サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 映画評論・入門! 観る、読む、書く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

映画評論・入門! 観る、読む、書く
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/10
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8003-1248-8
  • 国内送料無料

紙の本

映画評論・入門! 観る、読む、書く (映画秘宝セレクション)

著者 モルモット吉田 (著)

映画評論が社会に影響を与えた事例も見ながら、映画評論の可能性を考察する。「七人の侍」「ゴジラ」など、名作の数々について書かれた映画評論を再検証した「リアルタイム映画評論R...

もっと見る

映画評論・入門! 観る、読む、書く (映画秘宝セレクション)

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

映画評論が社会に影響を与えた事例も見ながら、映画評論の可能性を考察する。「七人の侍」「ゴジラ」など、名作の数々について書かれた映画評論を再検証した「リアルタイム映画評論REMIX」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

モルモット吉田

略歴
〈モルモット吉田〉1978年生まれ。映画評論家。『映画秘宝』『キネマ旬報』『シナリオ』等に執筆。共著に「園子温映画全研究」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

映画評論家、がんばる

2017/07/08 07:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画評論家といえばなんといっても淀川長治さんの名前が浮かぶ。
 そして、淀川さんに飽き足らずに佐藤忠男さんとか山田宏一さんといった評論家の評価にはいっていくのは、雑誌「スクリーン」から「キネマ旬報」に至る、映画ファン成長の構図のようなものに近い。
 「キネマ旬報」は日本の映画雑誌で屈指の歴史を誇っているし、そのベストテンは今でも権威ある賞として位置づけられている。
 そのベストテンに票を投じるのがほとんどの場合、映画評論家もしくは映画記者だ。
 当然彼らは多くの作品を観ているが、日本映画と洋画があるから、どちらも同じように観ている人もいれば、どちらかに特化していることもある。

 本書の著者であるモルモット吉田さんは略歴を読むと1978年生まれの映画評論家とある。雑誌「シナリオ」などにも映画評論を執筆しているから、どちらかといえば日本映画の方が得意なのかもしれない。
 名前で人を判断してはいけないが、果たしてどんな「映画評論」の入門書を書いたのか気になったが、これが予想以上によかった。
 特に過去の事例を紹介することで(「映画監督VS映画評論家」「ベストテンとは何か」といった章立て)映画評論のあるべき姿を示してくれている。

 それで、「映画評論を書く」という章を読むと、映画評論とは単に映画を観てどうのこうのではないことがよくわかる。つまり、感想と評論は違う。
 映画は観客を饒舌にする表現方法であることは、間近でもよく見かける現象だが、まずは一呼吸おいて、冷静に語ることも大切なのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時とともに見た人の星マークがその映画の評価である

2017/08/06 07:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画の評論って何だろうか、多くのコンテンツの映画レビューによく星マークなんかが付いていて、見る前に見た人の評価が気になる場合は参考にする。しかし、一般的にその下に記載されている見た人の感想がまちまちで戸惑うことも少なくない。しかし、見た後に結局、星の数に納得している自分がいる。
人の評論はあてにならないが、時とともに見た人の星マークがその映画の評価であるということが本書では分かる。

本書で紹介されている北野武の映画を巡る当時の批評や本人の反論など、その後の事情を知る今だからこそ読んでみて興味深い。
日活ロマンポルノも、当時の評論家といわれるお偉いさんには散々な評価であったが、見た人の支持は高かった。そもそも、お偉い評論家の方々は見ていない人もいた。
仁義なき戦い、2001年宇宙への旅や七人の侍など現在評価が確立しているいわゆる名作が公開当時どのような評価を受けたかを当時の様々な批評から探っているのも面白い。

また、市川崑による東京オリンピックの記録映画が資金を出した政府側から文句がついて監督が窮地に陥った時、雑誌の言論の力で助け舟を出したのが高峰秀子だったということ。その文章のべらんめえ調のエッセイや、雑誌の力を借りて政府の担当大臣と直談判に持ち込んでしまうエピソードが面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/27 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/21 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/11 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/10 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

映画 ランキング

映画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む