サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鎌倉仏教と専修念仏
鎌倉仏教と専修念仏 鎌倉仏教と専修念仏
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2017/06/12
  • 出版社: 法藏館
  • サイズ:22cm/519,11p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8318-6246-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

鎌倉仏教と専修念仏新刊

著者 平 雅行 (著)

日本中世史像の転換の中から誕生した顕密体制論は何を提起し、どのような達成があり、何が課題として残されているのか−。顕密体制論の立場から、鎌倉仏教と専修念仏の歴史を読み解く...

もっと見る

鎌倉仏教と専修念仏

9,720(税込)

ポイント :90pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本中世史像の転換の中から誕生した顕密体制論は何を提起し、どのような達成があり、何が課題として残されているのか−。顕密体制論の立場から、鎌倉仏教と専修念仏の歴史を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

顕密体制論や寺社勢力論が提起されてから、早くも四十年以上の年月が経過している。これらの研究がなお多くの課題を抱えているにせよ、一定の達成をみることのできた現在、黒田俊雄の問題提起を、積極面だけではなく難点まで含めて、率直に語りあうべき時期に来ているのではないか。本書は、顕密体制論が何を提起し、どのような達成があり、何が課題とされているのかを問うものである。
【目次】
序章 顕密体制論の方法とその課題 
第一部 顕密体制論をめぐって
 第一章 黒田俊雄氏と顕密体制論
第二章 王法と仏法
第三章 鎌倉新仏教論と官僧
 第四章 仏教思想史研究と顕密体制論
 第五章 新仏教と顕密体制論
 第六章 中世成立期の王権と宗教
 第七章 顕密体制論における聖をめぐって
第二部 専修念仏をめぐって
 第八章 善鸞義絶状と偽作説
 第九章 親鸞の配流と奏状
  付 論 建永の法難の史料学
第十章 建永の法難と九条兼実
第十一章 専修念仏の弾圧原因をめぐって
第十二章 法然教団と専修念仏の弾圧
結び
第十三章 鎌倉仏教の成立と展開
 あとがき
 索 引 
【「あとがき」より】
 いま私たちは、荘園公領制を基礎とする社会や国家を「中世社会」「中世国家」と規定したならば、封建社会論に依拠することなく「中世という時代」を語ることができるし、「中世宗教」概念を措定することもできる。となれば、社会構成体論に拠らずとも、顕密体制論を再構成することが可能なはずだ。その方法的考察を行ったのが序章であり、その方法論をもとに鎌倉仏教を具体的に論じたのが「結び」の第十三章である。それが成功したかどうかは読者諸賢の判断に委ねるしかないが、本書において私は、前著とは別の方向で野心的な試みを追求したつもりである。                          【商品解説】

目次

  • 序章 顕密体制論の方法とその課題
  • 第一部 顕密体制論をめぐって
  • 第一章 黒田俊雄氏と顕密体制論
  • 第二章 王法と仏法
  • 第三章 鎌倉新仏教論と官僧
  • 第四章 仏教思想史研究と顕密体制論
  • 第五章 新仏教と顕密体制論
  • 第六章 中世成立期の王権と宗教
  • 第七章 顕密体制論における聖をめぐって
  • 第二部 専修念仏をめぐって

著者紹介

平 雅行

略歴
1951年大阪市に生まれる。1975年京都大学文学部史学科卒業。1981年京都大学大学院博士後期課程修了。1984年京都橘女子大学文学部助教授,1986年関西大学文学部助教授,1989年大阪大学文学部助教授,1996年同教授,2015年京都学園大学教授,現在に至る。主な著書に,『日本中世の社会と仏教』(塙書房1992年),『親鸞とその時代』(2001年,法藏館),『歴史のなかに見る親鸞』(2011年、法藏館)、主な論文に,「鎌倉仏教論」(岩波講座『日本通史8 中世2』岩波書店,1994年),「鎌倉における顕密仏教の展開」 (『日本仏教の形成と展開』法藏館,2002年),「神仏と中世文化」(『日本史講座 第4巻 中世社会の構造』東京大学出版会,2004年),「中世仏教における呪術性と合理性」(『国立歴史民俗博物館研究報告』157,2010年)など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

仏教 ランキング

仏教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む