サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. あなたは、誰かの大切な人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あなたは、誰かの大切な人(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/05/16
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293660-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)新刊

著者 原田マハ (著)

母が亡くなった。だが、告別式に父の姿はない。父は色男な以外はまったくの能無し。典型的な“髪結いの亭主”だった…。「最後の伝言」など、6つの小さな幸福を描いた小説集。【「T...

もっと見る

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

626(税込)

あなたは、誰かの大切な人

626 (税込)

あなたは、誰かの大切な人

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母が亡くなった。だが、告別式に父の姿はない。父は色男な以外はまったくの能無し。典型的な“髪結いの亭主”だった…。「最後の伝言」など、6つの小さな幸福を描いた小説集。【「TRC MARC」の商品解説】

勤務先の美術館に宅配便が届く。差出人はひと月前、孤独のうちに他界した父。つまらない人間と妻には疎まれても、娘の進路を密かに理解していた父の最後のメッセージとは……(「無用の人」)。歳を重ねて寂しさと不安を感じる独身女性が、かけがえのない人に気が付いたときの温かい気持ちを描く珠玉の六編。

文庫版刊行に寄せて 原田マハ
「見知らぬ町を歩くとき、心地よい風が吹き、なんともいえない幸福感に包まれることがある。それはきっと、おだやかな日常がそこにあるからだ。その日常は、誰かが誰かを大切に思っているからこそ、そこにあるのだ。
 あなたがもしも、いま、なんということのない日々を生きているとしたら、それはきっと、あなたが誰かの大切な人であることの証しだ。それが言いたくて、私は、この物語たちを書いた。あなたは、きっと、誰かの大切な人。どうか、それを忘れないで。」

最後の伝言 Save the Last Dance for Me―母が亡くなった。だが、告別式に父の姿はない。父は色男な以外はまったくの能無し。典型的な「髪結いの亭主」だった……。

月夜のアボカド A Gift from Ester´s Kitchen―メキシコ系アメリカ人の友人エスター。彼女は60歳で結婚をして、5年後に夫と死別したのだという。その愛の物語とは……!?

無用の人 Birthday Surprise―勤務先の美術館に宅配便が届いた。差出人はひと月前に他界した父。母には疎まれながらも、現代アートを理解してくれて……。

緑陰のマナ Manna in the Green Shadow―イスタンブールを訪れた。トルコを紹介する小説を書くために。そこで聞いたトルコの春巻と、母親の味の話は……。

波打ち際のふたり A Day on the Spring Beach―学時代の同級生ナガラとは年に4回くらい旅をしている。今回、近場の赤穂温泉を選んだのには訳があって……。

皿の上の孤独 Barragan´s Solitude―メキシコを代表する建築家、ルイス・バラガンの邸までやってきた。かつてのビジネスパートナーの「目」になるために……。【商品解説】

収録作品一覧

最後の伝言 7−43
月夜のアボカド 45−80
無用の人 81−106

著者紹介

原田マハ

略歴
(はらだ・まは)1962年、東京都生まれ。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事、森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館に勤務後、2002年にフリーのキュレーターとして独立。’03年にカルチャーライターとして執筆活動を開始し、’05年に『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞。’12年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞。芸術に関する描写力と情熱、ミステリーとしての魅力が高く評価された。著書に『夏を喪くす』『風のマジム』『太陽の棘』『本日は、お日柄もよく』『暗幕のゲルニカ』『サロメ』などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/05/19 23:30

投稿元:ブクログ

どの作品も人生の半ばにさしかかった独身女性が様々な別れに遭遇し、
その時の気持ちを切なくも温かく描かれた作品でした。

「最後の伝言」では父が典型的な髪結い亭主だったけれど、
それにもめげずに父の事を想いながら母の女としての想いが
最後まで込められていてくすりと笑えながらも
思わず涙が出そうになったり、
夫婦というのは外側からでは分からないというのがよく分かります。
こんな一途な母の想いがとても可愛らしくもありこんな女性にも憧れました。

