サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/08
  • 出版社: 経済界
  • サイズ:19cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7667-8612-5
  • 国内送料無料

紙の本

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

著者 イゲット千恵子 (著)

ハワイの教育は「優秀な経営者をつくる教育」。ハワイで出産・起業し、今も現地で活躍する著者が、ハワイの子どもたちが受けている最先端の経営者教育をまとめ、日本にいながらハワイ...

もっと見る

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハワイの教育は「優秀な経営者をつくる教育」。ハワイで出産・起業し、今も現地で活躍する著者が、ハワイの子どもたちが受けている最先端の経営者教育をまとめ、日本にいながらハワイ思考をトレーニングする方法も紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

イゲット千恵子

略歴
〈イゲット千恵子〉ハワイ教育移住コンサルタント。ハワイ在住。敏感肌専門のエステサロン「グリーンスパハワイ」、スクール、化粧品会社、コンサルティングなどの事業を経営。海外ママ起業家として講演も行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/05/05 10:19

投稿元:ブクログ

親は学費を払いながら、子どもだけでなく、自分の将来にも投資している感覚です。

じつはアルファベットは26個しかないので、「フォニックス」というアルファベットの読み方のルールさえ理解できたら、どんな言葉でも正しく発音できるのです。

何かあったときに、自分の価値観だけで物事を判断してないか、「本当にそうかな?」と考えたり、確かめたりという思考的な訓練も小さな頃からしているのです。

ADHDやアスペルガーは与えられたギフト
→EX.スティーブ・ジョブス
それを可能にするのは、障がいを天才に導く教育があったからだと思います。

自分の夢を叶えるまでにいくらかかると思う?
→高校の4年間で将来のビジョンをしっかり考え、子ども自身で人生をプランニングすることを学ぶのです。

「お金がないから何もできない」というのは、怠慢な言い訳にしか聞こえないのです。

精神の強さもエリートの条件
→ アメリカでは、子どもが泣いてダダをこねたら、まず泣きやんでから親との交渉ができることを教えます。これを「タイムアウト」といい、泣きやむまでは要望すら出せないと分からせるのです。

小さい頃から、相手を納得させる理由を説明し、相手に快く協力してもらうという、社会に出て必要なスキルを学んでいます。

アジアのお母さん・・・物事の過程とか、なぜこういうことをしているのかという根本的な動機を評価せず成績がいい、合格できたなど、分かりやすい数字で子どもを評価しがち。

しつけ・家庭教育 ランキング

しつけ・家庭教育のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む