるが、一般小説ちっくなこういった落ち着いた作風の作品も偶にはいいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/19 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/20 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む