「月夜のアボカド」の中の何気ない台詞がとても心に響きます。
いちばんの幸福は、家族でも、恋人でも、
友だちでも、自分が好きな人と一緒に過ごす、ってことじゃないかしら。
大好きな人と、食事で向かい合って、おいしい食事をともにする。
笑ってしまうほど単純で、かけがえのない、ささやかなこと。
高価なものがあったり、沢山の物に囲まれていても
やはり一番大事な人と食事をするというのが
どんなに人生の中で最高に幸せなんだと思わされました。
そしてその大事な食事で幸せをいかに充実させるかということもあり
大事な要素でもあると思いました。

「皿の上の孤独」は前半では元同僚のことばかり語っていたので
あまり主人公の女性のことは気になっていませんでしたが、
この女性も過去に大きな辛いことが幾度とあり、
お互いにそれを乗り越えてこの今という瞬間を生きてきているというのが
とても励まされました。
今日を生きた、だから明日も生きようという気持ち。
普通の人から見ていると何でもないことに思える日常でも、
困難な事を乗り越えている人から見るとこんな思いをしていながら
生きていると思うと共感せざるおえない気持ちになりました。

この作品では美術や建築物などの芸術に関することが出ていたので、
あまり馴染みがなかったのでそれがかえって新鮮で興味深かったです。
海外での話も多かったのでその光景が浮かぶのも良かったです。

どんなに辛く悲しいことでも誰かが必ずそばにいる。
そばにいる人が大切であるように、
自分もその人にとっては大切な人であるということに気付かされたり、
人は一人では生きていないということを改めて教えられた気がします。

原田さんの作品は何冊か読んでいますが、
さらりと読めてその中にジーンとくる言葉がくっきりと表れて
いつも心を清々しくさせてくます。
この作品でも同じくほんのりと心の中に温かい灯をともしてくれてました。
これから更に歳を重ねる上で大切な事を教えてくれた一冊でした。

2017/05/20 20:52

投稿元:ブクログ

どのお話も文句なく素敵なんだけど、なんかタイトルがダサくないか?
いつもな原田マハさんらしくないというか。各作品のタイトルは秀逸なのにぁ。無用の人とか、月夜のアボカドとか。すごい素敵。

まだまだ、人生がんばれるかな?
かんばろうかな。
まぁがんばってみるか。

だって、たぶん、(こんな自分は)ひとりじゃないから。

2017/05/22 16:29

投稿元:ブクログ

作者の話は大好きだ。絵に興味があるから尚更親近感があるのかも。
このお話は強い女子の話。ものすごく前向きで、頑張ってる、すごくきちんとした妙齢の女子。いろいろあるよね、これだけ生きてくれば、恋も仕事も家族も・・・。前に向かって進んでいく彼女達は手の届きそうな憧れで、元気や勇気をくれる・・・本当にそんな話なんだけど。
こんなにみんな強く生きれるのかな?ずるずるずるずる思っていたのと違う方向へ流されてしまったから、こんな卑屈な思いを抱いてしまうのかな?
強く進んで行けないからか・・・岡倉天心の本を残して逝ったお父さんにものすごく共感できた。娘(こども)に伝えたいことはたくさんあるけど、「あなた(娘)のことを信じて、理解していたよ。」と、最期に素敵な方法で伝えてくれる。信じられてることって幸せなことだよなぁと思った。
ちょっと私には主人公の彼女達は眩しすぎる存在だったかな。

2017/05/25 07:42

投稿元:ブクログ

ひたむきに自分を生きている人への
原田マハさんの視線は真摯で辛辣だけど
底抜けに優しい。

描かれた美しい女性たちの生き方とともに
タイトルの言葉が胸に沁みます。

2017/05/11 15:55

投稿元:ブクログ

疲れた心に必ず効く、読む特効薬! いつの間にか歳を重ねて寂しさと不安を感じる独身女性が、かけがえのない人の存在に気が付いた時の暖かい気持ちを描く。実はすぐそこにある、六つの小さなしあわせの物語。まだまだ人生、捨てたもんじゃない。

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む